効率的な管理業務

Exchangeへの無制限なアクセス権を与えたからといって、人々が各々の業務を行えるようになると簡単に確約することはできません。Exchange Administrator™で提供される権限委任機能で、セキュリティ、コンプライアンス、そして手間のかからないExchangeサービスを保証します。

セキュリティを強化し、表示画面を制限

ユーザーやアドミニストレーターの画面からコントロール、情報、オプションなどのビューを制限することができます。セキュリティを向上させ、ユーザーとアドミニストレータが実際に行う業務の混乱を抑制します。

一元化されたセキュアなログとレポート

全ての管理操作のレポジトリが耐タンパー性にできているということは、今日のコンプライアンスあるいは規制によって動かされている世界では必須の要件です。CEOは、何名くらいの従業員が管理権を持っているか知りたいと思うでしょう。また、監査人は特定の管理作業を誰がいつ行ったかを把握する必要があります。柔軟なレポート機能で、それが可能になります!

自己管理

ユーザーはある程度のタスクをアシスト無しに自分自身で行っているはずです。Exchange AdministratorをSecure Password Administratorと組み合わせることで、パスワードリセットや情報アップデートが簡単になります。

強力な自動化

Exchange Administratorは自動化された管理業務へのアプローチを提供し、Exchangeサービスを守るために必要なセキュリティ・コントロールを推し進めながら、管理業務を促進し、手作業のタスクの削減します。

Secure Microsoft Exchange Administratorを試す

release-rel-2019-10-2-2896 | Wed Oct 16 03:58:53 PDT 2019
2896
release/rel-2019-10-2-2896
Wed Oct 16 03:58:53 PDT 2019