NetIQ Operations Center

Specs

NetIQ Operations Center Specifications

Operations Centerサーバー:
Operations Centerクライアント:
サポートされたサードパーティの統合:
  • Operations Centerには、すぐに使用できる、次のアプリケーションへの双方向の統合が用意されています。
  • サードパーティの統合
アプリケーションおよび管理システム:
  • Amazon Elastic コンピューティングクラウド(Amazon EC2)
  • BMC ソフトウェアイベントマネージャー/インパクトマネージャー
  • BMC Software PATROL エンタープライズマネージャー (PEM)
  • BMC Software PATROL
  • Castle Rock コンピューティング SNMPc
  • Cisco Works2000 デバイス障害管理
  • Computer Associates (CA) Spectrum
  • Computer Associates Unicenter
  • EMC SMARTS
  • HP OpenView Network Node Manager
  • HP OpenView Network Node Manager i-series
  • IBM Micromuse Netcool
  • IBM Tivoli Enterprise Console (T/EC)
  • IBM Tivoli Enterprise Console (T/EC)+, Database Edition
  • IBM Tivoli NetView
  • Microsoft Operations Manager (MOM) および Microsoft System Center Operations Manager (SCOM)
  • AppManager
  • Cloud Manager
  • Sentinel Enterprise
  • ZENworks Configuration Management
  • PlateSpin Orchestrate
  • SolarWinds Orion
検出ツール:
  • IBM Tivoli アプリケーション Dependency Discovery Manager (TADDM)
  • PlateSpin Recon
サービスデスクシステム:
  • HP ServiceCenter
  • HP Service Manager
  • BMC Remedy ARS
その他の統合カスタムソリューション:
  • 運用センターは、自社製または既製のテクノロジおよびビジネスデータソースを介して統合できる機能と手法を提供します:
    • データベースディレクトリ
    • SNMP
    • SOAP
    • XML
    • ライン指向データフィード
    • ログファイル
    • Webサービス

Operations Center Dashboard仕様

プラットフォーム:
  • Solaris 9、10 (SPARC x86)
  • Red Hat Linux/Red Hat Enterprise Linux 6.2
  • SUSE®Linux Enterprise Server 11、SUSE 11 x86(32ビットおよび64ビット)
  • Windows(32ビットと64ビットの両方)
  • 現在、AIXプラットフォームとHPUXプラットフォームはサポートしていません。
データベース:
  • SQL Server 2008
  • Oracle 11g
サーバー要件:
  • Operations Center Dashboard には、Apache Tomcat v6.0 Webサーバーが付属しています。
導入:
  • Microsoft Internet Explorer 7、8以上
  • Mozilla Firefox 3.6.x
Webブラウザ:
  • Operations CenterダッシュボードはOperations Centerサーバーとは別の物理サーバーにインストールされる可能性がありますが、Operations Centerダッシュボードサーバーは通信専用のOperations Centerサーバーに解決される必要があります。
追加要件:
  • JDK 6以降
  • Adobe SVG Viewer 3.0
  • Operations CenterのレイアウトおよびChartビルダポートレット内のデータアクセス。チャートビルダ(IEのみ)に適用。
  • Windowsでは%JAVA_HOME%、Linux/Unixでは$JAVA_HOMEと呼ばれる環境変数が、JDKディレクトリを指すように設定されています。
  • 新しいポートレットの追加など、ポータルのカスタム開発には、パフォーマンスのJSP編集品質の向上にJikesを使用します
Operations Center Experience Manager最低要件:
  • 空きディスクスペース:30GB RAM
  • メモリ割り当てスペース(RAM): 1 GB RAM
  • CPU: 2+ GHz

Operations Center構成管理システム仕様

プラットフォーム:
  • Solaris 9、10 (SPARC x86)
  • Red Hat Linux/Red Hat Enterprise Linux 6.2
  • SUSE® Linux Enterprise Server 11、SUSE 11 x86(32ビットおよび64ビット)
  • Windows(32ビットと64ビットの両方)
  • 現在、AIXプラットフォームとHPUXプラットフォームはサポートしていません。
サーバー要件:
  • バージョントラッキングが設定されていること
ユーザーのシステム要件:
  • Configuration Management Systemにアクセスするには、Internet Explorer 7.0以降、Mozilla Firefox 3.6以降、1024×768以降が必要です。
データベース:
  • SQL Server 2008
  • Oracle 11g
導入:
  • Operations CenterダッシュボードはOperations Centerサーバーとは別の物理サーバーにインストールされる可能性がありますが、Operations Centerダッシュボードサーバーは通信専用のOperations Centerサーバーに解決する必要があります。
追加要件:
  • 最新オペレーションセンター4.7パッチバンドル
  • 最新の構成管理システムパッチまたはパッチバンドル
  • JDK 6以降
  • Windowsの%JAVA_HOME%またはLinux/Unixの$JAVA_HOMEと呼ばれる環境変数は、JDKディレクトリを指すように設定されています。
release-rel-2020-10-1-5313 | Wed Oct 14 18:06:08 PDT 2020
5313
release/rel-2020-10-1-5313
Wed Oct 14 18:06:08 PDT 2020