ControlPoint

非構造化データの可視性を高め、セキュリティ、効率、規制コンプライアンスを向上させます。

Discover sensitive data
機密データを発見

エンタープライズシステムに保存された機密情報やPII情報、またダークデータに関わるビジネスリスクへの可視性を獲得し、理解を深めます。詳細はこちら。

Manage regulatory compliance
規制コンプライアンスの管理

社内のガバナンスと規制コンプライアンスの要件に適合させ、法務関連のディスカバリ、外部調査、また監査質問に対応します。詳細はこちら。

Clean up ROT data
ROTデータをクリーンアップ

価値ある情報にアクセスしやすくするため、メールリポジトリ、ファイル共有、SharePointサイト内の冗長データ、旧式のデータ、あるいはほんの小さなデータを検出します。詳細はこちら。

Respond to DSARs
DSARに対応

個人データのDSARに適時に対応し、GDPRといった規制への準拠を維持します。詳細はこちら。

Apply rich media analysis
リッチメディア分析を適用

IDOLプラットフォームを活用して、画像、動画、オーディオ、テキストファイルなどの1000種類以上のコンテンツタイプから情報を索引付けして分析します。詳細はこちら。

Streamline data migration
データ移行を合理化

移行のデータ量とシステムの数を減らすことで移行プロジェクトの期間や複雑さを削減します。詳細はこちら。

もっと深く知る。さらに探究する。

  • Clean up ROT data
    ROTデータをクリーンアップ

    Clean up ROT data
    ROTデータをクリーンアップ

    ControlPointにより、リポジトリごとをベースにROTの基準を定義し、異なる部署のニーズにより良く応えることができます。詳細に及ぶ的を絞ったROI分析により、情報アナリストはクリーンアップアクティビティを計画し、コンプライアンス状況の評価の精度を高めてビジネスを迅速に提供しやすくなります。

    Clean up ROT data
  • Respond to DSARs
    DSARに対応

    Respond to DSARs
    DSARに対応

    ControlPointにより、GDPRやその他の規制指令に由来するDSAR要件を満たすことができます。会社がどのような個人のデータを保持しているか理解するという個々の権限に応じようとする組織には、そのような個人データをすべて検出して、適時に応じることができるControlPointのようなツールがす。

    Respond to DSARs
  • Apply rich media analysis
    リッチメディア分析を適用

    Apply rich media analysis
    リッチメディア分析を適用

    ControlPointのコアはIDOLです。これは、接続された情報を可視または透明にし、あるいは分析、作業、制御、統制を行える索引をつけます。コンテンツの理解が形作られ、画像、動画、テキスト、メールなど、1000種類を超す異なるコンテンツ形式から情報に索引をつけて分析することができます。

    Apply rich media analysis
  • Streamline data migration
    データ移行を合理化

    Streamline data migration
    データ移行を合理化

    ビジネス価値のないデータを特定して削除するプロセスは、日々の検索や抽出の効率を向上させるだけでなく、データ移行プロジェクトに有益な影響を与えることができます。これにより移行するデータ量とシステム数を削減し、データのタグ付け、マッピング、エクスポートやインポートのプロセスを簡素化できます。

    Streamline data migration

ケーススタディ

Micro Focus ControlPointにより非構造化データの可視性が高まり、セキュリティ、効率、規制コンプライアンスが向上しました。

お客様事例を読む

ICCはMicro Focus ControlPointを用いてセキュリティを向上させ、機密情報を特定してデータを自動で分類しています。

お客様事例を読む

Micro Focus ControlPointは一元化されていないデータのコントロールを行い、コストを削減しながら検索の効率とデータ保護を向上させます。

お客様事例を読む
release-rel-2020-4-1-hotfix-4132 | Fri Apr 3 01:44:21 PDT 2020
4132
release/rel-2020-4-1-hotfix-4132
Fri Apr 3 01:44:21 PDT 2020