Network Operations Management

Features

Topology, health, and configuration
トポロジ、ヘルスおよび構成

• Spiral Discoveryの継続的・進行中検出が、その環境の正確な画像を提示することによって、トラブルシューティングおよび診断の結果を向上させるネットワーク関係を最新モデルに維持

• 内蔵ワークフローにより、管理者は初期インシデントから設定インシデントの診断・修復までを簡単にナビゲートし、結果的にデータセンターの停電における大半の問題の種類を迅速に解決

• すぐに使用できる原因分析機能により、ネットワーク不具合の根本原因を迅速に判断し、事故の規模を最大50%低減

• 変更に関連するパフォーマンスビューにより、ネットワークパフォーマンスグラフにネットワーク設定変更イベントが重ね合わせて表示され、目視検査および右クリックによる詳細へのアクセスによって関連付け・MTTR低減が行われます。

パフォーマンス、キャパシティとコンプライアンス

• 帯域幅、CPUおよびメモリの使用率の監視により、ネットワークパフォーマンスが低下する前に、インターフェイスやデバイスリソースに関連するパフォーマンスの問題を管理者にあらかじめ注意喚起

• 過剰な遅延や特定ネットワークサービス用のパケット損失、ジッターなど、ネットワーク品質SLAを満たせなくなるようなネットワーク品質状況を検出し、管理者にあらかじめ注意喚起

• トラフィックを監視することにより、ネットワーク全体にわたるトラフィックパターンとアプリケーション配布およびトラフィック量の分析に関する理解がなされ、帯域幅を最も消費するアプリケーションを把握

• リスクを管理する様々なデバイス属性と合わせて、構成、実行状況およびOSバージョン関連するコンプライアンス状況をリアルタイムで追跡して修復する、コンプライアンス監査および修復機能

Automation and orchestration
自動化/オーケストレーション

• ネットワークエンジニアリング ツールセットは、ネットワーク診断キャプチャのために事前定義されたOOフローを提供し、トポロジをVisioにエクスポートし、トラップ分析機能を提供してデバイスから報告されたネットワーク問題を検出

• 自動修復機能をサポートする、セキュリティとコンプライアンスコンテンツが統合された唯一のネットワーク管理製品

変更要件前後の自動化検証を含め、ネットワークデバイスにオーケストレーション大量設定展開機能を提供するChange Plansでのロールバック、および変更要件後の要件が満たされない場合の自動化ロールバックにより設定変更を自動化し、エラーを削減、時間を節約。

• Open APIsとMicro Focus Operations Orchestrationとの統合が、クロスドメインスクリプティングとオーケストレーションをサポート

• ベストプラクティスの一環として、リスク軽減のためのセキュリティ問題対応として、ネットワークインフラOSの大量更新を自動化

SDNと仮想および物理ネットワークをシングルビューで管理

• シングルビューで、SDNや旧ネットワークの欠陥、パフォーマンス、構成、コンプライアンスを管理する異機種ネットワーク管理

• Cisco ACI Managementにより、トラブルシューティング、効果分析、構成およびコンプライアンス管理の機能のための、Cisco ACI向け継続更新SDNトポロジ可視化機能が提供され、CiscoのSDNソリューションの確実な監督が実現

• VMWare NSX Managementにより、構成およびコンプライアンス管理機能が継続的に提供され、VMWareのSDNソリューションの確実な監督が実現

Manage SDN, virtual and physical networks from a single view
Industry-first risk dashboards
業界第一のリスクダッシュボード

• Network Risk Dashboardsはエグゼクティブ向けに、リスク評価のための事故、セキュリティ脆弱性およびコンプライアンスをリアルタイムで視覚化します。

• Network Operational Dashboardsはエグゼクティブ向けに、業務実績および事業上の効果を把握するために、ネットワーク帯域、パフォーマンスおよび変更頻度をリアルタイムで視覚化します。

エンタープライズレベルのスケーラビリティとデバイスサポート

• グローバルドメインごとの80Kデバイス(監視)および120Kデバイス対応(構成)による、業界最高のネットワー監視・トラブルシューティングツールの拡張性

• すぐに使用できるエンタープライズ規模とカスタムポーリングにより、管理環境のハイスケールな自動およびカスタマイズ可能なポーリングが提供され、ネットワークの不具合症状やパフォーマンス課題を迅速に検出

• 業界最大のデバイス適用 - 180を超えるベンダーと3,400を超えるデバイスに対応し、隔月頻度でサポート

• 初の、そして唯一のDockerコンテナ化された、簡単インストール、メンテナンス、再配置用のアーキテクチャー(オンプレミスからクラウドまで)

Enterprise scalability and device support
release-rel-2019-3-1-hotfix-1763 | Thu Mar 7 10:22:35 PST 2019
1763
release/rel-2019-3-1-hotfix-1763
Thu Mar 7 10:22:35 PST 2019