Fortify 使用言語の範囲

Fortify SASTは開発者が使用する言語をカバーしています。

Fortify SASTは、27以上の主要言語とそのフレームワークを正確にサポートし、業界トップクラスのソフトウェアセキュリティ調査(SSR)チームによるアジャイルのアップデートも行っています。

1000種類以上のSASTの脆弱性カテゴリーなど、幅広い脆弱性の範囲とともにアプリケーションのコンプライアンスを実現し、それにより、OWASP Top 10、CWE/SANS Top 25、DISA STIG、PCI DSSといった標準規格を満たします。

Microsoft .net

.Net core

ABAP

AS

A

Apex

Microsoft ASP

C#.net

C++

COBOL

CF

Golangsh

HTML

Java

JS

JSP

Kotlin

MXML

PHP

PL SQL

Python

Ruby

Scala

Swift trans

T SQL

TypeScript

Visual basic

VB

Windows mobile

XML

開発者にフレンドリーな言語の範囲 – ABAP/BSP、ActionScript、Apex、ASP.NET、C# (.NET)、C/C++、Classic、ASP (とVBScript)、COBOL、ColdFusion CFML、Go、HTML、Java (Androidを含む)、JavaScript/ AJAX、JSP、Kotlin、MXML (Flex)、Objective C/C++、PHP、PL/SQL、Python、Ruby、Swift、T-SQL、VB.NET、VBScript、Visual Basic、XMLをサポート

現在サポートされている言語、バージョン、フレームワークの一覧は、詳細なリストをご覧ください。

release-rel-2020-10-2-5387 | Wed Oct 28 21:33:24 PDT 2020
5387
release/rel-2020-10-2-5387
Wed Oct 28 21:33:24 PDT 2020