UFT Developer

好みの標準プログラミング言語、IDE、テストフレームワークを選択して、シフトレフト型機能テストを実行します。

最適なIDE、テストフレームワークを用いて、シフトレフト型の自動機能テストを実行します。
Shift-Left and Accelerate Delivery
シフトレフトしてデリバリを加速

好みのIDE、言語、テストフレームワークを使用する開発者向けのシフトレフト型テスト自動化ツールでデリバリを加速します。詳細はこちら。

Enhance Open Source Testing
オープンソースのテストを拡張

オープンソースのテストフレームワークを拡張します。既存のテストに構築でも、新規作成でも、Seleniumの堅牢で再利用できるテストを数分で作成します。詳細はこちら。

Accelerate Test Execution
テスト実行をスピードアップ

オブジェクト識別ツールとパラレルテスト、および記録/再生機能でテスト実行をスピードアップし、コードの品質を向上させます。詳細はこちら。

Eliminate Bottlenecks
ボトルネックを解消

内蔵のサービスシミュレーションによる遅れのない継続テストを実現するため、埋込み型サービス仮想化でボトルネックを取り除きます。詳細はこちら。

Improve Visibility and Reporting
可視性とレポート機能を改善

品質測定と、テスト実行フローの詳細説明を併せたレポート機能を用いて自動テストの可視性を向上させます。詳細はこちら。

Create Efficiencies with Integrations
統合による効率の向上

ライフサイクルの全体でボトルネックを取り除く統合の幅広いエコシステムにより効率を向上させます。詳細はこちら。

もっと深く知る。さらに探究する。

  • Shift-left and accelerate delivery
    シフトレフトしてデリバリを加速

    Shift-left and accelerate delivery
    シフトレフトしてデリバリを加速

    アプリケーションが開発されると同時にテストを作成することで、デリバリと生産性をシフトレフト型のテスト自動化ツールで加速します。最も一般的な技術、言語、IDE、オペレーティングシステム、ソースコントロールマネジメント、継続統合ツールに対応しているため、新しいレベルの生産性とコラボレーションをアジャイルチームとDevOpsチームに一様に提供します。

    Shift-left and accelerate delivery

    EclipseやMicrosoft Visual Studio、IntelliJなど、お気に入りのIDEでテストを作成

  • Enhance open source testing
    オープンソースのテストを拡張

    Enhance open source testing
    オープンソースのテストを拡張

    オープンソースのテストフレームワークを急速拡張します。既存のテストに構築でも、新規作成でも、Seleniumの堅牢で再利用できるテストを数分で作成します。すぐに使えるIDEテンプレートを活用して、Sereniumベースのプロジェクトを開始できます。Selenium WebDriver APIに拡張を構築し、維持しやすい識別子を利用するためにオブジェクトロケーターとObject Identification Centerを追加します。

    Enhance open source testing

    オブジェクト識別ツールでオープンソーステストを拡張します。

  • Eliminate bottlenecks
    ボトルネックを解消

    Eliminate bottlenecks
    ボトルネックを解消

    組込みのサービス仮想化によりボトルネックを解消します。内臓機能による遅れのない継続的なテストを提供し、実際のサービスが利用できなくとも、データアクセスが制限されていようとも、またデータを得ることが難しかったり、サービスが特定のテストに適合しなかったりしても、シミュレートされたAPIと仮想サービスでテストを実行します。

    Eliminate bottlenecks

    内蔵のService Virtualizationにより、サービスの現実的な行動のシミュレーションを作成します。

  • Improve visibility and reporting
    可視性とレポート機能を改善

    Improve visibility and reporting
    可視性とレポート機能を改善

    自動テスト実行の可視性を、品質測定とレポート機能により向上させます。詳細に及ぶテスト実行フローの記述を合わせて、原因分析の最下層まで掘り下げます。各ステップにおけるテスト失敗に関して明確で実用的な理由、スクリーンショット、ブラウザやプラットフォームを選ばずに表示できるHTMLベースのレポートといった詳細を得ることが可能です。

    Improve visibility and reporting

    テスト実行から、詳細に及ぶ実行結果レポートのフィードバックをすぐに獲得します。

  • Create efficiencies with integrations
    統合による効率の向上

    Create efficiencies with integrations
    統合による効率の向上

    オープンソース、サードパーティ、Micro Focusソリューションを備えたUFT Developerの幅広い統合のエコシステムは、複数のテスト戦略に対応し、ボトルネックを解消するだけでなく、ライフサイクル全体の効率を向上させます。アジャイル型開発手法の中で、開発とテストを連携して実行します。

    Create efficiencies with integrations

    統合のエコシステムにより、効率を向上させます。

ケーススタディ

Helsana

UFT Developerにより、「シフトレフト型」企業戦略でテストを自動化し、迅速な継続ソフトウェアデリバリを実現しています。

詳細はこちら
Travelport

開発者とテスト担当者の密な関係を確立させ、アプリケーションが開発されると同時にテストを作成します。

詳細はこちら
Cox Automotive

継続的なテストと継続的な統合に特化して構築されているMicro Focus UFT Developerのメリットを実感しています。

詳細はこちら
`
release-rel-2020-3-2-3995 | Wed Mar 18 12:30:18 PDT 2020
3995
release/rel-2020-3-2-3995
Wed Mar 18 12:30:18 PDT 2020