NetIQ Identity Governance

多様な企業の状況下でアプリケーションとデータへのアクセスを統制します。

変化し続ける環境に適応できるIDガバナンスで組織のセキュリティ態勢を改善します。
Gain visibility into access
Gain visibility into access

組織内で誰が何のアクセス権を持っているか調査します。 詳細はこちら。

Make informed decisions
Make informed decisions

リスクと例外ベースのガバナンスへのアプローチを実現します。 詳細はこちら。

Enforce least privilege
Enforce least privilege

ユーザーアクセスとポリシーをコンプライアンス要件に合わせます。 詳細はこちら。

Remediate access risk
Remediate access risk

アクセスリスクに先回りして応じ、侵害をより早く解決します。 詳細はこちら。

もっと深く知る。さらに探究する。

  • Make informed decisions
    十分な情報に基づいて意思決定を行う

    Make informed decisions
    十分な情報に基づいて意思決定を行う

    決断サポートと、申請者、承認担当者、確認担当者へのアクセスガイダンスを提供します。Identity Governanceは、リスクスコア、ピアグループ分析、ロールマイニング、また異常検出により、ユーザーが正しい決断をできるようサポートします。

    Make informed decisions

    通常と異なるユーザーアクセス権はマネージャーにアラート

  • Enforce least privilege
    最小権限を施行

    Enforce least privilege
    最小権限を施行

    アクセスのレビューを自動化して時間を削減し、また権限付与のリスクを特定するだけでなく、監査担当者と他の利害関係者にコンプライアンスを証明します。スプレッドシートや手作業のプロセスもう必要ありません。今や、ユーザーアクセス、ID情報、アクセスポリシーも自動で管理可能です。

    Enforce least privilege

ケーススタディ

Medicaはセキュリティ強化と大幅の時間削減のためにアクセス監査プロセスを自動化しています。

お客様事例を読む

Quality Council for Trades and Occupations(QCTO)はアクセスのレビュープロセスを合理化し、セキュリティ改善に繋げています。

お客様事例を読む

KMDは適応性のあるIdentity Governanceを展開して透明性を提供し、大々的な生産性向上を実現しています。

お客様事例を読む
`
release-rel-2020-5-1-4412 | Tue May 12 22:32:04 PDT 2020
4412
release/rel-2020-5-1-4412
Tue May 12 22:32:04 PDT 2020