Caliber

Features

Caliber Authorでバージョン、履歴、リレーションシップの影響を追跡

一元管理データベースの付加的な利益を得てお好みの形式で作業しやすさをもって要件を定義します。リレーションシップと優先順位を繁栄する階層とトレーサビリティを使用して要件を描写します。

要件を視覚的にキャプチャ

機能的なワイヤフレームやシミュレーションを作成して、要件を描写します。ストーリーボードを使ってビジネスをキャプチャし、ステップ、決定項目、スイムレーン、アクターを使用してフローを処理します。

将来のアプリケーションをシミュレート

ワーキングアプリケーションを迅速にモックアップするためにワイヤフレーミングとロジックコントロールを使用します。フロー、ステップ、意思決定、画面、カスタムロジックを使用して、アプリケーションと画面のモックアップをキャプチャします。いずれかの要件バージョンを2つ比較して、その違いを表示します。

利害関係者とのコラボレーションを強化

Caliber Reviewは直観的に扱えるインターフェイスをすべての利害関係者に提供し、定義した要件や可視化を表示し、またディスカッションを行うことができます。要件は追跡され、これまでの変更の影響がないことを保証します。

利害関係者の承認を合理化

署名用にロックするまでベースラインを作成して維持します。スレッドになっているディスカッションを要件、シナリオ、あるいはシミュレーション要素に関連させて追跡します。ロックされているどんなベースラインにも電子署名を適用します。

テストケースを自動作成

以前に作成されたシナリオを使用して、システム全体のあらゆるユニークな機能フローを網羅するテストケースを自動的に作成します。Micro Focus Silk CentralはCaliberを統合しているため、テストツールの中からテストケースを作成します。

release-rel-2020-9-3-5233 | Wed Sep 30 02:47:58 PDT 2020
5233
release/rel-2020-9-3-5233
Wed Sep 30 02:47:58 PDT 2020