Your browser is not supported

For the best experience, use Google Chrome or Mozilla Firefox.

Orbacus

特長

ソースコードの可用性

Orbacusは、開発中に潜在的問題を診断するためにソースコードの可用性がもたらす透過性を必要とする本格的な開発者を対象としています。

 

フットプリントの削減

アプリケーション内で使用したい製品機能を選び、アプリケーション内で用いられている特定のフラグおよび最適化と合わせてOrbacusをコンパイルします。必要な機能だけをコンパイルすることで、アプリケーションのフットプリントを小さくします。

 

アプリケーションの微調整

アプリケーションのデバッグを支援する「デバッグビルド」を作成します。デバッグビルドにはCORBAアプリケーションの微調整に役立つ追加の診断ツールが含まれます。

 

環境に合わせて最適化

最適化や追加で選択したコンパイラフラグを、環境に合うようにライブラリに組み込みます。

 

変更への対応

基盤OS内でバイナリー互換性を持たない変更に対応するため、Orbacusとアプリケーションを再構築します。

 

幅広いツール選択肢

より幅広いツールセットから選択可能です。たとえば、GCC 2.95.3、3、3.2、3.3はいずれもAPIの互換性がありません。ソースコードがあれば、使用しているツールセット向けにビルドできます。

 

テンプレートの利用

製品のサービス実装を、実際のCORBAサービスの例として、または独自のアプリケーションとサービスを構築するためのテンプレートとして使用できます。

 

必要とするツールセットの使用

Orbacusのパッチは小さく、電子メールで簡単に送信でき、適用もシンプルなため、開発者がツールセットや特定のOSディストリビューションに縛られることを防ぎます。特定のディストリビューションに縛られることがないため、Linuxなどでアプリケーションを構築しやすくなります。また、Micro Focusでサポートしていないプラットフォームやコンパイラのバージョンへのポーティングも可能です。

 

テクノロジーに後れを取らない

顧客はOSの多様性の広がりやパッチレベルを心配する必要がありません。Orbacusにより、自社のアプリケーションと環境に正確にマッチするインフラストラクチャ構築によって、テクノロジーの早いペースについていくことができます。「次期リリース」日を待つことなく特定のパッチを利用できるため、開発期間がタイトな場合に特に有用です。

 

幅広い言語対応

多くのORBはC++言語のみをサポートしているため、特にクライアントに対し制約がかかる可能性があります。C++のサポートだけでは、開発者には2つ目のJava ORBを別のベンダーから調達してサポートする以外の選択肢はありません。Orbacusは、1つの統合環境の中でC++とJavaのいずれを選択しても迅速な開発、導入、サポートができるよう設計されています。OMGはCORBAアプリケーションの管理の実施方法を標準化していません。

 

CORBAアプリケーションの設定

COBRAアプリケーションの設定や実装リポジトリへのサーバー登録は、CORBA製品が1つか複数かで内容が異なります。たとえば、Orbacus/C++とOrbacus/Javaのアプリケーションを導入するだけの場合、1つの管理手法を知っていれば充分です。しかしTAO(C++)アプリケーションとJacORB (Java)アプリケーションを導入する場合は、2種類の手法を知る必要があります。これは容易ではありません。

 

幅広いプラットフォーム対応

OrbacusはWindowsの各バージョン、Linux、Solaris等の多くのプラットフォームをサポートしています。

 

将来安泰のCORBAへの投資

Orbacusは、Interface Repository, V2.5対応、 Interoperable Naming Serviceの実装を提供しています。Orbixのテレコムロギングサービス、イベントサービス、通知、トレーダーサービスで動作し、いずれもOMG標準仕様に準拠しています。

 

Orbacusの準拠状況

Orbacusは抽象型インターフェイス、固定データ型、値型など、C++とJavaのいずれの言語マッピングにも準拠しています。C++ マッピングでは、Orbacusはreal型の名前空間、例外、モジュールをサポートしています。またサードパーティベンダーのiCMGが、 Orbacus向けにCORBAコンポーネントモデル(CCM)の実装を提供しています。Orbacusユーザーはコンテナランタイム環境と合わせてOMGの標準コンポーネントモデルでプログラミングできます。

release-rel-2021-12-1-7140 | Wed Dec 1 19:20:04 PST 2021
7140
release/rel-2021-12-1-7140
Wed Dec 1 19:20:04 PST 2021