Micro Focus プレミアムサポート

white-angled
複雑な環境のために実現し得る最高のケアが必要な場合は、Micro Focusプレミアムサポートにお切り替えください。
プレミアムサポートは、製品ライセンスと共にご購入いただいたビジネスサポートを拡張し、ビジネスを理解している指名サポートエキスパートの提供して、最も複雑なハイブリッドソフトウェア環境も最適化し、問題が生じてもすぐに解決するサポートをいたします。
Premium support graphic
現代のビジネスの課題に取り組むためのサポート。それがプレミアムサポートです。
ビデオを見る View Premium Support Flyer
時は金なり。だからビジネスの継続性が何よりも優先されます。

顧客へのサービス可用性を維持する場合、専門家のサポートチームが必要です。Micro Focus Premium Supportでは、ソフトウェア構成を最適化し、ダウンタイムを最小限に抑え、サポートインシデントの結果を迅速に得られる技術サポート人材と戦略的サポート人材の専門家にアクセスできます。

View infographic
Time is money, so business continuity is your first priority.
専門に特化した役立つリソースをご覧ください。
Premium Support Engineers
Premium Support Engineers

Deep technical expertise for rapid incident resolution by a senior support engineer. Three levels of dedication available.

View the Premium Support Engineers Flyers: NSE SSE DSE

Technical Account Manager (TAM)
テクニカルアカウントマネージャー(TAM)

継続的な環境最適化と問題回避。ビジネス継続性のためにソフトウェア環境の最適化にフォーカスしたシニアエンジニア。

 

Enterprise Support Manager (ESM)
Enterprise Support Manager (ESM)

ビジネスを主導してサポートの複雑さを軽減します。オンボーディング、アップグレード、またエスカレートされたインシデントの解決を管理します。

Micro Focusサポートポートフォリオの詳細情報eBookをダウンロード

必要な時に、必要なサービスを確保。

Micro Focusフレキシブルクレジットにより、最も必要としている時に、追加の短期サポート、教育、あるいはコンサルティングサービスを得るために対応可能な方法が提供されます。フレキシブルクレジットは事前の購入、または必要になった時点での購入が可能です。1年以内に、個々のニーズに合うサービスが必要な時に、交換するだけです。

フレキシブルクレジットガイド
フレキシブルクレジットビデオ
フレキシブルクレジットウェブページ

新しいプレミアムサポートポートフォリオのよくある質問と答え

  • 最新情報

    Micro Focusは新しいプレミアムサポートポートフォリオを発表いたしました。以前のFlexCareサポートとプレミアムサポートの提供サービスの最良の部分を取り入れ、ひとつのワールドワイドポートフォリオになりました。

  • それはなぜでしょうか?
    2つの異なるポートフォリオをお客様に提示することの混乱と複雑さを減らし、また多様なニーズにお応えできるよう提供サービスの選択の幅を広げてお客様に提供できるようになります。
  • 変更はいつから有効になりますか?

    新しいプレミアムサポートポートフォリオは、2019年4月1日よりご利用いただけるようになりました。

  • レガシーのFlexCareサポート顧客です。変更になることは何ですか?

    新しいポートフォリオの大人気のFlexCareの提供サービス、次の4種すべてを維持しています。

    • Technical Account Manager(TAM)は、期待している一歩先をゆく技術ガイダンスを継続して提供します。
    • Named Account Support Engineer(NASE)はNamed Support Engineer(NSE)の再ブランディングで、素早くインシデントを解決する深い技術専門性を継続して提供します。  NSEは6件の顧客にサービス対応可能で、顧客あたり年間35件のインシデントを取り扱います。  このパッケージはサポートアカウントマネージャー(SAM)にバンドルして拡張されており、登録、クリティカルな問題のエスカレーション、および四半期ごとのレビューを行います。
    • エンタープライズサービスマネージャー(ESM)はエンタープライズサポートマネージャーからの再ブランディングで、Micro Focus内の支持者として継続的にサービス提供します。  ESMはサポート配信のコーディネート、エスカレーションの管理、インシデントの進捗を積極的に確認、また総合的な製品ポートフォリオのサポートガイダンスを提供します。
    • アカウントジェネラルサポートマネージャーは、戦略的サポートマネージャー(SSM)の再ブランディングです。  SSMはグローバルなコーディネーションを継続して提供し、Micro Focusソフトウェア投資全体の監視をサポートします。  オフィシャルページにこの提供サービスは掲載されていませんが、この提供サービスにご関心があれば、Micro Focus担当者またはパートナーにご連絡ください。

    FlexCare契約顧客への新しい提供サービスをご紹介:

    • ソリューションサポートエンジニア(SSE)はTAMの技術ガイドとNSEの問題解決の専門知識を合わせ、複雑でハイブリッドな環境の総合的な顧客サポートを提供します。  SSEは4件の顧客にサービス対応可能で、年に4日間、顧客の拠点を訪問し、SSEの時間数の最大25%まで無制限でインシデントに対応します。  サポートアカウントマネージャー(SAM)にバンドルされており、登録、クリティカルな問題のエスカレーション、および四半期ごとのレビューを行います。

    専属サポートエンジニア(DSE)は、お客様のサポートにフルタイムで専属し、通常は顧客拠点に直接配置されます。  こちらはMicro Focusが提供する最高レベルのサポートで、Micro Focusへの投資の最大価値を活用して必須のサポート構成を確実にしたい顧客には必須です。

  • レガシーのプレミアムサポート顧客です。変更になることは何ですか?

    新しいポートフォリオの大人気のプレミアムサポートの提供サービス、次の3種すべてを維持しています。

    • Assigned Account Support Engineer(ASE)はNamed Support Engineer(NSE)の名称変更で、素早くインシデントを解決する深い技術専門性を継続して提供します。  NSEは6件の顧客にサービス対応可能で、顧客あたり年間最大35件(最小30件)のインシデントを取り扱います。  サポートアカウントマネージャー(SAM)のバンドルが継続されており、登録、クリティカルな問題のエスカレーション、および四半期ごとのレビューを行います。
    • Primary Support Engineer(PSE)は、Solution Support Engineer(SSE)の再ブランド名です。SSEは技術ガイダンスと問題解決を継続して提供し、複雑なハイブリッド環境の顧客のための総合的にサポートします。  SSEは4件の顧客にサービス対応を継続し、年に4日間、顧客の拠点を訪問し、SSEの時間数の最大25%まで無制限でインシデントに対応します。  サポートアカウントマネージャー(SAM)のバンドルが継続されており、登録、クリティカルな問題のエスカレーション、および四半期ごとのレビューを行います。
    • 専属サポートエンジニア(DSE)は、変更がありません。お客様のサポートにフルタイムで専属します(通常は顧客拠点に直接配置されます)。  こちらはMicro Focusが提供する最高レベルのサポートで、Micro Focusへの投資の最大価値を活用して必須のサポート構成を確実にしたい顧客には必須です。

    プレミアム契約顧客への新しい提供サービスをご紹介:

    • Technical Account Manager(TAM)は、一歩先をゆく技術ガイダンス、サポータビリティ評価、製品計画、最適化を提供し、サポート問題の管理を監視します。
    • エンタープライズサービスマネージャー(ESM)はMicro Focus内の支持者としてサービス提供します。  ESMはサポート配信のコーディネート、エスカレーションの管理、インシデントの進捗を積極的に確認、また総合的な製品ポートフォリオのサポートガイダンスを提供します。
  • 他に何を学ぶべきですか?

    提供サービスについてのご質問は、Micro Focus担当者またはパートナーまでお問い合わせください。  またMicro FocusサポートeBook、プレミアムサポートビデオ、プレミアムサポートウェブページのプレミアムサポートパンフレット詳細も併せてご覧ください。

release-rel-2020-2-2-hotfix-3860 | Thu Feb 27 13:49:08 PST 2020
3860
release/rel-2020-2-2-hotfix-3860
Thu Feb 27 13:49:08 PST 2020