Your browser is not supported

For the best experience, use Google Chrome or Mozilla Firefox.

File Management Suite

ポリシーに基づいてOESネットワークのデータを発見、最適化、保護できます。

File Management Suite

保存されたデータを発見し、データを管理するポリシーを設定して、種類や関連性に基づいて自動的にファイルを再配置します。

OESネットワークに保存された非構造化データの増加率、セキュリティ、アクセスなどの知見を得ることができます。問題を修正してデータのセキュリティ、コンプライアンス、最適化するためのポリシーを作成します。

OESネットワークに保存されたデータの分析

レポートと分析により、Open Enterprise Serverネットワークに保存されたすべてのファイルと関連するメタデータを把握できます。この情報に基づいて、保護、保持、移動、アーカイブ、削除するデータを決定できます。

OESネットワークに保存されたデータの分析

セキュリティ脆弱性の特定

許可レポートにより、機密ファイルにアクセスできるユーザーとそのアクセス権がどのように派生したかを確認できます。必要に応じて、権限を修正するための措置を講じることができます。許可レポートはコンプライアンスを評価する監査にも使用されます。

セキュリティ脆弱性の特定

データ管理タスクの自動化

ネットワークユーザーとグループのストレージフォルダーのプロビジョニング、アクセス権の設定や修正、許可されていないタイプのファイルの削除、ファイルの移動、複数サーバーのデータの負荷調整、ファイルのクリーンアップなどが可能です。

データ管理タスクの自動化

データの増加への対処

経過時間、種類、サイズ、最終アクセスまたは最終更新日に基づいてファイルやフォルダーをアーカイブまたは削除するためのアクションを開始または自動化できます。ポリシー内のターゲットパスを変更することにより、ホームフォルダーとコラボレーションフォルダーを容易に移動できます。

データの増加への対処

関連製品

release-rel-2023-1-2-8454 | Tue Jan 24 15:06:15 PST 2023
8454
release/rel-2023-1-2-8454
Tue Jan 24 15:06:15 PST 2023
AWS