Data Discovery

AIによる分析を通じて、非構造化データの可視性を改善して提供します。

Automate Data Analytics
データ分析を自動化

個人データと機密データの検出と識別のために構築済みの機密データ分析を行う文法とパターンマッチングを用いた自動のタグ付けとメタデータのエンリッチメント。詳細はこちら。

Analyze Risk Assessments
リスクアセスメントを分析

分析を元にしたタグ付け、キーワード、またデータエンリッチメントにより、データセットを純化してデータサブセットの作成を促進します。これによりリスクを特定し、最終的にはデータに対して必要な管理(収集、保留、削除、レコードとして宣言など)を実施します。詳細はこちら。

Remediate Data
データの修復

取扱に注意を要する価値の高いデータセットに適切なコントロールとデータ管理実践が行われていることを保証するため、選択されたファイルに適用する修復アクション。詳細はこちら。

Identify Data Subject Information
データサブジェクト情報の特定

データサブジェクト情報を分析し、受信したData Subject Access Request(DSAR)など、外部情報リクエストを整理してレポートを作成します。詳細はこちら。

Data Mapping Workspaces
データマッピングワークスペース

データセットを特定して、より深い分析を行うために、企業の機密データインデックスのサブセットからワークスペースを作成し、機密データをレビューします。詳細はこちら。

Build To Scale
拡張を見据えた構築

クラウド中心のマルチテナント型SaaSソリューションとして構築されたFAS Data Discoveryは、拡張を見据えた設計で、データ分析を通して運用効率を促進し、またコンプライアンスに関連する総コストを削減しながらリスクを直観的に特定します。詳細はこちら。

もっと深く知る。さらに探究する。

release-rel-2020-4-1-4118 | Wed Apr 1 02:00:21 PDT 2020
4118
release/rel-2020-4-1-4118
Wed Apr 1 02:00:21 PDT 2020