Storage Manager for ADはFile Dynamicsに 詳細
Storage Manager for ADはFile Dynamicsに

Storage Manager

Micro Focus Open Enterprise Serverネットワークの自動ユーザー/グループファイルシステム管理。

Storage Manager
実行に移せるポリシーを通して、Open Enterprise Serverネットワークファイルシステムのユーザーとグループのストレージを管理します。
ファイル管理タスクを自動化
ファイル管理タスクを自動化

ユーザーおよびグループホームフォルダのプロビジョニング、権限設定、ディスククォータの設定、ホームフォルダの名前の変更などを自動化することで、コストと時間を削減できます。詳細については、こちらをご覧ください。

保存データへの安全なユーザーアクセス
保存データへの安全なユーザーアクセス

アイデンティティベースのポリシーにより、ユーザに許可されたファイルだけが表示されるように確実かつ自動的に制御できます。詳細については、こちらをご覧ください。

IAMシステムの機能を拡張
IAMシステムの機能を拡張

アイデンティティとアクセス管理(IAM)システムの役割ベースのアプリケーションアクセスを拡張して、ユーザーストレージのプロビジョニングとアクセスを含めます。詳細については、こちらをご覧ください。

さらに探求する。もっと深く知る。

  • ファイル管理タスクを自動化

    ファイル管理タスクを自動化

    ファイル管理タスクを自動化

    ファイル管理タスクを自動化

    Storage Managerは、Storage Managerポリシーで設定した仕様に沿って管理します。ディレクトリコンテナまたはグループに、ユーザーのネットワークストレージのプロビジョニング、管理、クリーンアップの方法に関するポリシーを作成できます。ポリシー作成の際に1回指定するだけです。次に、特定の「イベント」がディレクトリで行われると、ポリシーのルールが実行されます。

    ファイル管理タスクを自動化
  • 保存データへの安全なユーザーアクセス

    保存データへの安全なユーザーアクセス

    保存データへの安全なユーザーアクセス

    保存データへの安全なユーザーアクセス

    アイデンティティベースの製品であるStorage Managerは、ネットワークストレージエリアへのユーザーとグループのアクセスを、ユーザーアイデンティティと役割に基づいて付与、制限します。これにより、ユーザーとグループメンバーは業務の遂行に必要なネットワークフォルダーに確実にアクセスでき、機密ファイルを含むフォルダーへのアクセスは許可されたユーザーのみに限定されます。

    保存データへの安全なユーザーアクセス
  • IAMシステムの機能を拡張

    IAMシステムの機能を拡張

    IAMシステムの機能を拡張

    IAMシステムの機能を拡張

    Storage Managerは、ユーザアカウントをeDirectoryまたはActive Directoryに読み込むすべてのアカウントプロビジョニングシステムまたはアイデンティティ管理システムと連動します。ユーザーオブジェクトがディレクトリに入ると、Storage Managerはすぐにそのオブジェクト(または属しているグループオブジェクト)をポリシーに割り当て、ディレクトリイベントが発生するとポリシーがアクションを開始します。

    IAMシステムの機能を拡張

事例

コラボレーションによる研究開発を可能にするMicro Focus製品ソリューションの一つ、Storage Managerをご紹介。

オランダのこの学校グループがStorage Managerを使用して4万人以上の学生と教員を管理している方法を学んでください。

関連製品

Storage Managerは、ネットワークファイルシステム管理を提供するMicro Focusの製品群の一つです。
release-rel-2021-1-3-hotfix-5713 | Thu Jan 21 09:20:43 PST 2021
5713
release/rel-2021-1-3-hotfix-5713
Thu Jan 21 09:20:43 PST 2021