Screen code
CodeReviewで高い品質のコードを提供

起こり得る問題を早期に特定し、コードのメンテナンスと読込みが可能であることを保証します。ルールデータベースで起こり得る問題を特定し、コード構造、設計、複雑性、およびネーミングにある問題を明らかにしてコードの品質を向上させます。

Doc find
BoundsCheckerでエラーを検知

メモリのリークやオーバーレイ、ヒープやスタックといった破損、オーバーラン、API誤使用など、アプリケーションの不安定さを引き起こす原因となっている数多くのソースを見つけます。検知されなければアプリケーションの不安定さの原因となる具体的なランタイムエラーを正確に特定します。

Screen gear
TrueCoverageでカバレッジ分析を改善

開発者、テスター、構築マネージャーが迅速にランタイムアプリケーションのテストカバレッジを評価できます。実行されていないコードの行のテストを追加するといったテストのギャップに取り組みます。

Time forward
TrueTimeでボトルネックを防止

TrueTimeはコードスレッドがプロセスのスイッチを切替するときを検知します。TrueTimeは行のコンテキスト、メソッド、クラス、コンポーネントでの発見を表示し、アプリケーション内の遅いアイテムを特定します。

`
release-rel-2020-5-1-4412 | Tue May 12 22:32:04 PDT 2020
4412
release/rel-2020-5-1-4412
Tue May 12 22:32:04 PDT 2020