DevPartner

ソフトウェアの不具合を自動で検出して診断。

CodeReviewで高い品質のコードを提供
CodeReviewで高い品質のコードを提供

起こり得る問題を早期に特定し、コードのメンテナンスと読込みが可能であることを保証します。ルールデータベースで起こり得る問題を特定し、コード構造、設計、複雑性、およびネーミングにある問題を明らかにしてコードの品質を向上させます。

BoundsCheckerでエラーを検知
BoundsCheckerでエラーを検知

メモリのリークやオーバーレイ、ヒープやスタックの破損、オーバーラン、API誤使用など、アプリケーションの不安定さを引き起こしている数多くのソースの根本原因を見つけます。検知されなければアプリケーションの不安定さの原因となる具体的なランタイムエラーを正確に特定します。

TrueCoverageでカバレッジ分析を改善
TrueCoverageでカバレッジ分析を改善

開発者、テスター、構築マネージャーが迅速にランタイムアプリケーションのテストカバレッジを評価できます。実行されていないコードの行のテストを追加するといったテストのギャップに取り組みます。

TrueTimeでボトルネックを防止
TrueTimeでボトルネックを防止

TrueTimeは、コードスレッドがプロセスのスイッチを切り替える時を検知します。TrueTimeは行、メソッド、クラス、コンポーネントでの発見を表示し、アプリケーション内の遅いアイテムを特定します。

コマンドラインユーティリティを活用
コマンドラインユーティリティを活用

ユニットテストと、DevPartnerコマンドラインユーティリティーで設定された統合サーバーの使用を通して、バグトラップにもっと自動化を取り入れます。スクリプト化された商業的なテストフレームワークの、シンプルで柔軟なコントロールを獲得。

トレンドの安定性と変動性を理解する
トレンドの安定性と変動性を理解する

カバレッジ分析をユニットテストに適用して、ユニットテストのみの場合よりもテストの定量的な評価を深めることができます。開発中のギャップを早期に発見し、後でアプリケーションテストを円滑に行えます。

release-rel-2020-9-3-5233 | Wed Sep 30 02:47:58 PDT 2020
5233
release/rel-2020-9-3-5233
Wed Sep 30 02:47:58 PDT 2020