GroupWise

Features

外出先からも業務が可能

GroupWise®は、従業員が移動する場所を問わず、堅牢な電子メール、カレンダー作成機能、タスク管理、および連絡先管理ツールを提供します。管理者にとっても同じことが言えます。管理者は、外出先でも監視、管理、作業を実現できる合理化されたウェブベースの管理機能を与えられます。

Social threading
ソーシャルスレッディング

GroupWiseは、ソーシャルスレッディングを使用して、インボックスに新しいアプローチを取ります。これは電子メールに複数の返事を受けた際の混乱を減らしてくれます。どれが新しいメールなのか、また未読のメールが何通あるのかを一目で簡単に確認できます。

ホームビュー

GroupWiseにはホームビュー(個人の生産性管理ダッシュボード)があり、あらゆる作業で最も頻繁に使用するツールとウェブアプリケーションが集約されています。さらに良い点として、ビジネスニーズに合わせてカスタマイズでき、またエンドユーザーが自分のホームビューを決めることができます。

スケジューリング

カレンダービューで予定、タスク、およびリマインダー通知を表示して管理します。GroupWiseを使用していないユーザーがあなたとのミーティングを簡単にスケジュールできるよう、複数のカレンダーを作成、または個人用カレンダーと空き時間情報を公開することができます。GroupWiseを使用すると、自分や他の人の予定や作業をスケジュールすることも可能です。

タスク管理

自分自身のために、またはプロジェクトを完成するために協力してくれる人のためにタスクを作成することで、重要なアクション項目を常に把握できます。送信されたタスクは承認または辞退することができ、プロジェクトのライフサイクルを通して承認されたタスクを追跡することができます。さらに良いことには、あらゆる電子メールをタスクリストフォルダにドラッグするだけで、簡単にタスクに変えることができます。

Task management
添付ファイルをもっと簡単に

同じバージョンのファイルが何度も繰り返し保存されると、電子メールは添付ファイルですぐに硬直化してしまう可能性があります。Micro Focus Filrとの統合により、メッセージサーバーに必要なストレージを削減することができます。そしてリンクを電子メールで送信するだけで、ファイル自体を送信しなくても、他の人たちはファイルを表示(または編集)できるようになりました。

Contact management
連絡先管理

GroupWiseを使用すると、やり取りを行うすべての連絡先、グループ、リソース、および組織に関する重要な情報に簡単にアクセスできます。来週会う予定の同僚の写真を追加したり、上司の誕生日をメモしたりすることもできます。また、次の会議が始まる前に、前回のクライアント会議のメモを簡単に確認することもできます。中でも一番良いのは、GroupWiseアドレス帳または連絡先フォルダからこれらの情報すべてにアクセスできることです。

安全なインスタントメッセージング

Messengerを使って他のGroupWiseユーザーとリアルタイムで通信します。Messengerを使用すると、ワークステーションやデバイスを問わず、従業員はどこにいても共同作業を行うことができます。また、ユーザーがオンライン、ビジー、またはデスクから離れていることを示すプレゼンスインジケータも提供されており、加えて今後の参照に備えて重要な会話を保存することができます。メッセンジャーにより、同僚にリアルタイムでアクセスすることができるため、意思決定や問題への取り組みを迅速に行うことができます。

モバイルアクセス

モビリティは個人の生産性で達成することが非常に難しい目標です。そのためにGroupWiseは移動中にいつでも接続を維持するためのオプションをフルセットで提供します。iPhone、Android、BlackBerry、あるいは現代のActiveSync対応デバイスからGroupWiseデータにアクセスする必要がありますか?GroupWiseモビリティサービスにお任せください。iPadおよびAndroidのインターフェイス用に最適化された新しいウェブテンプレートは、クリーンでシームレスな体験を提供します。また、ウェブブラウザを使用してどこからでもGroupWiseにアクセスする機能のみが必要な場合は、新しく改良されたWebAccessインターフェイスを使用することで、管理上のオーバーヘッドなしに堅牢なクライアントのメリットを得ることができます。

管理機能

最も熱心なGroupWiseサポーターは、GroupWiseを管理している人たちです。管理者はこの製品のどんなところが気に入っているのでしょうか?まず、その堅実な信頼性。GroupWiseは、管理者にWindows、Linux、またはその両方で実行するための柔軟性も提供します。そして管理者に関して言うと、管理した形跡はごくわずかのようですが、1人の管理者で最大10,000人のGroupWiseユーザーをサポートできます。

Administrative features
クラウドメール

GroupWiseをパートナーとホスティングする、あるいはEnterprise MessagingにアップグレードしてMicro Focusまたはホスティングパートナーを通じて直接入手することによって、GroupWiseのすべてのメリットをクラウドで活用することができます。

動的な柔軟性

柔軟性のないパワーに良い点はあるでしょうか?GroupWiseは、エンドユーザが希望する方法で機能させることができる柔軟で動的なインターフェイス、そして意思決定を下す(あるいは変更)する自由を提供します。また、管理者が必要とするプラットフォームやデバイスをサポートし、さらにActive DirectoryやMicrosoft Exchangeと連携するように柔軟に対応します。

共存

お客様の環境でGroupWiseとExchangeの両方を同時に実行する必要がありますか?ご心配は無用です。Coexistence Solution for Exchangeを使えば実現できます。

[Micro Focus]のソリューションを使用することで、当社が実際に行っていることを自動化できています。使用するツールではなく、当社が希望するビジネスの方法でプロセスを定義しています。

プログラムマネージャー Tyson Faircloth
CACI
release-rel-2019-6-1-2130 | Tue Jun 11 14:13:41 PDT 2019
2130
release/rel-2019-6-1-2130
Tue Jun 11 14:13:41 PDT 2019