NetIQ Risk Service

リスクの目前に認証エクスペリエンスを適応

目前のリスクに対して認証エクスペリエンスを適応させます。
Protect against security threats
セキュリティ侵害に対する保護

ハイリスク許可及びリソースリクエストを検知及び対応。詳細はこちら。

Elevate to context-aware security
コンテキスト対応セキュリティへの向上

保護されたリソースへのアクセスリクエストのコンテキストを定義するため、測定基準を集め、評価します。詳細はこちら。

Enable behavioral profiling
行動プロファイリングの適用

Micro Focus Intersetは、正しいレベルのセキュリティを発動するために必要な、行動プロファイリングのためのリスクサービスに重要な測定値を提供します。詳細はこちら。

Gain Zero Trust security
ゼロトラストセキュリティを構築

繰り返してのID検証は、低摩擦な認証しか必要としません。リスクサービスを使用すれば、正しい方法を適用することができます。詳細はこちら。

もっと深く知る。さらに探究する。

  • Protect against security threats
    セキュリティ侵害に対する保護

    Protect against security threats
    セキュリティ侵害に対する保護

    なりすまし詐欺の加害者は、デジタルディフェンスを通り抜ける、より高度な方法を使うようになってきています。NetIQ Risk Serviceは、ハイリスク認証およびアプリケーションアクセスリクエストに対し、リスクスコアが、より高度なID認証が必要だと示した場合に、より強い、または他要素認証を使用することで保護を行います。

    Protect against security threats
  • Elevate to context-aware security
    コンテキスト対応セキュリティへの向上

    Elevate to context-aware security
    コンテキスト対応セキュリティへの向上

    Risk Serviceは統計的な認証とアクセスから、適応する環境へと団体がさらに進化できるようにします。効果的にするため、Risk Serviceはコンテキストに関する測定値を様々なソースから昇華することができます。統合ポイントに加え、アドミニは自分で考え付く独創的な測定値を使用してRisk Serviceを使い始めることもでます。

    Elevate to context-aware security
  • Enable behavioral profiling
    行動プロファイリングの適用

    Enable behavioral profiling
    行動プロファイリングの適用

    なりすまし詐欺に対して最も効果的な防御策は、企業内すべてのユーザーそれぞれの通常の行動を知ることです。この種のベースラインは、Risk Serviceが最も異常かつ不審な行動を見つけることを可能にします。ユーザーと企業の行動分析(UEBA)は、コンテキストベースに対応する環境を構築する次のステップです。

    Enable behavioral profiling
  • Gain Zero Trust security
    ゼロトラストセキュリティを構築

    Gain Zero Trust security
    ゼロトラストセキュリティを構築

    世間がゼロトラストモデルへと移行する中、IT団体は、ユーザーの生産性と顧客満足度を維持するには、リスクベースの認証が必須であることを発見しています。NetIQ Advanced Authenticationのしっかりとした統合を活用して、Risk Serviceは、最高のユーザーエクスペリエンスをお届けしながら、組織が様々な認証方式をアクセスのコンテキストに応じて選ぶことを可能にします。

    Gain Zero Trust security
release-rel-2020-4-1-4118 | Wed Apr 1 02:00:21 PDT 2020
4118
release/rel-2020-4-1-4118
Wed Apr 1 02:00:21 PDT 2020