Tomcat組み込み済みRetain

  • Retainには組み込みTomcatが付属しており、そのインストールと使用が必須です。
  • 標準のTomcatインストールが実行されている既存のRetainシステムにインストールした場合は、現行のTomcat接続が削除され、Retain付属の組み込みTomcatがインストールされます。
  • インストール手順は、インストールのセクションを参照してください。

コアシステム要件

  • VMWare ESXとESXiがサポートされますが、各種要件はすべて適用されるため、要件は満たす必要があります。

最小システム要件

  • デュアルコア3GHz以上のプロセッサ
  • サーバーは12GB RAMの空きメモリ
  • Apache 2.2.xまたはIIS
  • サポート対象SQLデータベース
  • Java Development Kit (JDK) 1.8 64-bit
    • ストレージ容量:メッセージングシステムで必要とされるストレージ容量。
      注: Retainシステムには10GB以上の空きディスク容量が必要です。ディスク容量が不足している場合は、メンテナンスモードになります。ストレージ、インデックス、システムに必要な空き容量が20GBを切ると、Retainから警告メッセージが送信されます。メッセージシステムには、最小容量をはるかに上回るストレージスペースが必要です。管理者は、「Estimating Storage Requirements (ストレージ要件の予測)」で最小ストレージスペースの予測手順を確認してください。
  • RAM: メモリの必要量は、Retainシステムの負荷と使用状況によって異なりますが、Javaはサーバーで利用可能なメモリが自動的にチューニングされます。チューニングは、インストールで選択した内容に応じて異なります。システムがRAMのサイズを検出して、自動で次のメモリ量を割り当てます。
    • システムメモリ16 GB未満:
      • 8GB:サーバーおよびワーカー
      • 6 GB:サーバーのみ
    • システムメモリ20GB未満:
      • 12GB:サーバーおよびワーカー
      • 10GB:サーバーのみ
    • システムメモリ20GB以上:
      • 16GB:サーバーおよびワーカー
      • 14GB:サーバーのみ
  • ワーカーのみがインストールされている場合は、メモリは3GBにチューニングされます。

単一サーバー

  • Retainサーバー、Retainワーカー、データベース、インデックスエンジンが同じマシンにインストールされ、アーカイブするアクティブメールボックスは500未満。Retain Message Routerを専用サーバーのDMZにインストールする必要があります。
  • 16~24GBのRAM

リモートデータベース

Retainサーバー、Retainワーカー、インデックスエンジンが同一サーバー、データベースは別のサーバー:

  • 専用Indexサーバー、専用Databaseサーバー、専用Retain Server
    • アクティブメールボックス50,000
    • Retainサーバー用RAM 16GB以上(環境により異なる)
    • 適切なサーバー上のデータベース
    • Retainワーカーはメッセージシステムの各ポストオフィスにリモートインストール
  • アクティブメールボックス500~5,000
    • 12~16 GBのRAM
  • アクティブメールボックス5,000~30,000
    • 16~32 GBのRAM
  • ディスク容量は、アーカイブされる電子メールの数と保持時間によって異なります。保持期間は2年間とし、必要に応じて容量を追加することが推奨されます。ストレージの速度はパフォーマンスの決定要因です。SANおよびローカルストレージを推奨します。NASはサポートされません。

サポート対象のLinuxバージョン

  • SUSE Linux Enterprise Server 15(64ビット)
  • SUSE Linux Enterprise Server 12 SP3 (64ビット)
  • SUSE Linux Enterprise Server 12 SP2 (64ビット)
  • SUSE Linux Enterprise Server 12 SP1(64ビット)
  • SUSE Linux Enterprise Server 12(64ビット)
  • SUSE Linux Enterprise Server 11(64ビット)
  • Open Enterprise Server 11、2015、2018 (64ビット)

注:Retainシステムにはスペース以外も必要です。特にモバイルメッセージデータをアーカイブするシステムでは、小さなファイルを多数保存するために、十分な数のiノードが必要です。SLES 11は、EXT3ファイルシステムのデフォルト設定を変え、修正を行わない限り、大規模なストレージシステムにはSLES 11上のEXT3ファイルシステムは不十分です。制限事項とその解決方法については、「How to setup an EXT3 partition with more iNodes」を参照してください。別のファイルシステムを使用する場合は、XFSファイルシステムを選ぶことで、柔軟にリスクを軽減できます。

サポート対象のWindowsバージョン

  • MS Windows 2016
  • MS Windows 2012 R2 64-bit
  • MS Windows 2012 64-bit
  • MS Windows 2008 (R2) 64-bit
  • PowerShell 3.0以降

サポート対象SQLデータベースサーバー

  • MySQL 5.6xまたは5.7x
  • Oracle 10/11g/12c
  • MS SQL Server 2008 R2、2012、2014、2016
  • PostgreSQL 9
  • MariaDB 10.x

ポート使用

  • Retainでは、各種コンポーネント間の通信や異なるアーカイブシステムとの通信に多くのポートが使用されます。デフォルトでは、Retainは以下のポートとサービスの組み合わせを使用します。

Retainサーバー

  • RetainサーバーはRetainシステムの主要コンポーネントです。他のRetainプロセスは、デフォルトでポート48080を使用してサーバーと通信します。Retain Serverは、他のコンポーネントの通信設定(SSLポート443など)にかかわらず、常にそのポートをリスンします。
  • 48080 (TCP):Retainサーバーをホストするサーバー外部のサーバー上でRetainプロセスが実行されている場合、受信アクセスが必要です。
  • Reporting and Monitoring ServerコンポーネントがRetainサーバーをホストするサーバー外部のサーバーにインストールされている場合は、送信アクセスが必要です。この記事の「レポーティングとモニタリング」を参照してください。
  • 48009 (TCP):AJP (Apache JServ Protocol)ポートがWebサーバーとTomcatとの通信に使用されます。いずれも同一サーバー上に存在するため、外部ポートアクセスは不要です。80/443 (TCP–HTTP/HTTPS):サーバーWebインターフェイスに到達する受信アクセスが必要です。
  • 25 (TCP):Retainサーバーがサーバーエラー、ジョブのステータスとエラーをメールで通知するために送信アクセスが必要です。Database Management System (DBMS) ポートへの発信アクセス。使用するデータベースシステムによって異なります。このページの「データベース管理システム」のセクションを参照してください。
  • 使用するモジュールに応じて、Retainサーバーのホストサーバーの他のポートも開く必要があります。

Retainワーカー

  • Retainワーカーは、電子メールシステム、ソーシャルメディアアプリケーション、モバイルデバイスなどのメッセージングソースからデータを収集します。
  • 48080 (TCP):Retainサーバー外部のサーバー上の場合は、送信アクセスが必要です。
  • 80または443 (TCP HTTPまたはHTTPS):ワーカーWebインターフェイスに到達する受信アクセスが必要です。
  • 使用するモジュールに応じて、Retainサーバーのホストサーバーの他のポートも開く必要があります(Retainでアーカイブされるメッセージングシステムのホストサーバーなど)。

Retain Reporting and Monitoring Server

  • このプロセスはRetain v3.4の新機能で、アーカイブジョブと、サーバーのレポーティングおよびモニタリングサービスを提供します。デフォルトではインストールされないため、インストールプロセスで選択する必要があります。
  • 48080 (TCP):Retainサーバー外部のサーバー上の場合は、受信アクセスと送信アクセスの両方が必要です。
  • 80/443 (TCP):R&MサーバーのWebインターフェイスに到達する受信アクセスが必要です。
  • 25 (TCP):Retainサーバーの外部のサーバーで実行されている場合は、送信アクセスが必要です。

Retain Stubbing Server

  • Retain Stubbing Serverは、Retainサーバーにスタビングサービスを提供するコンポーネントです。お客様が使用またはインストールすることは稀です。メリットとデメリットについては、管理およびユーザーガイドを参照してください。
  • 48080 (TCP):Retainサーバー外部のサーバー上の場合は、送信アクセスが必要です。
  • 80/443 (TCP):Stubbing ServerのWebインターフェイスに到達する受信アクセスが必要です。

データベース管理システム

  • データベース管理システムで使用されるデフォルトポートは、以下のとおりです。これらは、システム内で設定が可能です。データベースサーバーの受信アクセスとRetainサーバーの送信アクセスが必要です。
  • MySQL:3306
  • MS SQL:1433
  • Oracle:1521
  • PostgreSQL:5432

サポート対象の電子メールシステム

  • 443 (TCP):送信アクセスが必要です。Retainは、Office 365との接続にSSLを使用して、Retainへのユーザーログインを認証します。
  • 80/443 (TCP):ソーシャルメディアプロキシサーバーアプライアンスのRetainへの送信アクセスが必要です。Retainは、http接続と要求を「バンドル」します。この記事の「Retain for Social Media(RSM)プロキシサーバーコンポーネント」を参照してください。

Micro Focus GroupWiseの要件

  • 7191 (TCP):Retainサーバーがアドレス帳をダウンロードできるように、送信アクセスが必要です。これはGroupWise POAsが使用するデフォルトのSOAPポートです。設定可能で、GroupWiseのPOAエージェント設定により異なります。
  • GroupWise 8.01以降(8.01、2012、2014、2014R2、18)。
  • SOAPポートは、メッセージをスキャンするために、すべてのPOAで有効にする必要があります。
  • SSLはサポートされていますが、パフォーマンスに多大な影響を及ぼします。

Microsoft Exchangeの要件

  • Worker Serverに80 / 443 (TCP HTTP/HTTPS)。送信アクセスが必要です。自動検出プロセスは、CASサーバーへのhttpsを使用して、Exchangeメールボックスへの接続を試みます。接続に失敗すると、最終手段としてポート80を使用。Exchange、自動検出、EWSが適切に設定されていれば、ポート443以外は不要。
  • 3268または3269 (TCP)。送信アクセスが必要です。グローバルカタログホストへのLDAPルックアップにこれらのポートの1つを使用します。このホストはActive Directoryの主要データベースサーバーです。
  • ポート3268をプレインテキストに、ポート3269をSSLに使用(推奨)。
  • 53 (UPD)。送信アクセスが必要です。DNSで使用されるポートです。Retainは、自動検出プロセスでDNS検索を実行。
  • Exchange Server 2013
  • Exchange Server 2016

G Suite Module

  • 443(TCP):サーバー(アドレス帳同期)とワーカーの送信アクセスが必要です(アーカイブにはGmail APIを使用します。使用できない場合はIMAPに戻るため、以下に示すとおりポート993が必要です)。
  • 993 (TCP)。ワーカーのみ送信アクセスが必要です。特定の状況下では、Gmailから電子メールを要求する場合に、WorkerはSSLからIMAPの使用に移行する可能性あり。

モバイル要件

  • 80/443 (TCP):RetainサーバーとMessage Router間でデバイス構成情報を通信するために受信アクセスと送信アクセスの両方が必要です。この記事の「Retain Message Router」と「Retainワーカー」のモバイル項目を参照してください。この記事の「Retain Message Router」も参照してください。
  • 111/2049 (UDP/TCP)、NFSサーバー用:ワーカーがメッセージルーターサーバー上にない場合は、メッセージルーターがワーカーのサーバーにログを保存するための受信アクセスが必要です。Sambaを使用可能。ただし、NFSの方が信頼性が高い。
  • NFSを正しく機能させるために他のポートが必要になる場合があります。

RetainServiceアプリAndroid要件

  • Lollipop(5.0)またはそれ以降

CellTrust secureline

  • CellTrust Gateway 4.2.0+

BlackBerryの要件

  • BES 5.04、10、10.2、12、12.2
  • BBM Enterprise

CellTrust Secureline

Retain Message Router

  • Message Routerは、Retain for Mobileモジュールの利用時に使用します。Message Routerはモバイルデバイスに接続して、SMSメッセージログの転送およびBBMPデバイスの設定を行います。通常はDMZに属します。
  • 443 (TCP):インターネットとの受信アクセスと送信アクセスの両方と、Retainサーバーとの受信アクセスと送信アクセスが必要です。
  • 111/2049 (UDP / TCP) は、NFS Clientサービスで使用。(RESTを使用しない場合にのみ必要) ワーカーがMessage Routerサーバー上にない場合は、ワーカーのサーバーにログを保存するための発信アクセスが必要です。Sambaを使用可能。ただし、NFSの方が信頼性が高い。

サポート対象ブラウザー:

  • Internet Explorer 10+ (注:Microsoft社がIE10のサポートを2016年1月12日に終了して以降、RetainによるIE10のサポートは限定されています)
  • Firefox 34以降
  • Chrome 39以降

サポート対象のソーシャルプラットフォーム

公開ソーシャルメディアチャネル:
  • LinkedInページとアカウント
  • Facebookページとアカウント
  • Twitterアカウント*と検索
  • Flickr(RSS経由)
  • Instagram
  • Google+アカウント、ページ
  • Google+ Tumblr(RSS経由)
  • Reddit(RSS経由)
  • YouTubeチャンネル
  • Pinterest(RSS経由)
  • 汎用RSSフィード
エンタープライズソーシャルネットワーク / CRM:
  • Microsoft Yammer
  • IBM Connections
  • Sales Force Chatter
  • Sales Force Communities
  • Salesforce CRM
  • Slack
  • Facebook Workplace
ソーシャルモバイルハブ:
  • WhatsApp
  • WeChat
エンタープライズソーシャルハブ:
  • Cisco Jabber
  • Salesforce CRM
  • SharePoint(ニュースフィード)
  • SharePoint –O365(ニュースフィード、ブログ、ドキュメント、ディスカッション)
  • Skype for Business O365
  • Skype for Business on premises
ソーシャルメディア管理ツール:
  • GrapeVine6
  • Sprinklr
  • Hootsuite
  • DS SMG APIにアクセスするその他のツール
  • Brainshark
  • Salesforce Marketing Cloud
  • Adobe Social
release-rel-2019-10-2-2896 | Wed Oct 16 03:58:53 PDT 2019
2896
release/rel-2019-10-2-2896
Wed Oct 16 03:58:53 PDT 2019