Storage Manager

Overview

システム要件

Micro Focus Storage ManagerはNetIQ eDirectoryまたはActive Directoryで実行できます。次の要件は、ディレクトリサービスごとに分類されます。

NetIQ eDirectory:

Micro Focus Storage Manager 5.0 NetIQ® eDirectoryを導入するための、各コンポーネントの最低システム要件は次のとおりです。

エンジン

  • Open Enterprise Server 11 SP3
  • Open Enterprise Server 2015
  • Open Enterprise Server 2015 SP1
  • Open Enterprise Server 2018

注: Micro Focus Storage Managerは現在、Open Enterprise Server 2015、Open Enterprise Server 2015 SP1、およびOpen Enterprise Server 2018で大容量ボリュームとディスククォータサイズをサポートしていません。

イベントモニタ

  • Open Enterprise Server 11 SP3
  • Open Enterprise Server 2015
  • Open Enterprise Server 2015 SP1
  • Open Enterprise Server 2018

エージェント

  • Open Enterprise Server 11 SP3
  • Open Enterprise Server 2015
  • Open Enterprise Server 2015 SP1
  • Open Enterprise Server 2018

注: NetWare® 6.5 Support Pack 2以降からのデータは、ファイル名とフォルダ名に、NetWareのそれ以前のバージョンではサポートされていないUTF8の文字が使用されていることがあります。その可能性が疑われる場合は、これらのプラットフォームをターゲットまたはボールトのパスとして使用しないでください。Micro Focusは、お使いのすべての運用サーバにおいて、最新のサポートパックを適用したプラットフォームのご使用をお勧めします。

管理ワークステーション

  • Windows 10
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2016
Open Enterprise Serverで管理されているストレージのサポート – ソースとターゲット:

完全サポート

  • Open Enterprise Server 11 SP3
  • Open Enterprise Server 2015
  • Open Enterprise Server 2015 SP11
  • Open Enterprise Server 2018

限定サポート

  • NetWare 6.5 SP82
  • Open Enterprise Server 2 SP2
  • Open Enterprise Server 11 SP1
  • Open Enterprise Server 11 SP3

Micro Focus Storage Managerドキュメント

release-rel-2020-9-2-5123 | Tue Sep 15 18:06:14 PDT 2020
5123
release/rel-2020-9-2-5123
Tue Sep 15 18:06:14 PDT 2020