Your browser is not supported

For the best experience, use Google Chrome or Mozilla Firefox.

法執行機関のメディア
分析 – IDOL搭載

調査中にビデオや画像の証拠を処理し、事実を特定して抽出する必要がある
組織のためのデジタルフォレンジックです。

金融

デジタル資産の問題

デジタル形式で保存されている証拠の数が増加し、その資産の収集、整理、セキュリティが人件費とコストを圧迫しています。

インタラクション

統合されたビデオ・画像分析プラットフォーム

複数のエンティティタイプのビデオや画像コンテンツを分析し、ユーザーのトレーニングを簡素化して、データフュージョンを容易にします。

目

専門家による拡張分析

事前分析を自動的に実行して事実を明らかにしてから人間の目で検証を行うことで、コントロールを失うことなく効率性を高めることができます。

各種3

証拠分析ワークフロー

証拠に重点を置いたワークフローソリューションにより、法廷で信頼性の高い結論を出すという固有の課題に対応します。

さらに探求する。もっと深く知る。

  • 金融2

    デジタル資産の問題

    金融2

    デジタル資産の問題

    アナログメディアからデジタルメディアへの広範囲な移行が進む中、法執行機関は新たな問題に直面しています。証拠品の多くが多様なデジタル形式で保存されており、これら資産の収集、整理、分類、セキュリティが人件費とコストを圧迫しています。

  • インタラクション

    統合されたビデオ・画像分析プラットフォーム

    インタラクション

    統合されたビデオ・画像分析プラットフォーム

    法執行機関は、LEMAを使用することで、デジタル調査プロセス全体を1つのプラットフォームで管理できます。内部(装着型カメラ、ダッシュボードカメラ、CCTVシステム、デジタル文書)および外部(ブロードキャストメディア、Web、ソーシャルメディアなど)のソースから重要な事実を抽出、分類、インデックス化します。結果を整理して共有することで、証拠基準を満たしながら効率性を高めることができます。

  • 目

    専門家による拡張分析

    目

    専門家による拡張分析

    大規模な組織全体で証拠を手作業でアップロードして共有することは、捜査官や関係者にとって負担となり、重要な証拠を見逃す原因にもなります。LEMAは、必要に応じて証拠の共有や制限を行えるようにし、安全なアクセス制御を自動的に適用して、組織全体のコミュニケーションとコラボレーションを改善することで、この作業を簡素化します。

  • 各種

    証拠分析ワークフロー

    各種

    証拠分析ワークフロー

    LEMAは、リクエストの受付から、自動化された分析と捜査官による検証、最終的なレポート配信にいたるまでの分析ワークフロー全体を管理します。捜査官が反復的な管理業務ではなく、専門分野に集中できるようにすることで、より効率的で効果的な犯罪解決を可能にし、事件の終結率と起訴の成功率を高めます。

    証拠分析ワークフロー

関連製品

release-rel-2021-10-2-7002 | Wed Oct 20 19:44:43 PDT 2021
7002
release/rel-2021-10-2-7002
Wed Oct 20 19:44:43 PDT 2021