予測アプリケーションストリーミングを驚異的な速度で実現

予測ストリーミングテクノロジーにより、他のソリューションの5~20倍の速度で、Web上またはファイルの共有保管場所からアプリケーションを実行できます。

アプリケーションの競合を解消して、優れたアプリケーションセキュリティを実現

Desktop Containersにより、他のアプリケーションと競合しない安全な分離環境でアプリケーションを簡単に実行できるようになりました。

コンテナ化されたアプリケーションをエージェントなしでスマートに導入

追加のエージェント、デバイスドライバーまたはサーバー側アーキテクチャをインストールすることなく、コンテナ化されたアプリケーションを既存のIT環境に簡単に導入できます。

アプリケーションのライセンスを監視して適用

Desktop Containers Serverを使用すると、Webポータルで利用可能な、使用期限のあるアプリケーションを簡単に作成し、アプリケーションにアクセス可能なユーザ数またはデバイス数を制限することができます。

マイグレーションの実行前、実行中、実行後を通じて従業員の生産性を維持

Windowsのマイグレーション実施時の重要課題の1つは、マイグレーション全体を通じて従業員に必要なアプリケーションが確保されているかどうかを確認することです。Windowsアプリケーションをコンテナ化することで、マイグレーションプロセスの全期間における従業員の生産性を維持できます。

より少ない作業。無駄な時間を削減。より迅速なアプリケーションの導入。

ソフトウェアの導入には、多くの時間とテストが必要です。Desktop Containersは、このプロセスをより簡素化・迅速化します。これにより、アプリケーションの互換性テストおよび管理に必要なコストを削減し、複雑さの軽減と遅延の解消を実現します。

ZENworks Configuration Managementと完全に統合

Desktop ContainersはZENworks Configuration Managementと統合されているので、1つの統合ライフサイクル管理ソリューションを使用して、物理アプリケーションと仮想アプリケーションのすべてを管理できます。

コンテナ化されたアプリケーションをすばやく簡単に作成

使いやすい段階的なウィザードを使用して、扱いにくいエージェント/サーバーアーキテクチャなしにどこでも実行できるコンテナ化されたアプリケーションを作成できます。

安全、透過性に優れ、セキュアなアプリケーション

コンテナ化された各アプリケーションには、直ちに実行するために必要なアプリケーションファイル、設定、ランタイム、およびコンポーネントのすべてがパッケージ化されています。アプリケーションはローカルにインストールされているかのように動作しますが、OS、レジストリ、ランタイム環境は変更されません。

Windows、.NET、Javaとの統合

Windows、.NET、およびJavaベースのアプリケーションを、数分で自己完結型の安全なアプリケーションに変えることができます。これにより、Web、USBキー、またはデスクトップ管理インフラストラクチャを介して簡単に展開できます。

アプリケーションWebポータルでアプリケーションに容易にアクセス

Desktop Containers Serverにより、マシンにエージェントをインストールすることなくユーザーがコンテナ化されたアプリケーションにアクセスできるWebポータルを簡単に作成できます。従業員は、あらゆる環境で生産性を維持するために必要なアプリケーションに常にアクセスできます。

アプリケーションの実行に必要な機能をすべて含んだ1つのファイル

アプリケーションファイル、設定、ランタイム、およびその他のコンポーネントのすべてを、どこでもすぐに実行できる1つのコンパクトな実行ファイルにパッケージ化することができます。OS、レジストリ、およびランタイム環境がまったく変化しないにもかかわらず、アプリケーションはローカルにインストールされているかのように動作します。

アプリケーションの起動から有効期限まで、完全に制御

コンテナ化されたアプリケーションをUSBドライブなどのポータブルメディアから起動するように設定して、アプリケーションがホストシステムに自動的に自己登録するように指示することも可能です。また、アプリケーションの動作日数を制御することや、アプリケーションの有効期限として特定の日を設定することもできます。

サービス、アプリケーションの接続および制御

コンテナ化されたデータベースおよびWebサービスをコンテナ化されたアプリケーションの実行ファイルに組み込み、アプリケーションを通信可能にし、複数のアプリケーション間で共有するコンテナ化されたリソースを詳細に制御することができます。

特権システムリソースへのアクセスが不要

Windows VistaのUACプロンプトを減らし、Vistaの互換性エラーのほとんどを排除することができます。

デスクトップパブリッシング

1つのシンプルなツールを使用して、コンテナ化されたアプリケーションをホストに登録し、ファイルの関連付けやショートカットを設定できます。

ワンクリックでのコンポーネント設定

よく利用されているランタイム、コンポーネント、およびビューアをコンテナ化されたアプリケーションの実行ファイルに迅速に追加できます。これには、.NET、Java、Shockwave、Flash、およびSQL Server 2005 Expressのサポートが含まれます。

Active DirectoryとNetIQ eDirectoryのネイティブ統合

Desktop Containers Serverでは、Active DirectoryまたはNetIQ® eDirectoryシステムに簡単に接続して、ディレクトリ内のユーザーおよびグループにアプリケーションをすばやく公開できます。

MSIセットアップパッケージの生成
MSIセットアップパッケージを使用して、コンテナ化されたアプリケーションを導入できます。
ファイルシステムとレジストリの仮想化

コンテナ化されたアプリケーションでサブシステムをシミュレーションすることで、ホストのOSおよびレジストリを保護できます。

アプリケーションの圧縮(オプション)

コンテナ化されたアプリケーションファイルを圧縮することで、導入を加速し、帯域幅の使用量を削減します。

独立したパッチの導入

アプリケーションそのものとは無関係にコンテナ化されたアプリケーションのパッチを展開できます。

ZENworks AXTベースのアプリケーションとZENworks Configuration Managementのサポート

すべての仮想アプリケーションと物理アプリケーションを同じ統合ライフサイクル管理ソリューションの一部にすることができます。

Windowsのマイグレーションがかつてないほど簡単に

従業員の生産性を維持すること、さらにはサービスデスクが困難に陥らないようにすることは、主要なOSのマイグレーション時の最大の課題の一部です。Desktop Containersでは、マイグレーションの実行前、実行中、および実行後に従業員をWindowsアプリケーションに完全にアクセス可能にすることで、ITシステム担当者の負担を軽減します。

実行前、実行中、実行後を通じて従業員の生産性を維持

すべてのアプリケーションを実行可能ファイルのように動作させることができるため、Windowsのマイグレーションがより簡単で迅速になります。アプリケーションをインストールする必要がなく、アプリケーションの競合も生じません。便利なWebポータルを使用して、アプリケーションを任意のWindowsマシンにストリーミングすることもできます。

Turbo for Desktop Containersアドオン

このアドオンは、Adobe、Google、Firefox、および他の人気のあるソフトウェアベンダーからの何千もの事前構築されたコンテナ化されたアプリによるTurbo.netハブサブスクリプションサービスを特徴としています。さらに、Turboには、アプリのセキュリティを向上させ、従来のWebアプリの使用を可能にする、非常に要求の高い機能がいくつか含まれています。

ユーザーの操作に基づいてアプリを提供する予測的アプリケーションストリーミング

Desktop Containersでは高度なプロファイリングアルゴリズムが採用されており、アプリケーションがユーザーの操作に基づいてモデル化されます。これにより、コード要件を予測でき、ユーザーの実際の操作に基づいてアプリケーションコードの予測ストリーミングが行われます。

Desktop Containers 12の新機能

Book 3
改善されたテンプレートライブラリ

MFDC Studio内の新しく改良されたテンプレートライブラリは、Turbo.netの一部コンテンツへのアクセスを提供します。このコンテンツは、一般的なソフトウェアに基づいて新しいアプリケーションを素早く簡単に構築するのに役立ちます。

Container icon
クリーンコンテナのパッケージ化

MFDC Studioの新しいクリーンコンテナパッケージ化により、アプリケーションをより速く、よりクリーンに構築できます。クリーンコンテナを起動し、アプリケーションインストーラーを実行して、アプリケーションをビルドして公開するだけで完了します。

Out of the box
シンプルなパッケージ化

コンテナベースのパッケージ化により、多くのアプリケーションのパッケージ化プロセスが簡素化します

Screen code
新しいスクリプティング機能

自動化を実現するCLIとスクリプティング機能

Compass 1
サポートを強化

コンテナ化サーバーアプリケーションに対するサポートを強化

Distribute
Cool Solutionsレポーティング

ZENworks Reportingの資格付与によりレポートでCool Solutionsドメインを使用できます。

Turboサブスクリプションの更新

Hierarchy
アップデートされたTurbo Studio

この機能にはMFDC Studioテンプレートライブラリと同じ新機能がありますが、Turbo.netハブへのフルアクセスを提供します。Turbo StudioからアプリケーションのIPブロックを管理することもできます。

Screen split
移植可能な実行可能ファイル

ターボクライアントを、どこでも実行できるスタンドアロンの実行可能ファイルにパッケージ化して、ユーザーの変更とアプリケーションのカスタマイゼーションをオンプレミスハブに同期させます。

Storage gear
オンプレミスTurboハブ

自分のイメージをホストでき、オンプレミスにコンテナサンドボックスを保存する機能が提供されています。これにより、アプリケーションやデータをクラウドに公開せずに、Turboクライアントのすべての機能を活用することができます。

release-rel-2020-4-1-hotfix-4132 | Fri Apr 3 01:44:21 PDT 2020
4132
release/rel-2020-4-1-hotfix-4132
Fri Apr 3 01:44:21 PDT 2020