COBOL Analyzer

Features

アプリケーションインテリジェンスへのウェブアクセス

COBOL Analyzerは設置面積が要らず、ウェブベースのクライアントにより、開発者がアプリケーション情報に自分のウェブブラウザからアクセスできます。

 ウェブベースクライアントの機能:

  • 完全リポジトリブラウザ(コード内の完全なオブジェクトのリレーションシップマッピング、完全に検索対応)
  • インパクト分析(特定のコード行からバックワード/フォワードのデータフロー分析)
  • コード検索レポート(コード検索セットをファイルのセットに対し実行、結果はVCにエクスポート可能)
  • 一般操作性(ブラウザでコードの色分け、複数タブなど) 
  • 簡単なインストールと設定
インパクト分析

COBOL Analyzerソリューションは、計画されているコード変更イベントにより影響を受ける全コードを特定します。開発者とアナリストはそれを簡単に検証して、コード変更作業を完了させための次のステップを取ることができます。

実用的な情報

COBOL Analyzerはローカル環境で行われた変更の前後、またそのような変更をソースコントロール管理ストリームに投入する前に、継続的にコードを分析する機能を開発者に提供します。

拡張可能なアプリケーションレポジトリ

COBOL Analyzerは、アプリケーション情報とアーチファクトの一元化ストレージ向けの業界標準のリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)の上に構築されています。この分析ソリューションは、Microsoft SQL Server Express、Standard、Enterprise、およびDeveloper版に対応しています。

アプリケーションの視覚化

直観的にわかりやすく、同期の取れた対話形式の視覚化により、経営陣とアナリストはアプリケーションの可視性を確実に得られ、また開発者は非常に複雑なアプリケーションの現在のコード変更アップデートを受け取れます。COBOL Analyzerでは、アプリケーションがインベントリ、依存関係、リレーションシップにどのように適合しているか視覚化するだけでなく、関心のある部分に迅速に移動できるプログラム構造への可視性を提供します。このツールはまた、プログラム、データフロー、ソースモジュール内のアプリケーション変更のインパクトも表示するので、開発者は早い内にアクションを取ることができます。

カスタマイズ可能なコード検索

COBOL Analyzerソリューションには、アプリケーションコード内の重要な点を特定するための一般的なクエリなど、あらかじめ構築されたクエリライブラリが組み込まれています。このようなクエリは完全にカスタマイズ可能で、結果はアプリケーション開発者に共有され、コード変更への可視性を改善できます。内蔵クエリは、コーディングスタンダード、パフォーマンス最適化、検索に関わるコードマイグレーション問題が含まれます。

release-rel-2020-5-1-4412 | Tue May 12 22:32:04 PDT 2020
4412
release/rel-2020-5-1-4412
Tue May 12 22:32:04 PDT 2020