Rumba+ Desktop

The Modern Green Screen

使いやすさ。極めて安全。モビリティを念頭に構築。

Rumba+ Desktop

The Modern Green Screen

使いやすさ。極めて安全。モビリティを念頭に構築。

概要

従来のグリーンスクリーンアプリケーションは、ビシネスロジックが豊富で、高いビジネス価値があります。しかし操作性となると別の話です。扱いにくく古いUIは、現代のユーザーの不満を呼び、生産性に打撃を与えます。通常のモダナイゼーションプロジェクトは、長く複雑で、リスクに惑わされます。しかし、Rumba+ Desktopは安全で効率が良く、費用対効果の高い方法を提供し、デスクトップ、Web、モバイルデバイスなど、時間や場所を選ばないアクセスでビジネス業績を高めます。

  • ホストの接続を確立。 IBM、UNIX、Linux、OpenVMS、HPのホストに接続します。
  • グリーンスクリーンを容易にモダナイズ。 基本のアプリケーションの書き直しや、専門知識を必要とせずに実施します。
  • ホストとIAMを統合。 IAMセキュリティのメリットをホストシステムに簡単に拡張できます。
  • 運用中のデータを暗号化。 最新のSSL/TLS、SSH、FTP、Kerberos技術でデータを保護します。
  • ユーザーの生産性を向上。 ドロップダウンメニュー、グラフ、電話システム、マルチタブ、マルチスクリーンテーブル、ハイパーリンク、Office生産性機能を採用しています。
Distribute
シンプルに保つ

複雑で時間がかかり、エラーに繋がりやすい作業にさようなら。複数の複合グリーンスクリーンを直観的に使いやすいインターフェイスに変えます。根底にあるアプリケーションに変更は加わりません。

Stopwatch 3
効率性を推進

最新式コントロールを用いて合理化された作業環境を構築します。複数のスクリーン間を移動したり、切替えたりする必要はもうありません。

Mobile 3
安全な接続を作る

大多数の貴重なデータに安全措置を執り、セキュリティ層を重ねて規制準拠を推進します。FIPS 140-2検証からSSL、SSH、FTP、Kerberosまで、Rumba+ Desktopで対応します。

Host Access Management and Security Server(MSS)と連携

Screen gear
ホストとIAMの統合

Reflection、Rumba+、またはInfoConnectのエミュレーターをMSSと連携させて、ホストアクセスオペレーションを円滑にして保護します。Security(IAM)システムと連動し、MSSは一元管理サーバーからシームレスに変更をアプリケーション設定とユーザー固有のコンテンツに反映させます。

Motor
一元的な管理

ホストアクセスオペレーションをMSS中央コンソールから管理します。100台以上(あるいは1000台以上)の遠方のデスクトップを容易に安全な囲いの中に置きます。グループまたは役割に基づいてアクセスを許可または拒否します。

Password 1
パスワードを使用せずにセキュリティを強化

ようやく、ご利用のホストをIAMに持ってくることができます。つまり、脆弱な8文字のパスワードを、強力で複雑なパスワードに置き換えることができます。強い認証を実施します。

Rumba+ Desktop製品
Rumba+ Desktop

IBM、UNIX、Linux、OpenVMSホストシステム上のコアアプリケーションにアクセスするための最新環境をユーザーに提供する、革新UI最新化技術による端末エミュレーションソリューション

ご利用中のIAMシステムと連動してInfoConnect、Reflection、Rumba+の端末エミュレーションセッションの一元管理と保護を実施するサーバーソフトウェアです。

ケーススタディ

Allianz

Allianz UKがWindows 7に移行した時、Micro Focus® Rumbaエミュレーターのアップグレードも行ったので、以前の仕事を失うことなく新たな生産性機能を獲得しています。

詳細を表示
REI

Rumbaでメインフレームアクセスを簡素化したアウトドアレジャー用品店です。

詳細を表示
BBVA Bancomer

BBVA BancomerはRumba+ Desktopのサポートを得て、20万名以上のユーザーにオンライン取引サービスを迅速に展開しました。

詳細を表示

メインフレームのパスワードを撤廃

メインフレームの自動サインオンは本当に安定していて、以前よりも安全です。

`

Rumba+ Desktopを今すぐ試用

release-rel-2019-10-2-2896 | Wed Oct 16 03:58:53 PDT 2019
2896
release/rel-2019-10-2-2896
Wed Oct 16 03:58:53 PDT 2019