研究: アジャイルとDevOpsで製品の不具合の量、コスト、影響を削減

Harris Pollが行ったMicro Focusのための調査では、ウォーターフォール型と比較してアジャイルとDevOpsによりかかるコストが削減されていることを示しています。

white-angled

アジャイル、またはDevOpsを用いてソフトウェアを開発し、デリバリしている組織は、こういった手法が製品化を妨げる不具合の影響を削減しているか観察しています。しかし、不具合は製品に見つかり、影響のあまりない不具合が積み重なり、ブランドに好ましくない影響を与えています。

Harris PollによるMicro Focusの最近の調査では、機能的/パフォーマンス/セキュリティの不具合に関わるコスト、そのコストの内訳、アジャイルやDevOpsなどインクリメンタルなソフトウェア開発手法はウォーターフォール型ソフトウェア開発と比較してコスト削減になっているかといったことを組織が追跡する方法を調査しました。

次の内容に関するこちらのホワイトペーパーをダウンロードできます。

  • アジャイルまたはDevOps手法は製品不具合の影響を抑える。
  • 影響の少ない不具合が重なり、より大きな累積効果になる。
  • ほとんどの組織が、不具合に繋がる問題を見つけるために不具合にかかる費用を追跡している。
  • セキュリティリスクがコストに最も影響する。
  • 不具合を管理して軽減する課題の多くは、開発手法に関わらず類似している。
  • ウォーターフォール型とアジャイル/DevOpsでは、不具合の分散は 類似している。

ホワイトペーパーには、組織が製品不具合の数、その影響、およびコストを削減するために役立つ実際的な推奨事項を数多く述べています。

注: この資料は英語にのみ翻訳されています。

White paper: Importance of contribution to the cost of a defect
release-rel-2020-9-2-5123 | Tue Sep 15 18:06:14 PDT 2020
5123
release/rel-2020-9-2-5123
Tue Sep 15 18:06:14 PDT 2020