Adaptive Backup and Recovery

ハイブリッドIT全体にわたる予測型データ保護

  • 従来のバックアップでは、ハイブリッドIT環境で進む複雑化や多様化に対処できません。インフラストラクチャ中心のサイロ内での異種のバックアップアプリケーションには、リカバリの時間やデータ損失に加え、予算のリスクがつきまといます。大規模なビジネスの保護には、レガシーインフラストラクチャと最新のインフラストラクチャの両方で標準化された、データ中心型のバックアップが必要です。

    SYNNEX Infotechがバックアップの複雑性を切り崩す

    お客様事例を読む
  • 設定しただけでうまくいくということはもはやありません。すべてのアプリケーションをミッションクリティカルであるとして扱い、チームにサービスレベル契約(SLA)の要求に応えさせることが求められています。チームを自由にし、ビジネスの継続性を推進できるよう、インテリジェントな自動化、直観的な分析および一度のクリックによるアプリケーションリカバリが、生産性システムの予測型SLA管理を提供します。

    RheinEnergie AG社の、SLAにおける自信を分析で向上

    お客様事例を読む
  • サイバー攻撃はもはや可能性の問題ではなく、時間の問題となっています。周辺のセキュリティを確保し、悪意のある行為を検出、対応するだけではもはや十分ではありません。最適な防御には、バックアップをセキュリティ戦略のコア部分に据えることが必要ですが、どのようなバックアップでも良いということではありません。高度なバックアップとリカバリ技術を備えた、プロアクティブでインテリジェントなアプローチが必要です。

    Nebraska Medicine社がマイクロフォーカス(Micro Focus)ソリューションでデータを保護

    お客様事例を読む
データ中心のバックアップ

ビジネスは、バックアップ/リカバリセーフティネットがIT環境の変化に適応するよう求めています。標準的なデータ中心型のバックアップアーキテクチャは、設置場所や環境内での移動方法に関わらず、ハイブリッドITプラットフォーム全体に拡張し、データを透過的に保護することができます。

ディープストレージ層の統合と柔軟な4層のアーキテクチャで、従来のインフラストラクチャを思いのままに使用、配備することができます。
ファイル分析、予測型分析および運用分析は、バックアップ運用に知見を提供し、ストレージのコストとフットプリントを削減して、スマートデータ管理を可能にします。
ディスク、テープ、クラウドのターゲットにわたるストレージの自動階層化 で、データ管理および保管のコストと複雑さが削減されます。
2万のクライアントと80PBのデータが実証する、大規模環境の保護
Data Centric Backup
Predictive SLA  Management
予測型のSLA管理

SLAの追跡は、可用性の要求に自信をもって応えられる唯一の方法です。直観的な分析により、クリティカルなワークロードのSLAを追跡、管理できます。アプリケーションとストレージ階層の密接な統合が、インテリジェントな自動化を提供し、手動による介入やカスタムスクリプトへの依存度を低減し、サービス中断のリスクを減らします。

SLA管理の高度な分析とモニタリングにより、すべてのワークロードのSLAに対する可視性が提供されます。
アラートおよび推奨フレームワークは、SLAを一貫して満たすのに役立ちます。
インテリジェントな自動化に基づく一回のクリック時の復元で、手動プロセスをなくすことができます。
SAP、SAP HANA、Oracle、My SQL、SharePoint、Exchange等のアプリケーションの幅広い統合は、これまでにない規模で正確なSLAをサポートします。
Security Activated Backup

Victims of attacks such as ransomware have two choices – restore data from their backup, or pay. To prepare, your security strategy needs advanced backup capabilities across three key areas: Sophisticated backup security features to ensure the backup application itself; Quick and easy restoration of data should an attack occur in the production environment; and Advanced analytics to identify your data.

Security capabilities including secure peering, in-flight/at-rest data encryption, and centralized command and execution minimize risk associated with breaches such as Man in the Middle attacks.
Centralized system recovery (Bare metal), offsite DR, object copy across disk, tape, cloud, and auto-tiering to a secure cloud target for long term retention minimizes risk and impact of system downtime from attacks such as Ransomware.
Advanced file analytics to understand/classify data and know where vulnerabilities are, eliminate redundant/obsolete information, and prioritize protection for the most critical applications and data.
Security Activated Backup
`
release-rel-2018-12-1-1408 | Sun Dec 9 19:30:12 PST 2018
1408
release/rel-2018-12-1-1408
Sun Dec 9 19:30:12 PST 2018