Artix

Features

ビジネスアジリティの向上

サービスを停止せずに、迅速にサービスを追加、置換、修正できます。使いやすいGUIでデータの変換も簡素化されます。自立してサービスを動的に構成します。

運用コストの削減

既存のシステムとミドルウェアを活用します。初期費用を必要とせずに、サービスを有効にするミッションクリティカルシステムです。新しいメッセージフォーマットに対応するため、サーバーとアダプターの要件を最小化します。

拡張性

革新的なArtixのプラットフォームサポートに対応していない独自のアプリケーション仕様でも、Artixは特許を取得したプラグインアーキテクチャを通して簡単に拡張可能です。Artixの拡張性はどれだけ極端な仕様要件にも合わせることができ、また将来的にも使い続けられるように設計されています。

CORBA integration support

 

ITパフォーマンスを向上

ベンダーロックインなしで、複雑で異機種混在の環境に対応します。エンドポイントでデータを変換して、インタラクションを合理化します。集中ハブのボトルネックを解消します。

既存のミドルウェア投資を活用

標準ベースで、またその性質上分散型のArtix®は、既存のミドルウェアへの投資を活用してモダナイズし、グローバル2000の企業がより迅速かつ効率的に顧客に製品とサービスを届けるサービス志向アーキテクチャ(SOA)を徐々に展開するサポートをします。

幅広いプラットフォームのサポート

メインフレームからモバイルデバイスまで、Artixは幅広いオペレーティングプラットフォーム、そしてアプリケーションプラットフォームの中でネイティブに動作します。多様なレガシーシステムのプロトコルとデータ形式の橋渡しになります。

release-rel-2020-10-1-5313 | Wed Oct 14 18:06:08 PDT 2020
5313
release/rel-2020-10-1-5313
Wed Oct 14 18:06:08 PDT 2020