Retain Social Archiving

Overview

公開ソーシャルメディアチャネル

  • LinkedInページとアカウント
  • Facebookページとアカウント
  • Twitterアカウント*と検索
  • Flickr(RSS経由)
  • Instagram
  • Google+アカウント、ページ
  • Google+ Tumblr(RSS経由)
  • Reddit(RSS経由)
  • YouTubeチャンネル
  • Pinterest(RSS経由)
  • 汎用RSSフィード

エンタープライズソーシャルネットワーク / CRM

  • Microsoft Yammer
  • IBM Connections
  • Sales Force Chatter
  • Sales Force Communities
  • Salesforce CRM
  • Slack
  • Facebook Workplace

ソーシャルモバイルハブ

  • WhatsApp
  • WeChat

エンタープライズソーシャルハブ

  • Cisco Jabber
  • Salesforce CRM
  • SharePoint(ニュースフィード)
  • SharePoint –O365(ニュースフィード、ブログ、ドキュメント、ディスカッション)
  • Skype for Business O365
  • Skype for Business on premises

ソーシャルメディア管理ツール

  • GrapeVine6
  • Sprinklr
  • Hootsuite
  • DS SMG APIにアクセスするその他のツール
  • Brainshark
  • Salesforce Marketing Cloud
  • Adobe Social

Tomcat組み込み済みRetain

  • Retainに組み込みTomcatが付属しており、この組み込みTomcatを使用するにはインストールが必要です。標準のTomcatインストールが実行されている既存のRetainシステムにインストールした場合は、現行のTomcat接続が削除され、Retain付属の組み込みTomcatがインストールされます。インストール手順は、インストールのセクションを参照してください。

コアシステム要件

  • Retainを導入する前に、インストールする場所を決めてください。サポートコンポーネントとコアコンポーネントは、どのプラットフォームにインストールされた場合でも同じ機能を提供します。Retainのコンポーネントは別のサーバーに分散することも、すべて1つのサーバーで実行することもできます。VMWare ESXとESXiがサポートされますが、各種要件はすべて適用されるため、要件は満たす必要があります。
  • Retainの構成方法は複数あり、Retainサーバー、インデックスエンジン、データベースサーバー、必要なリソースの場所などの要件に大きな影響を及ぼします。最終的には、アクティブなユーザー数が、システムに必要とされるリソースを決定します。

最低システム要件

  • デュアルコア3GHz以上のプロセッサ
  • サーバーは12GB RAMの空きメモリ
  • Apache 2.2.xまたはIIS
  • サポート対象SQLデータベース
  • Java Development Kit (JDK) 1.8 64-bit
    • ストレージ容量:メッセージングシステムで必要とされるストレージ容量
    注: Retainシステムには10GB以上の空きディスク容量が必要です。ディスク容量が不足している場合は、メンテナンスモードになります。ストレージ、インデックス、システムに必要な空き容量が20GBを切ると、Retainから警告メッセージが送信されます。メッセージシステムには、最小容量をはるかに上回るストレージスペースが必要です。管理者は、「Estimating Storage Requirements (ストレージ要件の予測)」で最小ストレージスペースの予測手順を確認してください。
  • RAM:メモリの必要量は、Retainシステムの負荷と使用状況によって異なりますが、Javaはサーバーで利用可能なメモリが自動的にチューニングされます。チューニングは、インストールで選択した内容に応じて異なります。システムがRAMのサイズを検出して、自動で次のメモリ量を割り当てます。
    • システムメモリ16 GB未満:
      • 8GB:サーバーおよびワーカー
      • 6 GB:サーバーのみ
    • システムメモリ20GB未満:
      • 12GB:サーバーおよびワーカー
      • 10GB:サーバーのみ
    • システムメモリ20GB以上:
      • 16GB:サーバーおよびワーカー
      • 14GB:サーバーのみ
  • ワーカーのみがインストールされている場合は、メモリは3GBにチューニングされます。

単一サーバー

  • Retainサーバー、Retainワーカー、データベース、インデックスエンジンが同じマシンにインストールされ、アーカイブするアクティブメールボックスは500未満。Retain Message Routerを専用サーバーのDMZにインストールする必要があります。
  • 16~24GBのRAM

リモートデータベース

  • 専用インデックスサーバー*、専用データベースサーバー、専用Retainサーバー
    • アクティブメールボックス50,000
    • Retainサーバー用RAM 16GB以上(環境により異なる)
    • 適切なサーバー上のデータベース
    • Retainワーカーはメッセージシステムの各ポストオフィスにリモートインストール
  • アクティブメールボックス500~5,000
    • 12~16 GBのRAM
  • アクティブメールボックス5,000~30,000
    • 16~32 GBのRAM
  • ディスク容量は、アーカイブされる電子メールの数と保持時間によって異なります。保持期間は2年間とし、必要に応じて容量を追加することが推奨されます。ストレージの速度はパフォーマンスの決定要因です。SANおよびローカルストレージを推奨します。NASはサポートされません。

サポート対象のLinuxバージョン

  • SUSE Linux Enterprise Server 15(64ビット)
  • SUSE Linux Enterprise Server 12 SP3 (64ビット)
  • SUSE Linux Enterprise Server 12 SP2 (64ビット)
  • SUSE Linux Enterprise Server 12 SP1 (64-bit)
  • SUSE Linux Enterprise Server 12(64ビット)
  • SUSE Linux Enterprise Server 11(64ビット)
  • Open Enterprise Server 11、2015、2018 (64ビット)

注:Retainシステムにはスペース以外も必要です。特にモバイルメッセージデータをアーカイブするシステムでは、小さなファイルを多数保存するために、十分な数のiノードが必要です。SLES 11は、EXT3ファイルシステムのデフォルト設定を変え、修正を行わない限り、大規模なストレージシステムにはSLES 11上のEXT3ファイルシステムは不十分です。制限事項とその解決方法については、「How to setup an EXT3 partition with more iNodes」を参照してください。別のファイルシステムを使用する場合は、XFSファイルシステムを選ぶことで、柔軟にリスクを軽減できます。

サポート対象のWindowsバージョン

  • MS Windows 2016
  • MS Windows 2012 R2 64-bit
  • MS Windows 2012 64-bit
  • MS Windows 2008 (R2) 64-bit
  • PowerShell 3.0以降

サポート対象SQLデータベースサーバー

  • MySQL 5.6xまたは5.7x
  • Oracle 10/11g/12c
  • MS SQL Server 2008 R2、2012、2014、2016
  • PostgreSQL 9
  • MariaDB 10.x

使用中のポート

  • Retainでは、各種コンポーネント間の通信や異なるアーカイブシステムとの通信に多くのポートが使用されます。デフォルトでは、Retainは以下のポートとサービスの組み合わせを使用します。

Retainサーバー

  • RetainサーバーはRetainシステムの主要コンポーネントです。他のRetainプロセスは、デフォルトでポート48080を使用してサーバーと通信します。Retain Serverは、他のコンポーネントの通信設定(SSLポート443など)にかかわらず、常にそのポートをリスンします。
  • 48080 (TCP):Retainサーバーをホストするサーバー外部のサーバー上でRetainプロセスが実行されている場合、受信アクセスが必要です。
  • Reporting and Monitoring ServerコンポーネントがRetain Serverのホストサーバーの外部のサーバーにインストールされている場合は、サーバーに発信アクセスが必要です。この記事のレポーティング&モニタリングコンポーネントの項も参照してください。
  • 48009 (TCP):AJP (Apache JServ Protocol)ポートがWebサーバーとTomcatとの通信に使用されます。いずれも同一サーバー上に存在するため、外部ポートアクセスは不要です。80/443 (TCP–HTTP/HTTPS):サーバーWebインターフェイスに到達する受信アクセスが必要です。
  • 80/443 (TCP-HTTP/HTTPS):サーバーのWebインターフェイスへの受信アクセスが必要。
  • 25 (TCP):Retainサーバーがサーバーエラー、ジョブのステータスとエラーをメールで通知するために送信アクセスが必要です。Database Management System (DBMS) ポートへの発信アクセス。使用するデータベースシステムによって異なります。このページの「データベース管理システム」のセクションを参照してください。
  • 使用するモジュールに応じて、Retainサーバーのホストサーバーの他のポートも開く必要があります。

Retainワーカー

  • Retainワーカーは、電子メールシステム、ソーシャルメディアアプリケーション、モバイルデバイスなどのメッセージングソースからデータを収集するコンポーネントです。
  • 48080 (TCP):Retainサーバー外部のサーバー上の場合は、送信アクセスが必要です。
  • 80または443 (TCP HTTPまたはHTTPS):ワーカーWebインターフェイスに到達する受信アクセスが必要です。
  • 使用するモジュールに応じて、Retainサーバーのホストサーバーの他のポートも開く必要があります(Retainでアーカイブされるメッセージングシステムのホストサーバーなど)。

Retain Message Router

  • Message Routerは、Retain for Mobileモジュールの利用時に使用します。Message Routerはモバイルデバイスに接続して、SMSメッセージログの転送、BBMPデバイスの構成を処理します。通常は、DMZ内に配置されます。
  • 443 (TCP):インターネットとの受信アクセスと送信アクセスの両方と、Retainサーバーとの受信アクセスと送信アクセスが必要です。
  • 111/2049 (UDP / TCP) は、NFS Clientサービスで使用。(RESTを使用しない場合にのみ必要) ワーカーがMessage Routerサーバー上にない場合は、ワーカーのサーバーにログを保存するための発信アクセスが必要です。Sambaを使用可能。ただし、NFSの方が信頼性が高い。
  • NFSを正しく機能させるために他のポートが必要になる場合があります。
  • NFSサービスを正しく機能させるための調査はお客様が行ってください。

Retain Reporting and Monitoring Server

  • このプロセスはRetain v3.4の新機能で、アーカイブジョブと、サーバーのレポーティングおよびモニタリングサービスを提供します。デフォルトではインストールされないため、インストールプロセスで選択する必要があります。
  • 48080 (TCP):Retainサーバー外部のサーバー上の場合は、受信アクセスと送信アクセスの両方が必要です。
  • 80/443 (TCP):R&MサーバーのWebインターフェイスに到達する受信アクセスが必要です。
  • 25 (TCP):Retainサーバーの外部のサーバーで実行されている場合は、送信アクセスが必要です。

Retain Stubbing Server

  • Retain Stubbing Serverは、Retainサーバーにスタビングサービスを提供するコンポーネントです。お客様が使用またはインストールすることは稀です。メリットとデメリットについては、管理およびユーザーガイドを参照してください。
  • 48080 (TCP):Retainサーバー外部のサーバー上の場合は、送信アクセスが必要です。
  • 80/443 (TCP):Stubbing ServerのWebインターフェイスに到達する受信アクセスが必要です。

データベース管理システム

  • データベース管理システムで使用されるデフォルトポートは、以下のとおりです。これらは、システム内で設定が可能です。データベースサーバーの受信アクセスとRetainサーバーの送信アクセスが必要です。
  • MySQL:3306
  • MS SQL:1433
  • Oracle:1521
  • Postgres:5432
release-rel-2020-10-1-5313 | Wed Oct 14 18:06:08 PDT 2020
5313
release/rel-2020-10-1-5313
Wed Oct 14 18:06:08 PDT 2020