Your browser is not supported

For the best experience, use Google Chrome or Mozilla Firefox.

Open Enterprise Server

特長

クラウド統合ストレージ

「コールドデータ」をクラウドに自動的に移動することで、ストレージコストを削減します。何が「コールドストレージ」と見なされているかの変更が、すべてのOESストレージ容量にどのような影響を及ぼすかを予測することもできます。

 

Windows、Mac、Linux互換

Windows、Mac、LinuxのデスクトップでOpen Enterprise Serverのサービスにアクセスするための全機能を備えたクライアントを提供します。ユーザーはあらゆるコンピューターから、許可されたディレクトリの参照、ファイルの転送、高度なサービスの利用が可能です。

 

シンプルなリソース管理

Cluster Services for OESはOpen Enterprise Serverの主要コンポーネントであり、ストレージエリアネットワーク(SAN)上のすべてのリソースの管理に役立ちます。

 

機能停止からの保護

Business Continuity Clusteringは、主要なビジネスシステムをダウンタイムや災害から保護します。高可用性(HA)クラスターサーバーソリューションの環境設定と管理を自動化します。

 

iPrintによる簡単なプリンターセットアップ

プリンターへのグローバルアクセス、あらゆるプリント環境のカスタマイズ可能なビュー、柔軟なプリント導入環境設定、そしてモバイルデバイスからでも簡単でセキュアな印刷を可能にします。

 

Filrによる安全なファイル共有

Open Enterprise ServerまたはOpen Workgroup Suiteのアクティブなメンテナンスを受けているお客様は、Fillr Standard Editionを利用できます。企業データの安全性を保ちながら、モバイルで業務する人が使用しているデバイスや場所を問わず、ホームフォルダー、共有ネットワークフォルダー、個人ファイルに直接アクセスできるようにします。

 

既存のWindowsサーバーインフラストラクチャを利用

Domain Services for Windowsは、既に確立されているeDirectory環境を使用し、新しいビジネスアプリケーションを認証させることで、コスト削減とインフラストラクチャの効率化を実現します。

 

ファイルストレージサービスを包含

広範なクライアント、サーバー、プロトコルにファイルアクセスを提供するとともに、セキュリティアクセスの強化、ファイル破損の防止、ユーザーやアプリケーションが他のユーザーとファイルを共有する際の利便性の向上を実現します。

 

どこからでもファイルの保存、アクセス、整理、管理が可能

Micro Focus iFolder は、暗号化された強力なファイル同期・オンライン転送ツールです。他のユーザーとWebアクセスを共有すると同時に、ユーザーのファイルを常に安全に保護し、最新の状態にすることができます。

 

Macクライアントによる簡単なアクセス

Open Enterprise Serverでは、追加のソフトウェアをインストールする必要なく、ローカルでアクセスしているかのように、Macからネットワークファイルをシームレスにコピー、削除、移動、作成、保存、および開くことができます。

 

単一の管理インターフェイスでLinuxを管理

Linux User Managementアプリケーションは、すべてのLinuxリソースに対してユーザープロファイルを作成・管理することができ、ネットワーク上のLinuxベースプラットフォームの管理とアクセスを簡素化します。

 

サーバーヘルスモニタリング

時間の無駄になる手動のネットワーク監視を排除します。共通情報モデル(CIM)およびNagios/Gangliaベースのサーバーヘルスモニタリングにより、いつでも任意のWebブラウザーからサーバーステータスを一目で確認することができます。

 

ネットワークのグローバルビュー

Micro Focus iManagerのブラウザーベースの監視ツールを使用して、1つの場所からネットワークを一元管理できます。高度な機能を追加することで、冗長性を排除し、時間とコストを節約します。

 

Open Enterprise Serverの新機能

 

Micro Focus Open Enterprise Server 2018 Service Pack 1 (SP1)

Open Enterprise Server 2018の能力を基盤に構築された最初のサービスパックでは、新機能、パフォーマンスの向上、安定性のアップデートを提供し、お客様のビジネスを強力にサポートします。

Open Enterprise Server 2018 SP1は次を提供します。

  • SPEC準拠および全般的なパフォーマンスのためのCIFS / SMBスタックの改善 。
  • NCP スタックの改善: 強化された多要素認証のサポート。
  • Windows向けのドメインサービス: Kerberosスタックのアップデートや、SMBスタックのアップデートで追加されたSMB 2サポートによるスケーラビリティとセキュリティの向上を含む機能の強化。
  • NSS ファイルスタックの改善: ネイティブ4Kディスクのサポート、64 Bit SMS、FTPスタックのアップデート、NITとNURMのスケーラビリティ。
  • iManager、Javaコンソール、NetStorageなどの一部のコンポーネントのUI更新 
  • クラウド統合 ストレージ: 新しいストレージ階層化機能。
  •  SUSE Linux Enterprise Server 12 SP3 および最新の eDirectory 9.1へのアップデート。
  • Business Continuity Clusteringのインストールパターン: Micro Focus Business Continuity ClusteringがOESの インストール パターンとなり、配布と導入を簡素化

また、現在OESをご利用のお客様を対象とした 無料 のiPrint Mobileプロモーションを実施しています。詳細情報とお申し込みは、こちらをご覧ください。 https://www.microfocus.com/campaign/oes-iprint-mobile-licenses-offer/

統一されたアップデートチャネル
統一されたアップデートチャネル

Open Enterprise Serverの認証取得やパッチとアップグレードのテストをすべて単一のソースから実行できます。別々のソースからアップデートやパッチを適用する必要はもうありません。

強化されたセキュリティ
強化されたセキュリティ

SMB v3およびAES暗号化をベースにしたデータトラフィックの暗号化と、粒度の細かいパスワードポリシーを採用しており、セキュリティ意識の高い企業や機関であっても、データの安全な保護を確信できます。

クラウド統合ストレージ
クラウド統合ストレージ

Open Enterprise Serverのすべてのボリュームで、どれが「コールドデータ」であるかを確認し、ストレージポリシーの設定や変更を通じて、コールドデータをクラウドなどの低コストなストレージに移動させることで、どのようにコストを削減できるかを動的に確認できます。

release-rel-2021-10-2-7002 | Wed Oct 20 19:44:43 PDT 2021
7002
release/rel-2021-10-2-7002
Wed Oct 20 19:44:43 PDT 2021