ArcSight Enterprise Security Manager (ESM)

 

有力でオープン、またインテリジェントなSIEM(セキュリティ情報およびイベント管理)に支えられたリアルタイムの脅威検出とレスポンス。
Distribute
Connect

すべてのセキュリティイベントデバイスに接続する業界屈指のデータ収集フレームワークから企業全体の脅威に対する可視性を獲得します。詳細はこちら。

Detect
Detect

脅威の検出となれば、一刻を争います。ESMの有力なリアルタイムの相関性により、既知の脅威を検知する最速の方法を提供します。詳細はこちら。

Play
Respond

脅威に迅速に対応するために備えておくことは、次世代SecOpsには不可欠です。自動応答とワークフロープロセスにより、SOCを効率的に保ちます。詳細はこちら。

Network 1
Integrate

次世代のSIEMは効率良く既存のセキュリティソリューションと統合し、ROIを増大させ、レイヤー構造化分析アプローチをサポートします。詳細はこちら。

もっと深く知る。さらに探究する。

  • Connect
    接続

    Connect
    接続

    ArcSight ESMはセキュリティオープンデータプラットフォームを活用し、スマートコネクターで450種類以上のデータソースに接続してデータを収集、凝集、また一掃し、セキュリティ分析に送る前に集計して整えることができます。ESMがデータを構築することで、データはもっと便利になり、コスト効率も向上します。また拡張可能なため、データの増加を心配する必要はありません。

    今やArcSight ESMが搭載されたセキュリティオープンデータプラットフォームでADPを置き換えます。
  • Detect
    検出

    Detect
    検出

    リアルタイムの相関性により既知の脅威を検知してエスカレートする最速の方法が提供されます。ArcSightは誰よりも首尾よくこれを行うことができます。インテリジェンスフィード、分散型の相関、カスタマイズ可能なルールセット、レイヤー構造化分析、コミュニティコンテンツ、またアクティベートフレームワークに支えられ、ArcSightは組織が面するあらゆるSIEM使用事例に、どれだけ複雑であっても、適応して取り組んで備えます。

    リアルタイム相関により促進されるSIEM

  • Respond
    レスポンス

    Respond
    レスポンス

    SOCの素早い効率的な脅威レスポンスを実現します。ArcSightにより、シンプルでも複雑でも自動化されたレスポンスをすぐに利用でき、オンデマンドあるいは特定のアラートによりこれをトリガーすることができます。追加のレスポンスが必要な場合には、レポートバックを受けることも可能です。これに加え、ArcSightは最先端のSOARや、ATAR LabsやServiceNowといったデジタルワークフローソリューションとも統合することができます。

    Respond
  • Integrate
    統合

    Integrate
    統合

    ArcSightのオープンアーキテクチャにより、Interset UEBA、ArcSight Investigate、および当社のさまざまなArcSightパートナーなど、既存のセキュリティ分析ソリューションにてデータ、インサイト、アラートの交換が実現します。このレイヤー構造化分析アプローチが、誤検出を少なく、有益なアラートを増やしながら、効率的なSOCを目指して、ESMでより効果的な脅威検知を実現するために役立っています。

    次世代SOCでレイヤー構造化分析

ケーススタディ

ArcSightはOTとITの高性能なSOCマージをサポートし、無類のセキュリティインテリジェンスと分析を実現します。

お客様事例を読む

ArcSightセキュリティソフトウェアによりDNeX社は、有力な脅威検知機能と迅速な応答時間でもってリーンな次世代SOCを運用しています。

お客様事例を読む

MSSPとして、Proficio社はクライアントをセキュリティの脅威からすぐに(そして正確に)保護しなければなりません。ArcSightのSIEMがこの課題に不可欠です。

お客様事例を読む
`
release-rel-2020-5-2-4497 | Thu May 28 12:30:11 PDT 2020
4497
release/rel-2020-5-2-4497
Thu May 28 12:30:11 PDT 2020