LoadRunner Cloud

非常に拡張可能性の高いクラウドベースのウェブとモバイル用のパフォーマンステスト

インフラストラクチャの展開や管理の必要なく、パフォーマンステストを計画、実行、拡張しやすいクラウドベースのテストソリューション。
Extreme scalability
非常に高い拡張性

LoadRunner Cloudは非常に大きく拡張可能で、負荷テストソリューションを500万以上の仮想ユーザー負荷テストへと簡単に拡張することができます。詳細はこちら。

Reduce hardware maintenance
ハードウェア保守を削減

クラウドベースのホスティングにより時間とコストを削減します。コントローラや負荷ジェネレータといったインフラストラクチャの維持管理を行う必要はありません。詳細はこちら。

Identify problems faster
問題を迅速に特定

LoadRunner Cloudは予測分析を用いて、幅広いレポート機能とともにリアルタイムで異常や問題を理解するために役立ちます。詳細はこちら。

Virtualize real network conditions
実際のネットワーク条件を仮想化

Integrated Network Virtualizationにより、テスト中の正確なネットワーク状態を適用でき、パフォーマンス問題を発見できます。詳細はこちら。

Leverage integration
統合を活用

開発者はJMeterやGatlingのようなオープンソーススクリプト作成ツールを使用したり、JenkinsやBambooのようなCIシステムを統合したりして、アジャイルサイクルでテストを自動で実行できます。詳細はこちら。

もっと深く知る。さらに探究する。

  • Extreme scalability with cloud-based capabilities
    クラウドベース機能の極めて大きなスケーラビリティ

    Extreme scalability with cloud-based capabilities
    クラウドベース機能の極めて大きなスケーラビリティ

    100%クラウドベースの負荷テストサービスにてテストの計画、実行、拡張を簡単に行え、ウェブやモバイルプロトコルに対応しています。LoadRunner Cloudは、500万超の仮想ユーザーテストまで負荷テストを拡張できます。柔軟なクラウドのセルフドライブテストラボにより、何十、何百もの負荷ジェネレーターが、オンデマンドでものの数分で世界各地の20以上のクラウドリージョンに作成可能です。

    Extreme scalability with cloud-based capabilities

    世界中のクラウドの領域から負荷を発生させて実際に起こり得るシナリオをつくり、負荷テストのときに本当に起こり得るネットワークをエミュレートします。

  • Reduce hardware maintenance
    ハードウェア保守を削減

    Reduce hardware maintenance
    ハードウェア保守を削減

    拡張可能なコントローラと負荷ジェネレータがクラウドにホストされ、インフラストラクチャの管理、インストレーション、設定を簡素化します。必要に応じてオンデマンドで作成されるため、チームはテストインフラストラクチャを管理する時間と労力を使う必要がありません。

    Initialization

    負荷ジェネレーターが、クラウドで初期化可能になります。

  • Identify problems faster through efficient root cause analysis
    効率的な根本原因分析を通して問題を迅速に特定

    Identify problems faster through efficient root cause analysis
    効率的な根本原因分析を通して問題を迅速に特定

    分析によりテスト結果を解釈しやすくなり、アプリケーションのパフォーマンスプロファイルを特定して、軽減オプションを決定します。LoadRunner Cloudは、異なる仮想ユーザー負荷下でのアプリケーションの動作に関する貴重な測定をキャプチャします。以前のテスト実行や既存のテスト実行の複数の測定値をベンチマークにして比較できます。

    Identify problems faster through efficient root cause analysis

    洞察的なダッシュボードは完全なリアルタイムのネットワークの詳細を表し、アプリケーションのパフォーマンスが滞っているところを孤立させ解決します。

  • Virtualize real network conditions
    実際のネットワーク条件を仮想化

    Virtualize real network conditions
    実際のネットワーク条件を仮想化

    テスト中のネットワーク条件を適用してパフォーマンス問題を発見します。スクリプトの編集やテストスケジュールを制限する必要はありません。テスト結果とデータは、分析用にエミュレートされるロケーションに保管されます。負荷ジェネレータは、ユニークなネットワーク条件とユーザーにより、複数のロケーションをエミュレートでき、エンドユーザーの使用体験に影響する実際の条件を作り出します。

    Virtualize real network conditions

    NVアナリティクスレポートは、やりとりの反応にかかる時間を分析し、パフォーマンスの問題があれば最適化する方法を示します。

  • Leverage integration
    統合を活用

    Leverage integration
    統合を活用

    JMeterやGatlingのようなオープンソーススクリプト作成ツールを使用したり、JenkinsやBamboo、AWS Code Pipelineやその他のCIシステムを統合したりして、アジャイルサイクルでテストを自動で実行できます。CIサーバーと統合できるサードパーティツールの豊富な選択肢により、柔軟性を与え、テストと開発チームがビルドごとに実行することができます。

    Screenshot, LoadRunner Cloud, Leverage integration

    Windows、MacOS、LinuxシステムでVirtual User Generator(VuGen)、その他のIDEやツールを用いてWebスクリプトを作成

`
release-rel-2020-4-1-hotfix-4132 | Fri Apr 3 01:44:21 PDT 2020
4132
release/rel-2020-4-1-hotfix-4132
Fri Apr 3 01:44:21 PDT 2020