役割ベースのダッシュボードビュー

包括的な役割ベースのダッシュボードは、開発手法に関係なく、配布ライフサイクル全体にわたる要件のステータスと進捗状況に関する洞察を提供します。ダッシュボードがパブリックかプライベートかにかかわらず、Dimensions RMはベストプラクティスのKPIと、承認ステータス、孤立した要件、要件の繰り返しなどの指標を強調します。すべてのグラフィカルレポートには、さらに詳細を調べるためのドリルダウン機能があります。

統合されたエンドツーエンドトレーサビリティ

要件の関係、バージョン、依存について直ちに詳細情報を取得します。Dimensions CM、ALM/QC、ALM Octane、JIRA、TaskTopその他のソリューションとの統合により、開発からテスト、リリースまで要件を追跡します。

ウィザード駆動型レポート

Dimensions RMでは、要件の関係、変更、および依存関係を識別する包括的な表形式のトレーサビリティビューなどのレポートを簡単に生成できます。

要件ライフサイクルワークフローを実装

グラフィカルなワークフローエディターを使用して、要件の状態、遷移、および追跡ルールをすばやく定義します。アクセス権、可視性、所有権を簡単に割り当てられます。

アジャイルフレームワークと従来の手法をサポート

バックログ、ストーリーボード、バーンダウンチャートなどのアジャイル機能を使用して、要件を反復的に管理します。アジャイル型と従来型のアーティファクトを表示し、共にリンクしてハイブリッド手法をサポートできます。

依存関係を識別して変更を管理

Dimensions RMには、要件の関係を視覚化するためのビューが複数あります。アップストリームとダウンストリームの依存関係を理解すると、変更の影響を処理できます。

テスト管理サポートの強化

要件へのトレーサビリティを維持しながら、テストケースの計画、管理、実行を統合します。Dimensions RMには、テスト管理ツールとの双方向に統合されている手動テスト用エディターが内蔵されています。

ダイアグラムの作成とプロトタイピングを簡単に実行

WebベースのダイアグラムおよびUIモックアップエディターを使用して、要件の説明の一部としてシナリオ、ビジネスプロセス、およびUIデザインをモデル化します。コードを記述しなくとも、統合されたPrototype Composerを使用してより高度なシナリオをモデル化し、アプリケーションのUXと機能をシミュレートすることができます。

要件をより迅速に調整

要件の定義と承認をすべての関係者と調整し、複雑なプロジェクト、地理的に離れた開発チーム、および複数のリリースにわたる変更を効率的に管理します。ディスカッション、投票、ワークフロー主導の通知などのコラボレーションを容易にする機能が含まれています。

要件の再使用とバリアントの管理

Dimensions RMは複雑な再利用シナリオをサポートし、バリアント管理と継承を簡素化します。これには、要件とそれらの関係の分岐とマージにすぐに使用できるサポートが含まれています。複数のプロジェクト間でのアクセスと標準化を容易にするために、共通の要件が中央のリポジトリに格納されています。

ドキュメントのライフサイクル管理

ドキュメントはDimensions RMのアーティファクトタイプであり、独自のワークフロー、承認、およびライフサイクル管理プロセスを備えています。Dimensions RMはドキュメントの内容変更を管理、バージョン管理、強調表示して監査要件に対応しています。

Dimensions RMを30日間無料オンラインでお試しください

release-rel-2019-11-1-3171 | Wed Nov 13 04:28:31 PST 2019
3171
release/rel-2019-11-1-3171
Wed Nov 13 04:28:31 PST 2019