エンジン

  • Microsoft Windows Server 2016
  • Microsoft Windows Server 2012 R2
  • Microsoft Windows Server 2012
  • Microsoft Windows Server 2008 R2

SQL Database

  • Microsoft SQL Server 2017 (Windows or Linux)
  • Microsoft SQL Server 2016 SP1
  • Microsoft SQL Server 2014 SP3 (64-bit)

NoSQL Database

  • CouchDB 2.1.1 or above

イベントモニタ

  • Microsoft Windows Server 2016
  • Microsoft Windows Server 2012 R2
  • Microsoft Windows Server 2012
  • Microsoft Windows Server 2008 R2

エージェント(ファイルシステムエージェントおよびPhoenixエージェント)

  • Microsoft Windows Server 2016
  • Microsoft Windows Server 2012 R2
  • Microsoft Windows Server 2012
  • Microsoft Windows Server 2008 R2

管理クライアント

  • Microsoft Windows 10
  • Microsoft Windows 8
  • Microsoft Windows 7
  • Microsoft Windows Server 2016
  • Microsoft Windows Server 2012 R2
  • Microsoft Windows Server 2012
  • Microsoft Windows Server 2008 R2

データ所有者クライアント

  • Microsoft Windows 10
  • Microsoft Windows 8
  • Microsoft Windows 7
  • Microsoft Windows Server 2016
  • Microsoft Windows Server 2012 R2
  • Microsoft Windows Server 2012
  • Microsoft Windows Server 2008 R2

Windowsでネイティブ管理されているストレージのサポート – ソースとターゲット

完全サポート:
  • Microsoft Windows Server 2016
  • Microsoft Windows Server 2012 R2
  • Microsoft Windows Server 2012
  • Microsoft Windows Server 2008 R2
限定サポート:
  • Microsoft Windows Server 2003

Network Attached Storageデバイス

  • Dell Compellent
  • EMC Celerra
  • NetApp
  • Isilon OneFS
  • 日立

注:機能のサポートはプラットフォーム固有の機能に基づいています。たとえば、ディスククォータ管理はサポートされていません。

ソースサーバーとしてNetIQ® eDirectoryを使用したCross-Empire Data Migration

完全サポート:
  • Open Enterprise Server 2018
  • Open Enterprise Server 2015 SP1
  • Open Enterprise Server 2015
  • Open Enterprise Server 11 SP3
  • Open Enterprise Server 11 SP2
  • Open Enterprise Server 11 SP1
限定サポート:
  • NetWare® 6.5 SP8
  • Open Enterprise Server 2 SP2

注: 完全サポートバージョンまたは限定サポートバージョンにアップグレードできない場合は、Cross-Empire Data Migrationが機能しない可能性があります。

注: Micro Focus Storage Managerは、Open Enterprise Server 2015およびOpen Enterprise Server 2015 SP1で大容量ボリュームとディスククォータサイズをサポートしていません。

ホットフィックスの要件

管理対象ストレージにプロファイルパスまたはホームフォルダにリダイレクトしたマイドキュメントフォルダなどのリダイレクトフォルダが含まれる場合は、マイクロソフトのサポート技術情報(Microsoft Knowledgebase)973278に記載されているWindows Serverの修正プログラムをデータコピープロセスのエンジンおよびエージェントサーバーに適用する必要があります。

Hotfix Knowledgebase URL: https://support.microsoft.com/kb/973278

このホットフィックスは、エンジンまたはエージェントがインストールされた次のプラットフォームのみに適用されます。

  • Windows Server 2008
  • Windows Server 2008 Support Pack 1
  • Windows Server 2008 Support Pack 2

このパッチは、Windows Server 2003 Support Pack 2またはWindows Server 2008 R2に対応していません。

影響のあるシステムにホットフィックスを適用しない場合、データのコピーエラーによる保留イベントを示す「現在のエラー-32:要求のあったオペレーションはサポートされていません」がイベントプロパティで表示されたり、データのコピー処理を試行したエンジンまたはエージェントのログファイルにエラーメッセージ「0x00000032 (ERROR_NOT_SUPPORTED)」が表示されるなどの状況が発生する可能性があります。

File Dynamicsドキュメント

release-rel-2019-9-2-2657 | Wed Sep 18 04:10:00 PDT 2019
2657
release/rel-2019-9-2-2657
Wed Sep 18 04:10:00 PDT 2019