Your browser is not supported

For the best experience, use Google Chrome or Mozilla Firefox.

「サイバーレジリエンスがありますか?」
画像1

サイバーレジリエンス
がありますか?

「サイバーレジリエンスがありますか?」これは、CISO、CIO、最高製造責任者、最高医療責任者、およびその他の重要な部門責任者に投げかけられるべき質問です。

サイバーセキュリティのその先へ

サイバーセキュリティのその先へ

今日の企業は、脅威を発見して阻止するだけでなく、最も大切なものを保護するという、より大きな視点を持つ必要があります。現在のような困難と危機と市場変動の時代には、この大きな視点を通して、信用、信頼性、存続可能性を高めなければなりません。

サイバーセキュリティのその先へ

360ºのサイバーレジリエンス

  • 1
    戦略を立てる(Strategize)
    戦略を立てる(Strategize)
    サイバーガバナンス、構造化、および検知機能により、ビジネスまたはサイバー上の問題を予測し、対処することができます。
    2
    耐える(Withstand)
    3
    防御(Defend)
    4
    調査(Inspect)
    5
    観察(Observe)
    6
    復旧(Recover)
    7
    適応(Adapt)
    保護(Protect)
    保護(Protect)
    検出(Detect)
    検出(Detect)
    進化(Evolve)
    進化(Evolve)
    戦略を立てる(Strategize)
    サイバーガバナンス、構造化、および検知機能により、ビジネスまたはサイバー上の問題を予測し、対処することができます。
  • 1
    戦略を立てる(Strategize)
    2
    耐える(Withstand)
    耐える(Withstand)
    ビジネスへの脅威に耐えることができる、適応性に優れた、ミッションを維持するサイバー防御フレームワークです。
    3
    防御(Defend)
    4
    調査(Inspect)
    5
    観察(Observe)
    6
    復旧(Recover)
    7
    適応(Adapt)
    保護(Protect)
    保護(Protect)
    検出(Detect)
    検出(Detect)
    進化(Evolve)
    進化(Evolve)
    耐える(Withstand)
    ビジネスへの脅威に耐えることができる、適応性に優れた、ミッションを維持するサイバー防御フレームワークです。
  • 1
    戦略を立てる(Strategize)
    2
    耐える(Withstand)
    3
    防御(Defend)
    防御(Defend)
    堅牢な自己修復型のデジタルイミュニティとアクティブなサイバーディフェンスに基づいて、破壊的なサイバーイベントから保護します。
    4
    調査(Inspect)
    5
    観察(Observe)
    6
    復旧(Recover)
    7
    適応(Adapt)
    保護(Protect)
    保護(Protect)
    検出(Detect)
    検出(Detect)
    進化(Evolve)
    進化(Evolve)
    防御(Defend)
    堅牢な自己修復型のデジタルイミュニティとアクティブなサイバーディフェンスに基づいて、破壊的なサイバーイベントから保護します。
  • 1
    戦略を立てる(Strategize)
    2
    耐える(Withstand)
    3
    防御(Defend)
    4
    調査(Inspect)
    調査(Inspect)
    機械による検出、自動ハンティング、高度な状況認識により、リアルタイムの脅威に対する可視化を実現します。
    5
    観察(Observe)
    6
    復旧(Recover)
    7
    適応(Adapt)
    保護(Protect)
    保護(Protect)
    検出(Detect)
    検出(Detect)
    進化(Evolve)
    進化(Evolve)
    調査(Inspect)
    機械による検出、自動ハンティング、高度な状況認識により、リアルタイムの脅威に対する可視化を実現します。
  • 1
    戦略を立てる(Strategize)
    2
    耐える(Withstand)
    3
    防御(Defend)
    4
    調査(Inspect)
    5
    観察(Observe)
    観察(Observe)
    自動化、機械学習、適応型サイバー脅威検知を活用して、ビジネスに対する将来の脅威に対処します。
    6
    復旧(Recover)
    7
    適応(Adapt)
    保護(Protect)
    保護(Protect)
    検出(Detect)
    検出(Detect)
    進化(Evolve)
    進化(Evolve)
    観察(Observe)
    自動化、機械学習、適応型サイバー脅威検知を活用して、ビジネスに対する将来の脅威に対処します。
  • 1
    戦略を立てる(Strategize)
    2
    耐える(Withstand)
    3
    防御(Defend)
    4
    調査(Inspect)
    5
    観察(Observe)
    6
    復旧(Recover)
    復旧(Recover)
    デジタルプラットフォームの迅速な復元、適応、ミッションクリティカルなシステムの回復により、ビジネスの中断を回避します。
    7
    適応(Adapt)
    保護(Protect)
    保護(Protect)
    検出(Detect)
    検出(Detect)
    進化(Evolve)
    進化(Evolve)
    復旧(Recover)
    デジタルプラットフォームの迅速な復元、適応、ミッションクリティカルなシステムの回復により、ビジネスの中断を回避します。
  • 1
    戦略を立てる(Strategize)
    2
    耐える(Withstand)
    3
    防御(Defend)
    4
    調査(Inspect)
    5
    観察(Observe)
    6
    復旧(Recover)
    7
    適応(Adapt)
    適応(Adapt)
    継続的に自己評価を行い、サイバーパフォーマンスの状態を測定して、ビジネスをサポートするための継続的な改善を行う。
    保護(Protect)
    保護(Protect)
    検出(Detect)
    検出(Detect)
    進化(Evolve)
    進化(Evolve)
    適応(Adapt)
    継続的に自己評価を行い、サイバーパフォーマンスの状態を測定して、ビジネスをサポートするための継続的な改善を行う。

    識別情報(ID)、アプリ、データを保護

    識別情報(ID)、アプリ、データを保護

    ユーザー、デバイス、モノ、サービスにわたり、適切なアクセスとガバナンスを確保します。

    ソフトウェア開発のライフサイクル早期に脆弱性を排除します。

    ビジネスプロセスに影響を与えずにソースの機密データを保護します。

    DSD

    脅威の検出と対応の迅速化

    脅威の検出と対応の迅速化

    使用中または保存中にかかわらず、すべてのデータ(非構造化または構造化データ)を特定して暗号化します。

    教師なしの機械学習を活用して、広範なノイズを大カットします。

    自動化の実装により、脅威への対応スピードと拡張性を向上し、リスクを最小限に抑えます。

    DSD

    変化のスピードに合わせて進化

    変化のスピードに合わせて進化

    クラウド/SaaSを活用して、ハイブリッド環境の複雑さとコストを軽減します。

    保護をカスタマイズして、業界およびドメインのユースケースに対応します。

    より適切な意思決定のために、機械学習/AIを導入してデータビューを拡大します。

    dfdf

    サイバーレジリエンススコアを見る

    イメージ
    release-rel-2022-11-2-8258 | Tue Nov 22 15:06:16 PST 2022
    8258
    release/rel-2022-11-2-8258
    Tue Nov 22 15:06:16 PST 2022
    AWS