LoadRunner Professional

シンプルなプロジェクトベースのパフォーマンス負荷テストソリューションで、迅速にアプリケーションの異常な動作を識別します。

パフォーマンス問題の最も可能性の高い原因を特定するオンプレミスのプロジェクトベースのアプリケーションパフォーマンスと負荷テスト。
Simplified testing
シンプルなテスト実行

非常に幅広い範囲のプロトコルと50種類以上のテクノロジーとアプリケーションの環境のためのパフォーマンステストをサポートします。 詳細はこちら。

Faster testing
Faster testing

特許取得済の自動相関エンジンにより、パフォーマンス問題の最も確実そうな原因を素早く特定します。 詳細はこちら。

Boost confidence
信頼を高める

実際的な負荷の正確なエミュレーションにより、アプリケーションの拡張性と容量を正確に予測します。 詳細はこちら。

Gain cost efficiencies
コスト効率を獲得

一元化されたプロジェクトテストにより、最小限のハードウェアを用いてハイスケールのテストを実行でき、またシームレスにパブリッククラウドを活用してスケールアップもスケールダウンも行うことができます。 詳細はこちら。

もっと深く知る。さらに探究する。

  • Simplified testing
    シンプルなテスト実行

    Simplified testing
    シンプルなテスト実行

    LoadRunner Professionalは、ウェブ/モバイル、ウェブサービス、MQTT、HTML5、WebSockets、RDP、データベース、遠隔端末エミュレーター、Citrix、Java、.NET、Oracle、SAPなど、幅広いアプリケーション環境やプロトコルのパフォーマンステストに対応しています。スクリプトとデバッグのエンジンはデータエクステンションとコレレーションスタジオを活用して、スクリプティングに費やす時間を削減します。

    Simplified testing

    最新のアプリケーション技術とレガシー技術に加え50種以上のテクノロジーに対応。

  • Test faster
    より短時間でのテスト

    Test faster
    より短時間でのテスト

    LoadRunner ProfessionalはIDEを提供して開発環境と統合し、開発者がLoadRunner Professionalエンジンを用いてユニットテストを実行できるようにします。開発者はLoadRunner ProfessionalのスクリプトをIDE内で直接作成でき、アプリケーションライフサイクルの早期段階でパフォーマンステストを実現します。

    Test faster

    スクリプトの維持が簡単に。

  • Boost confidence
    信頼を高める

    Boost confidence
    信頼を高める

    LoadRunner Professionalは実際のビジネスプロセスを再現します。スクリプトは簡単に編集でき、実際のユーザーの行動をエミュレートします。何百から何千もの同時進行する仮想ユーザーをエミュレートし、(しかも最小限のハードウェアで)、どのアプリケーションにも正確な作業負荷を適用し、ビジネスプロセスやトランザクションにおけるエンドユーザーのレスポンス時間を捉え、アプリケーションが要件に適合していることを確実にします。

    Boost confidence

    統合的なネットワーク可視化により、展開前に問題の可能性を見極め、アプリケーションパフォーマンスの向上を促進します。

  • Gain cost efficiencies
    コスト効率を獲得

    Gain cost efficiencies
    コスト効率を獲得

    アプリケーションが実行されている場所に関わらず、プロビジョニング時間が削減され効率を向上させます。クラウドテストを用いて、テストをアプリケーションの需要に合わせるべく素早く拡張し、コストや専用マシンの管理に関わる諸経費を削減します。パブリッククラウドをシームレスに活用してLG'sを展開し、複雑なネットワーク構成なしで、パフォーマンステストのニーズに基づいて拡張します。

    Gain cost efficiencies

    テストが実行されたら結果を生成し、テスト実行後にシステムパフォーマンスを分析。

`
release-rel-2020-4-1-hotfix-4132 | Fri Apr 3 01:44:21 PDT 2020
4132
release/rel-2020-4-1-hotfix-4132
Fri Apr 3 01:44:21 PDT 2020