Digital Safe

異なるタイプのコミュニケーションをすべて1か所にまとまったコンプライアンス対応コンテンツストアに統合してアーカイブします。

電子的なコミュニケーションをすべて、分析内蔵型の一括されたデータアーカイブに安全にアーカイブすることで情報リスクを管理します。
Easily scale cloud-based archiving
クラウドベースのアーカイブを簡単に拡張

プライベートクラウド、あるいはプライベート/パブリックのハイブリッドクラウドのデータをアーカイブすることで、ペタバイトのスケーラビリティを利用します。詳細はこちら。

Benefit from flexible analytics
柔軟な分析から得るメリット

Micro Focusのアーカイブソリューションの分析により、情報を分類し、自動でポリシーを適用、またリスク事象を先回りして特定できるようになります。詳細はこちら。

Unify electronic communications
電子コミュニケーションの一本化

メール、ソーシャル、モバイルといった電子コミュニケーションをキャプチャし、あらゆるコミュニケーションタイプの効率良い表示を得るために1つにまとまったデータレイクにアーカイブします。詳細はこちら。

Supervise employee communications
従業員のコミュニケーションをスーパーバイズ

コミュニケーションの監督と、従業員の監視ツールにより、運用、法務、規制、評価のリスクを軽減します。詳細はこちら。

もっと深く知る。さらに探究する。

  • Easily scale cloud-based archiving
    クラウドベースのアーカイブを簡単に拡張

    Easily scale cloud-based archiving
    クラウドベースのアーカイブを簡単に拡張

    Micro Focus Digital Safeは、専用のプライベートクラウド、あるいはプライベート/パブリックのハイブリッドクラウドに組織のデータをアーカイブすることで、ペタバイトのスケーラビリティを利用して、規制コンプライアンス指令を満たすためのサポートになります。

    Digital Safeで世界最大級のプライベートクラウドを運用してセキュリティ保護する方法をご覧ください。
  • Benefit from flexible analytics
    柔軟な分析から得るメリット

    Benefit from flexible analytics
    柔軟な分析から得るメリット

    アーカイブに保存されたデータは、保管用のみです。Micro Focusの分析を内臓したコンプライアンスアーカイブでは、高度なエンリッチメントと機械学習のセットを介してデータを詳細に及ぶインサイトに変えて、リスクを減らし、すぐにアクションをことができるようにします。

    Digital Safeの分析から必要なインサイトを得る方法をご覧ください。
  • Unify electronic communications
    電子コミュニケーションの一本化

    Unify electronic communications
    電子コミュニケーションの一本化

    すべての電子コミュニケーションは、1つのオブジェクトストアから利用可能で、(電子メールからソーシャルメディア、音声、画像まで)コミュニケーションをまとめたビューがほぼネイティブのフォーマットで提供され、あらゆるデータタイプで文脈検索が有効になります。

    総合的な分析を備えた、ひとつにまとまったデータレイクの基礎に築かれたアーカイブのコンプライアンスへのインサイトをタップ。
  • Supervise employee communications
    従業員のコミュニケーションをスーパーバイズ

    Supervise employee communications
    従業員のコミュニケーションをスーパーバイズ

    規制当局から従業員のコミュニケーションと行動を監視を義務づけられている組織は、規制違反を防ぐために設計されたシステムを作成する自動のインテリジェントなアプローチが必要です。

    Supervise employee communications
release-rel-2020-4-1-hotfix-4132 | Fri Apr 3 01:44:21 PDT 2020
4132
release/rel-2020-4-1-hotfix-4132
Fri Apr 3 01:44:21 PDT 2020