Your browser is not supported

For the best experience, use Google Chrome or Mozilla Firefox.

Service Request Center

特長

  • サービスリクエスト専用ワンストップインターフェイス

    サービスリクエスト専用ワンストップインターフェイス

    直感的な「購入」体験によるセルフサービスITリクエストポータルをセットアップできます。WebベースのService Request Centerにより、ユーザーはITサービスを見つけてリクエストし、インシデントを提出してナレッジベースの記事をレビューできます。

    サービスリクエスト専用ワンストップインターフェイス
  • エンタープライズサービスカタログによるITサービスの促進

    エンタープライズサービスカタログによるITサービスの促進

    事前設定済みのサービスリクエストのスターターパックにより、ソリューションの導入と同時にプロフェッショナルレベルの機能的なサービスカタログを作成できます。事前に設定されたリクエスト(新規採用、電話の設定、ネットワークアクセス、バッジアクセスなど)には、送信フォームと、リクエストに対する履行に必要なワークフローが含まれます。

    エンタープライズサービスカタログによるITサービスの促進
  • ITIL v3リクエスト処理による迅速な自動サービス配信

    ITIL v3リクエスト処理による迅速な自動サービス配信

    サービスリクエストとインシデントを別々に管理できるInformation Technology Infrastructure Library (ITIL) v3要求履行プロセスにより、ユーザーリクエストの実行を迅速にします。プロセスは優先度に合わせて簡単にカスタマイズ可能です。ユーザーはいつでも進行状況を追跡でき、ユーザーの満足度が向上するほか、IT部門のサポートの需要が減ります。

    ITIL v3リクエスト処理による迅速な自動サービス配信

エンタープライズサービスカタログ

サービスを便利なカテゴリにまとめて整理し、エンタープライズサービスカタログとして発行することができます。ユーザーがカタログを参照してサービスや製品の注文をすることにより、一般的な問題の解決方法を見つけることができます。また、要求チケットを送信したり、公開された要求の進行状況をトラッキングしたりすることができるほか、ナレッジベースを検索して関連トピックの自動提案を受信できます。

 

カスタムサービスを容易に作成

Service Request Centerにより、見つけやすいようにサービスカタログ内に独自のカスタムサービスを簡単に定義して整理することができます。サービスの公開先を選択したグループだけに限定することもできます。この場合、ユーザーは許可されたサービスのみを見ることができます。

 

統合されたナレッジベースによるヘルプデスクへの問い合わせの削減

情報リポジトリを作成し、ユーザーやIT担当者などが問題の解決に利用できます。Service Request Centerには、ユーザーが提出したインシデントやリクエストに関連するトピックを自動的に検索するナレッジベースが含まれています。

 

ナレッジベースによりコミュニケーションを向上

インシデントおよび問題の解決方法をナレッジベースの記事として投稿できます。また実装日がスケジュールされた際に告知としてリクエストセンターにIT変更要求を投稿できます。

Service Support ManagerおよびService Request Center 5.3の新機能

新しいService Request Center (SRC)のテーマ
新しいService Request Center (SRC)のテーマ

更新された最新スタイルの新しいテーマがSRCに追加されました。

モバイルサポートがデフォルトで有効(設定なしですぐに使用可能)
モバイルサポートがデフォルトで有効(設定なしですぐに使用可能)

Service Support Manager (SSM)のモバイルサポートをデフォルトで使用できるようになりました。

ナレッジセンターの添付ファイルサポート
ナレッジセンターの添付ファイルサポート

エンドユーザーが閲覧できるナレッジセンターの記事にファイルを添付できるようになりました。

モダンなフォーム
モダンなフォーム

SSMにモダンなフォームを導入しました。これにより、さまざまな画面サイズ向けのレスポンシブフォーム、要求されたフィールドへの簡単なナビゲーション、拡張セクションへの迅速なアクセスといった高度な機能を実現します。

Release Control (RLC) (6.2)による変更管理の統合
Release Control (RLC) (6.2)による変更管理の統合

RLC 6.2と連携して自動的にリリースパッケージに変更を追加するように変更管理プロセスアプリを設定できます。

release-rel-2021-7-2-6526 | Thu Jul 15 02:53:30 PDT 2021
6526
release/rel-2021-7-2-6526
Thu Jul 15 02:53:30 PDT 2021