Your browser is not supported

For the best experience, use Google Chrome or Mozilla Firefox.

LoadRunner Cloud

アジャイルとDevOpsチーム向けの非常に拡張性の高いクラウドベースの負荷テストおよびPerformance Testing

Performance Testingと負荷テストをクラウドで実行できます。インフラストラクチャの導入や管理は不要です。LoadRunner Cloudにより、クラウドでのパフォーマンステストを容易に計画、実行、拡張できます。

高い拡張性

究極のテストの拡張性

LoadRunner Cloudにより、500万以上の仮想ユーザー負荷テストまで負荷テストソリューションを容易に拡張できます。

ハードウェア保守を削減

ハードウェア保守を削減

クラウドベースのホスティングにより時間とコストを削減します。コントローラーや負荷ジェネレーターなどのインフラストラクチャの維持管理を行う必要はありません。

問題を迅速に特定

問題を迅速に特定

LoadRunner Cloudの予測分析による幅広いレポート機能はリアルタイムで異常や問題を理解するために役立ちます。

実際のネットワーク条件を仮想化

実際のネットワーク条件を仮想化

Integrated Network Virtualizationにより、テスト中の正確なネットワーク状態を適用でき、パフォーマンス問題を発見できます。

連携の活用

連携の活用

開発者はJMeterやGatlingなどのオープンソーススクリプト作成ツールを使用できるほか、JenkinsやBambooのようなCIシステムを統合することによりアジャイルサイクルでテストを自動で実行できます。

さらに探求する。もっと深く知る。

  • クラウドベース機能の卓越した拡張性

    クラウドベース機能の卓越した拡張性

    クラウドベース機能の卓越した拡張性

    クラウドベース機能の卓越した拡張性

    Webやモバイルのプロトコルをサポートする100%クラウドベースの負荷テストサービスソフトウェアにより、テストを容易に計画、実行、拡張できます。LoadRunner Cloudにより、負荷テストを500万以上の仮想ユーザーテストまで拡張できます。柔軟なクラウドのセルフドライブテストラボにより、世界各地の30を超えるクラウドリージョンで、数分以内に数十から数百のロードジェネレーターをオンデマンドで作成できます。

    クラウドベース機能の卓越した拡張性

    世界中のクラウドの領域から負荷を発生させて実際に起こり得るシナリオをつくり、負荷テストのときに実際に起こり得るネットワークをエミュレートします。

  • 効率的な根本原因分析により問題を迅速に特定

    効率的な根本原因分析により問題を迅速に特定

    効率的な根本原因分析により問題を迅速に特定

    効率的な根本原因分析により問題を迅速に特定

    LoadRunner Cloudの予測分析により、テスト結果を容易に解釈できるため、アプリケーションのパフォーマンスプロファイルを特定して軽減オプションを決定できます。異なる仮想ユーザー負荷の下で自社のアプリケーションがどのように動作するかに関して価値ある指標を取得できるため、過去のテストや実行中の既存のテストのベンチマークと複数の指標を比較できます。

    効率的な根本原因分析により問題を迅速に特定

    直感的なダッシュボードにより完全なリアルタイムのネットワークの詳細を確認できます。アプリケーションのパフォーマンスが停滞している個所を隔離して解決します。

  • 実際のネットワーク条件を仮想化

    実際のネットワーク条件を仮想化

    実際のネットワーク条件を仮想化

    実際のネットワーク条件を仮想化

    テスト中のネットワーク条件を適用してパフォーマンス問題を発見します。スクリプトの編集やテストスケジュールを制限する必要はありません。テスト結果とデータは、分析用にエミュレートされるロケーションに保管されます。負荷ジェネレータは、一意のネットワーク条件とユーザーにより、複数のロケーションをエミュレートでき、エンドユーザーの使用体験に影響する実際の条件を作り出します。

    実際のネットワーク条件を仮想化

    NVアナリティクスレポートは、トランザクションの反応にかかる時間を分析し、パフォーマンスの問題があれば最適化する方法を示します。

  • 連携の活用

    連携の活用

    連携の活用

    連携の活用

    JMeterやGatlingなどのオープンソーススクリプト作成ツールを使用できるほか、Jenkins、Bamboo、AWS Code PipelineなどのCIシステムと連携することによりアジャイルなサイクルでテストを自動実行できます。CIサーバーと統合できるサードパーティツールの豊富な選択肢により柔軟性が得られます。テストと開発チームはビルドの一環としてテストを実行できます。

    連携の活用

    Windows、MacOS、LinuxシステムでVirtual User Generator (VuGen)などのIDEやツールによりWebスクリプトを作成します。

関連製品

オンプレミスでもクラウドでも、あらゆるアプリケーションタイプとプロトコルの継続的なテストが可能なため、アプリケーションの効率性、耐久性、安定性を提供できます。

release-rel-2021-12-1-7140 | Wed Dec 1 19:20:04 PST 2021
7140
release/rel-2021-12-1-7140
Wed Dec 1 19:20:04 PST 2021