Micro Focusインスパイアリングストーリー

インドの従業員、COVID-19と戦うために2万ドルを寄付

インドのMicro Focusの従業員が、COVID-19に対する戦いに挑むために2万ドル以上を寄付しました。インドはロックダウン下にあり、従業員は社会の最も弱いセクションが目の当たりにする難題に気を揉んでいました。1万名以上(現在)がCOVID-19感染の診断を受け、大勢の人が亡くなり、犠牲者の数は増えると予想されています。 インフォーマルセクターで働くインド人労働者の大半が、無給の不確定な未来に面しています。消毒液、マスク、手袋も買えず、また陽性と診断されたとしても、質が良く、かつ無理なく手の届く医療を利用できません。

Micro FocusインスパイアCSRチームは、違いを生む方法に関して従業員から要望を受けました。従業員らが集団で、4月の給料から給与寄付プログラムを通じて寄付を募ることを決断しました。3000名以上の従業員が一丸となり、2万ドル以上もの寄付が集まりました。それは首相のCitizen Assistance and Relief in Emergency Situations Fund(PM CARES Fund、緊急事態の国民支援/救援資金)に寄付され、コロナウィルスの感染爆発の抑制、封じ込み、また救援活動に、また類似のパンデミックのような状況が今後起こった場合に用いられる予定です。

インドの従業員、COVID-19と戦うために2万ドルを寄付
release-rel-2020-9-2-5123 | Tue Sep 15 18:06:14 PDT 2020
5123
release/rel-2020-9-2-5123
Tue Sep 15 18:06:14 PDT 2020