GroupWise Reporting and Monitoring

Features

モニタリングとアラート機能

GroupWise® のベストプラクティスに基づいて分類された1000以上の定義済みのアラートと通知を使用して、GroupWiseシステム内に何かが発生したときは、いつでもただちにアラートを受け取ることができます。

通知の設定を簡単に管理する

システムの可用性、メッセージトラフィック、メッセージ配信、セキュリティコンプライアンスなど、特定のニーズを満たすようにアラートを設定できます。GroupWise Reporting and Monitoringコントロールセンターでアラートを表示するか、アラートを電子メールでリアルタイムで送信できます。GroupWiseモニタリングは、モバイルデバイスでも利用できます。

カスタマイズされた、リアルタイムのアラートを作成

GroupWise Reporting and Monitoringは、稼働時間、ステータス、統計などを含む、カスタマイズされたアラートを提供します。GroupWiseシステムが停止している場合でも、自動化されたリアルタイムのアラートを受信することもできます。潜在的なボトルネックについて、アラートを受け取ることもできます。

GroupWiseを一目で確認できるダッシュボード

カスタマイズできる1つのインターフェイスを使って、GroupWiseシステム全体の健全性を判定します。ダッシュボードには、メッセージトラフィックや接続ユーザーなどのパフォーマンスインジケータが含まれています。ダッシュボードには、1つの画面にクイックヘルスインジケータとフルヘルスインジケータの両方が表示されるので、システムが最大限のパフォーマンスで動作していることを確認できます。

強力なコントロールセンター

The GroupWise Reporting and Monitoringコントロールセンターは、GroupWiseでも他のサードパーティ製品でも、すべての監視対象コンポーネントに単一の管理ポイントを提供します。コントロールセンターを使用して、エージェントへのアップデートの適用など、すべてのGroupWise Reporting and Monitoringエージェントを直接管理できます。システムビューで、メッセージングシステムの各コンポーネントにドリルダウンすることもできます。

メッセージングの追跡

メッセージの配信にかかる時間を推測したり、ユーザーがメッセージの配信時間について不満を言うのを待つことがなくなります。GroupWise Reporting and Monitoringは、メッセージ追跡機能を使用して、システムを介して内部と外部の両方でメッセージトラフィックの動向を把握できます。このソリューションを使用すると、メッセージ配信が遅くなる可能性のある原因を特定し、さらに大きな問題となる前兆を掴むことができます。

社内外の脅威からのリスクを軽減

GroupWise Reporting and Monitoringでは、ディスク容量を使い過ぎているユーザー、キューにとどまっているメッセージ、時間がかかる配信など、メッセージングシステムのパフォーマンスを低下させる潜在的なリスクを特定できます。週次レポート、即時アラート、または迅速で簡単なダッシュボードを使用すると、必要なパフォーマンス情報を必要な方法で取得できます。

柔軟なアーキテクチャー

2層アーキテクチャにより、GroupWise Reporting and Monitoringは各GroupWiseサーバーから情報を収集できます。Webベースのコントロールセンターには、システムの状況をすばやく表示するダッシュボードが備わっています。ダッシュボードで、レポーティング、アラート、構成を設定することもできます。コントロールセンターでは、エージェントを更新でき、LinuxまたはNetWare® にインストールできます。

シームレスなサードパーティの統合

GroupWise Reporting and Monitoringは、モビリティソリューションを含むように拡張されました。メッセージングシステムの管理アプリケーションには、GWAVAやNetIQ®(現在はMicro Focusの一部)など、さまざまなモビリティソリューションのテクノロジが含まれています。

自動化されスケジュールされたレポート
レポーティングエンジンにより、レポートの作成と送信を今までよりも速く実行できます。レポーティングエンジンにより、数回のクリックでレポートのスケジュール設定、自動化、送信を行えます。使いやすいインターフェイスで150種類以上の事前定義のレポートにアクセスすることもできます。これらのレポートはソリューション別にまとめられ、システム運用、ディスク容量管理、ユーザーコンプライアンスレポート、およびROI(投資利益率)分析が含まれます。
セキュリティとコンプライアンスの要件を満たす

GroupWise Reporting and Monitoringは、Sarbanes-Oxley(米国企業改革法)、HIPAA、GLBAなどのセキュリティ規制の遵守に役立ちます。事前定義済みのコンプライアンスレポートのいずれかを使用して、システムが正しく設定されていることを確認したり、機密情報が組織から流出していないかどうかを確認したりすることができます。

最小限の労力でエキスパートのスキルを実現

GroupWise Reporting and Monitoringは、複雑なレポートを簡単に作成できるレポートデザイナーを備えています。XML、SQLクエリ、またはHTMLに熟練していなくも、必要なすべてのレポートを簡単に作成できます。

使いやすいコントロールセンター

レポーティングとモニタリングのすべてのタスクをWebベースの1つのコントロールセンターから実行できます。見やすいレポートで重要なメッセージングの詳細をすばやく見つけて、正確なグラフやチャートの値を確認しできます。詳細レポートを使用してメールボックスとコンテンツの統計を検出し、クエリビルダーでランタイムパラメータを使用してカスタムレポートを作成します。レポートを円グラフ、棒グラフ、および他のグラフ形式で構築できます。

release-rel-2020-9-2-5123 | Tue Sep 15 18:06:14 PDT 2020
5123
release/rel-2020-9-2-5123
Tue Sep 15 18:06:14 PDT 2020