DevPartner

Overview

CodeReviewで品質の高いコードを提供

CodeReviewでコードの構造、設計、複雑さ、名前付けに存在する問題を発見し、チームはローカルプラクティスを監視し、コードのオブジェクトオリエンテーション、メンテナンスの可能性、また可読性に関する設計目標を達成できます。よくあるバグパターンの削減に導きます。

パフォーマンス分析を改良

DevPartnerはプロセッサ能力を消費するパフォーマンスのホットスポットを識別し、ソフトウェアをできるだけ効率的に運用できるよう役立てます。

ASP .NETセキュリティスキャニングでスタティックなソースコード分析

DevPartner CodeReviewは、Microsoftでも他の業界標準でも、また開発チームが独自に定義したベストプラクティスに整合していても、ベストプラクティスを侵害するコードを一掃します。

コード例も合わせたエラー修正アドバイス

DevPartner's BoundsCheckerを用いて、開発者はアプリケーションの不安定さの原因となる具体的なランタイムエラーをすばやく正確に特定します。BoundsCheckerはエラーの解釈と、コードレベルの推奨解決策を提供します。

TrueCoverageによるコードカバレッジ分析

TrueCoverageは自動的に未テストのコードをVisual C++や.Netソフトウェアアプリケーションまたはコンポーネントに配置します。

コマンドライン使用サポート

ユニットテストと、DevPartnerコマンドラインユーティリティーで設定された統合サーバーの使用を通して、バグトラップにもっと自動化を取り入れます。スクリプト化された、商業的なテストフレームワークのシンプルで、柔軟なコントロールを獲得。

相関性のある複数層の分析セッション結果

複数層アプリケーションは、遠方のエンドポイントであっても複数のユーザーに届くハイエンドなアプリケーションのたくさんのCPU間でワークロードを共有します。分析セッションデータをまとめて、CPUの消費に関する表示を共有して提供します。

個人とチームのためのカスタマイズ可能なルール

設計者と開発者は、整合性を強化し、よくあるアンチパターンをかわせるように、CodeReview Rule Managerに従うようチーム用のルールを作ることができます。

分散型アプリケーションプロファイリング

複数層のアプリケーションがあるときリモート分析を使用するか、チームサーバーからデータを収集する必要があります。

行レベルのCPUパフォーマンス分析

DevPartnerのパフォーマンス分析は、ソースを修正せずとも、コード各行のCPU使用率を表示します。これにより、ループタイマーを追加する必要性を、孤立したロケーションで最適化されたアルゴリズムを抽出することに置き換えます。

メモリ分析

メモリを蓄積するオブジェクトとアロケーションを見つけることで、リソースの可用性と安定性を実現します。

メモリ消費—ランタイムの可視化

マネージドアプリケーションのために、ヒープの急上昇といった動きやガベージコレクターのアクティビティにリアルタイムのインサイトを得ます。

安定性と変動性の動向

カバレッジ分析をユニットテストに適用して、ユニットテストのみの場合よりもテストの定量的な評価を深めることができます。開発中のギャップを早期に発見し、後でアプリケーションテストがスムースに行えます。

release-rel-2020-9-2-5123 | Tue Sep 15 18:06:14 PDT 2020
5123
release/rel-2020-9-2-5123
Tue Sep 15 18:06:14 PDT 2020