クラウド統合型ストレージ

「コールドデータ」をクラウドに自動的に移動してストレージ費用を節約します。「コールドストレージ」と捉えられていたものがどのような影響をあらゆるOESストレージ容量に及ぼすかですら予測できます。

Windows、Mac、Linuxと互換

全機能をもったクライアントのWindows、Mac、LinuxのデスクトップにOpen Enterprise Serverサービスへのアクセスを提供します。ユーザーはどのコンピュータからでも、許可されたディレクトリから閲覧、ファイルの転送、および高度なサービスを利用することができます。

シンプルリソース管理

Cluster Services for OESはOpen Enterprise Serverの主要コンポーネントです。ストレージエリアネットワーク(SAN)のすべてのリソースの管理に役立ちます。

機能停止から保護

Business Continuity Clusteringはダウンタイムや災害から主要なビジネスシステムを保護します。高い可用性のクラスターサーバーソリューションの設定と管理を自動化します。

iPrintでシンプルなプリンターセットアップ

プリンターにグローバルなアクセスを付与、あらゆる印刷環境でカスタマイズ可能な見え方、柔軟な印刷展開設定、そして簡単で安全な印刷、しかもモバイルデバイスから!

Filrで安全にファイル共有

Open Enterprise ServerまたはOpen Workgroup Suiteでアクティブなメンテナンスを行っているカスタマーは、Filr Standard Editionの資格が与えられています。どこからどのようなデバイスを使用していようとも、モバイル専門で業務する人にホームフォルダー、共有ネットワークフォルダー、個人ファイルへのダイレクトアクセスを提供しつつ、コーポレートデータは安全に保ちます。

既存のWindowsサーバーインフラストラクチャを使用

Windowsのドメインサービスにより、既に確立してあるeDirectory環境を利用して新しいビジネスアプリがその認証を受けられるようにします。コスト削減とインフラストラクチャの合理化につなげます。

数々のファイルストレージサービスを包含

多様なクライアント、サーバー、プロトコルにファイルアクセスを提供し、同時にセキュリティアクセスの強化やファイル破損からの保護を行い、またユーザーとアプリケーションが他のユーザーと完全にファイル共有できるよう促進します。

どこからでもファイルの保存、アクセス、整理、管理

Micro Focus iFolder®は、パワフルな暗号化ファイル同期とオンライン転送のツールです。ウェブアクセスを他者と共有しながらも、ユーザーファイルが常に安全、セキュア、最新になっていることを保証します。

Macクライアントのための簡単アクセス

Open Enterprise Serverはご使用中のMacからローカルでアクセスしているかのようにシームレスにネットワークファイルをコピー、削除、移動、作成、保存、そして開くことができます。追加でソフトウェアをインストールする必要はありません。

Linuxを単一の管理インターフェイスで管理

Linux User Managementアプリケーションにより、すべてのLinuxリソースのユーザープロファイルの作成と管理を行え、ご利用中のネットワーク上のLinuxベースプラットフォームの管理とアクセスをシンプルにします。

サーバーヘルスモニタリング

時間の無駄になる手動によるネットワーク監視を排除します。CIMとNagios/Gangliaベースのサーバーヘルスモニタリングにより、いつでもどのウェブブラウザーからでも素早くサーバーのステータスを確認できます。

ネットワークのグローバルビュー

Micro Focus iManagerのブラウザーベースの監視ツールにより、一拠点からネットワークを一元管理できます。高度な機能を追加して、冗長性を取り除き、時間と費用を節約します。

Open Enterprise Serverの新機能

Micro Focus Open Enterprise Server 2018 Service Pack 1 (SP1)

Open Enterprise Server 2018の能力に構築された、初のサービスパックで新しい機能、パフォーマンスの向上、安定性アップデートを提供し、お客様のビジネスの力になります。

Open Enterprise Server 2018 SP1による提供:

  • SPEC準拠とパフォーマンス全般に向けたCIFS / SMB Stackの改良
  • NCP Stackの改良: マルチファクター認証サポートの改良。
  • Windowsのドメインサービス: ケルベロス認証のスタックの更新とSMBのスタックの更新(これによりSMB 2サポートを追加)の長所によるスケーラビリティとセキュリティの改善を含む強化。
  • NSS File Stackの改良: ネイティブ4Kディスクサポート、64ビットSMS、更新済FTPスタック、NITとNURMのスケーラビリティ。
  • iManager、Javaコンソール、NetStorageなどのコンポーネントのUIリフレッシュ
  • クラウド統合型ストレージ: 新しいストレージ階層化機能。
  • SUSE Linux Enterprise Server 12 SP3へアップデートと、最新のeDirectory 9.1
  • Business Continuity Clusteringインストールパターン: Micro Focus Business Continuity ClusteringがOESでインストールパターンになり、配信と展開がシンプルになっています。

また、現在、OESカスタマー向けに無料のiPrint Mobileプロモーション開催中です。詳細とお申し込みは、こちらにお進みください。https://www.microfocus.com/campaign/oes-iprint-mobile-licenses-offer/

Circulate
統一されたアップデートチャネル

Open Enterprise Serverの認証、テストパッチ、アップグレードを、すべて単一のソースから行います。分割されたソースからアップデートやパッチ適用する必要はもうありません。

Password 1
強化セキュリティ

SMB v3およびAES暗号化を元にしたデータトラフィックの暗号化、また粒度の細かいパスワードポリシーの機能を取り入れています。そのため、最もセキュリティに敏感なビジネスや機関であっても、データの安全な保護を保証できます。

Cloud gear
クラウド統合型ストレージ

Open Enterprise Serverボリュームの全体でどのデータが「コールド」であるかわかり、またコールドデータをクラウドといった低コストのストレージオプションに移行することで、ストレージポリシーの設定や変更によりどれだけ節約できるかを動的に見ていきます。

release-rel-2019-11-1-3171 | Wed Nov 13 04:28:31 PST 2019
3171
release/rel-2019-11-1-3171
Wed Nov 13 04:28:31 PST 2019