Voltage SecureData Enterprise

Voltage SecureData

機密データがどこを流れていようと安全を確保: オンプレミス、クラウド、ビッグデータアナリティクスプラットフォームでも。

Voltageの暗号化により、データのプライバシー保護を敷き、侵害を制圧するだけでなく、安全なデータの使用を通してビジネス価値を促進します。
ハイブリッドなITの全体でデータを保護
ハイブリッドなITの全体でデータを保護

クラウドの利点を得ていても、データがどこに流れていても完全に安全な作業負荷と恒常的な暗号化により、「重要な」アセットやキーのコントロールを維持します。詳細はこちら

安全なビッグデータ分析
安全なビッグデータ分析

SecureDataは、リアルタイムの分析などビッグデータの使用事例で機密データを暗号化し、より早くインサイトを得るためにデータへのアクセスを向上させることができます。詳細はこちら

ソースで暗号化し、ほぼ複合化なし
ソースで暗号化し、ほぼ複合化なし

ギャップなく、複合化を必要とせず、またパフォーマンスのオーバーヘッドもなく、安全に企業内をフローする暗号化データで動作するビジネスアプリケーション。詳細はこちら

データプライバシーコンプライアンスの簡素化
データプライバシーコンプライアンスの簡素化

Voltageの暗号化と匿名化により、個人のプライバシーを提供し、顧客の信用を確立するだけでなく、GDPR、CCPA、HIPAAに対処します。詳細はこちら

PCI監査の範囲とコストを削減
PCI監査の範囲とコストを削減

Voltage Secure Stateless Tokenizationによりクレジットカードデータのストレージを排除し、侵害のリスクを減らすだけでなく、PCI DSSの監査範囲とコストを85%までカットします。詳細はこちら

ディスカバリ、分類、そして保護
ディスカバリ、分類、そして保護

Data Privacy Managerは、構造化データのディスカバリや分類から、暗号化やレポート作成まで、データライフサイクルを通してプライバシーを実現します。詳細はこちら

新しいCCPAコンプライアンス要件に直面していますか?

プライバシーなしでもセキュリティは確保できますが...セキュリティなしではプライバシーは確保できません!
データのライフサイクル管理と保護がビジネスドライバーになる理由を学びましょう。 規制の進化に合わせて適応するエンドツーエンドのフレームワークを採用しましょう!

今すぐ確認しましょう ›

さらに探求する。 もっと深く知る。

  • ソースで暗号化し、ほぼ複合化なし

    ソースで暗号化し、ほぼ複合化なし

    ソースで暗号化し、ほぼ複合化なし

    ソースで暗号化し、ほぼ複合化なし

    Voltage SecureDataは業界の広範囲のプラットフォームとシステムに対応しており、柔軟な実装を行え、あらゆる言語、あらゆる地域の構造化データタイプの暗号化を備えています。 セキュリティサーバーとクライアントはアプリケーション、データ、およびデータストアのデータライフサイクル全体でエンドツーエンドの保護の相互運用を実現します。

    アプリケーションと分析におけるデータ中心の保護

事例

Epicorは、Voltage SecureData決済システムにより数千軒もの中小小売業と、そこで扱われるクレジットカードデータすべての安全を確保しています。

Allegiant Travel Company社にとって、Voltageは状況を革新的に変えるデータセキュリティソフトウェアの役割を担い、旅行者のデータを保護して事業利益の順調な増加を促しています。

関連製品

Voltageは構造化・非構造化のどちらの機密データも暗号化し、セキュア分析、クラウドワークロード、およびコラボレーションによりビジネスバリューを促進しながらデータプライバシーと侵害対策を実現します。
release-rel-2020-10-1-5313 | Wed Oct 14 18:06:08 PDT 2020
5313
release/rel-2020-10-1-5313
Wed Oct 14 18:06:08 PDT 2020