Your browser is not supported

For the best experience, use Google Chrome or Mozilla Firefox.

OpenFusion RTOrb Ada Edition

特長

コンプライアンスの維持

OpenFusion RTOrb Adaのアーキテクチャは国際標準に基づいています。OpenFusion RTOrb Ada Editionは、軍事セクターと商業セクターの要件の高いアプリケーションで試用され、試験されたプロダクトコアをベースとして構築されています。

リアルタイムORB

OpenFusion RTOrb Ada Editionのコアデザインとアルゴリズムは、OpenFusionのすべてのリアルタイムORBに共通です。フル機能搭載のエンタープライズレベルのORBをサポートするアーキテクチャです。これはリアルタイムORBとしては珍しく、特にAdaで記述されたものとしては異例です。そのため、OpenFusion RTOrb Adaは、さまざまな要件や用途に単一のソリューションで対応できる独自ポジションを確立し、単一のORBでリアルタイムアプリケーションとビジネスアプリケーションをサポートします。

メモリーセーフな実装

OpenFusion RTOrb Adaは、複数のADAプラットフォームをサポートします。また、以下のCORBA 3.0をサポートします。

  • IDL-to-Ada95コンパイラ
  • GIOP 1.2のフルサポート
  • POAおよびリアルタイムのバリアントのためのRT-POA
  • Objects By Valueのサポート
  • CORBA Messaging – AMIとQoS (サービス品質)管理
  • Corbalocとcorbaname URLのサポート
  • インターフェイスレポジトリ
  • 実装レポジトリ

カスタム転送プロトコル

OpenFusion RTOrb Adaのサポート:

  • IIOP (TCP/IP)
  • MIOP (Multicast Inter ORB Protocol)
  • SHMIOP (共有メモリ)

フルサポートサービス

OpenFusion RTOrb Adaは以下のカスタム転送プロトコルをサポートします。

  • IIOP (TCP/IP)
  • MIOP (Multicast Inter ORB Protocol)
  • SHMIOP (共有メモリ)

パフォーマンスを効率化する追加ツール

OpenFusion RTOrb Adaには以下の機能が含まれます。

  • リクエストと返信のコンテンツを表示するデバッグユーティリティ
  • サポートされるすべてのプラットフォームで64ビット整数をサポート
  • ハイパフォーマンス設計
  • Ada CORBA Services (COS)のサポート - ORBにバンドルされたネーミングサービスとイベントサービス、オプションサービスの通知
  • 予測可能な動作とリアルタイムのQoSをエンドツーエンドで提供するCORBA Real-time Specificationをサポート

Ada Editionの利点

追加のツールとサポート

追加のツールとサポート

OpenFusion RTOrb AdaにはCORBA 3.0 ORBとRT CORBA v1.2のサポートが含まれます。CORBA Object Services (Naming ServiceとEvent Serviceをバンドル)を追加することも可能です。

完全な相互運用性

完全な相互運用性

Ada言語のバインディングは、OMGのIDL-to-Ada言語マッピング仕様に基づいています。POAフル実装、マルチスレッドサポート、超高速ANY、ORBの相互運用性(OpenFusion RTORB Java Edition、TAO、JacORBなど)が含まれます。

その他のメッセージング

その他のメッセージング

Adaには、CORBA Messagingの実装が含まれており、この実装にはリクエストのタイムアウト、SyncScope、リバインドポリシーのほか、完全なAMI (Poll/Async)が含まれています。

release-rel-2022-9-2-7953 | Wed Sep 14 16:06:11 PDT 2022
7953
release/rel-2022-9-2-7953
Wed Sep 14 16:06:11 PDT 2022
AWS