Your browser is not supported

For the best experience, use Google Chrome or Mozilla Firefox.

特権ユーザーの制御と監視

高度なユーザーアクティビティ監視ツールにより重要な資産のリスクを削減できます。

特権ユーザーのポリシー遵守を確保

特権ユーザーは重要な情報にアクセスできることから、大きな被害につながる可能性があるため、制御と監視は必須です。特権ユーザーの数を最小限にとどめ、アクティビティを監視して被害を抑える必要があります。

必要な機能
重要なシステムへの「ルートアクセス」を制御

重要なシステムへの「ルートアクセス」を制御

アクセスすべきでない人物があなたの知らないうちに重要なシステムやアプリケーションにアクセスする可能性があります。これは、管理用アカウントなどの特権アイデンティティを共有することで発生します。Active Directory、Windows、Linux、UNIXシステムへの特権アクセスを制限することで、リスクを削減できます。

Active Directory管理権限の制限と委任

Active Directory管理権限の制限と委任

Microsoft Active Directoryには、業務に必要なアイデンティティやグループメンバーシップなどの重要な情報が格納されています。ただし、全員に完全なアクセス権限が必要なわけではありません。管理権限を制限し、ディレクトリビューを制限し、業務に必要な権利だけをユーザーに設定します。

重要な資産への変更を監視

重要な資産への変更を監視

対応の必要なタイミングを知るためにはイベントの詳細を提供する高度なユーザーモニタリング機能が必要です。重要な資産への不正アクセスや変更を監視することができます。特権ユーザーが脅威の原因となる変更を行っている場合や、ポリシーに反した行動を取っている場合にアラートを表示します。

特権ユーザーのアクティビティを制限して監視

特権ユーザーのアクティビティを制限して監視

特権ユーザーは、監視されていることを知ることで、よりポリシーに準拠した行動を取る傾向があります。実行可能な内容を制限すれば、さらに安全性を強化できます。特定のコンソールコマンドを監視できるため、すべてのアクティビティを記録して再生することができます。これにより、不審なアクティビティを特定して迅速に対応できます。

お客様事例

Bancomext

関連製品

release-rel-2021-12-1-7140 | Wed Dec 1 19:20:04 PST 2021
7140
release/rel-2021-12-1-7140
Wed Dec 1 19:20:04 PST 2021