UFT Mobile

実際のモバイルデバイスとエミュレーターのエンタープライズレベルのエンドツーエンドラボで、チームの生産性を拡大します。

エンタープライズチームがリモートアクセスできる中央オムニプレゼントラボにより、モバイルアプリの開発、デバッグ、テスト、監視、最適化を行います。
Increase team productivity
Increase team productivity

実際のモバイルデバイスとエミュレーターに遠隔アクセスできるエンタープライズラボと管理ゲートウェイにより、オムニチャネルアプリの継続的なテスト実行をサポートします。詳細はこちら。

Accelerate dev and testing velocity
Accelerate dev and testing velocity

遠隔開発、デバッグ、テストを、好みのIDE/ツールやサービス、センサー、インターフェイス、ネットワーク仮想化を用いて行います。詳細はこちら。

Reduce Overall Spend
Reduce overall spend

AppiumやSeleniumといったオープンソースの自動テストツールとの統合により、コストを削減し、技術的な障壁を軽減します。詳細はこちら。

Drive continuous improvement
Drive continuous improvement

Micro Focus UFT OneVuGenBPMを活用して生産を監視することで、可用性と性能を分析します。詳細はこちら。

もっと深く知る。さらに探究する。

  • Increase team productivity
    チームの生産性を拡大

    Increase team productivity
    チームの生産性を拡大

    中央モバイルデバイスラボと管理ゲートウェイが、地理的に分散された開発者やテスト担当者に遠隔アクセス権を提供し、モバイルユーザーのエクスペリエンスの機能性、パフォーマンス、セキュリティなどあらゆる面を評価できるようにします。物理的なアクセスの必要はありません。柔軟な展開と構成モデルにより、デバイスはローカルでも、アズアサービスでもホスト可能です。

    DATA SHEET
    データシート

    UFTモバイル

    CUSTOMER SUCCESS STORY
    カスタマー成功事例

    Croatian Telecom Group

    Increase team productivity

    モバイルデバイスとエミュレーターのラボを構築し、チームは遠隔から予約や制御を行えます。

  • Accelerate dev and testing velocity
    開発とテストの速度を加速

    Accelerate dev and testing velocity
    開発とテストの速度を加速

    テスト担当者と開発者はモバイルデバイスラボに好みのIDEから直接アクセス可能です。物理デバイスをワークステーションに接続したり、追加ツールを使用したりする必要はありません。シミュレートされたAPIやサービス仮想化によりテストを実行でき、実際のネットワーク状況、モバイルセンサー、インターフェイスを仮想化し、またJenkinsといったCIサーバーと統合することも可能です。

    CUSTOMER SUCCESS STORY
    カスタマー成功事例

    Privredna Banka Zagreb

    Accelerate dev and testing velocity

    デバイスを遠隔コントロールし、GPSロケーションやネットワーク速度、指紋認証、その他の一般的なイベントをシミュレートします。

  • Reduce overall spend
    総コストを削減

    Reduce overall spend
    総コストを削減

    オープンソースのテストツールと統合することで、テスト自動化チームはさらなる柔軟性をもって効率良く作業することができるだけでなく、デバイスへのアクセスが向上することで時間やメンテナンスの必要性が削減され、技術的な障害も軽減することができます。権限付与されているユーザーは誰でもデバイスを利用できるため、デバイスをプールでき、また使用率が改善されます。

    FLYER
    パンフレット

    UFT Mobile: Appium(オープンソース)拡張

    Reduce overall spend

    Appium、あるいはUFT Mobileと統合する機能テストツールや性能テストツールを使って、モバイルデバイス上でテストを実行します。

  • Drive continuous improvement
    継続的な改善を促進

    Drive continuous improvement
    継続的な改善を促進

    製品モニタリングを介してモバイルアプリの可用性とパフォーマンスを分析することにより、改善と最適化を継続します。UFT Oneを用いて自動テストを実行してAUTに期待する結果と比較してエラー、不具合、ギャップを発見、VuGenを用いて実際のモバイルユーザーの動作をエミュレート、またBPMを用いてエンドユーザーの実際のモバイルデバイスでのアプリパフォーマンスと可用性を測定します。

    Drive continuous improvement

お客様事例

Garanti Bank
Croatian Telecom Group
Privredna Banka Zagreb
Shanghai OnStarTelematics Co.
release-rel-2020-1-2-3618 | Wed Jan 22 16:58:54 PST 2020
3618
release/rel-2020-1-2-3618
Wed Jan 22 16:58:54 PST 2020