Your browser is not supported

For the best experience, use Google Chrome or Mozilla Firefox.

Host Access for RPA

メインフレームの自動化ツールにより、メインフレームをRPAテーブルで利用できます

メインフレームのRPAプロジェクトへの統合を成功させるために必要なすべての機能にアクセスできます

自動化

メインフレームのビジネスプロセスの自動化と統合

UIベースまたはAPIベースのインターフェイスを介してホストデータを統合します。スクリーンスクレーピングテクノロジーまたはAPIを使用して、メインフレームのビジネスプロセスを自動化します。詳細はこちら。

統合

メインフレームツールを再利用

使いやすい製品、ツール、インターフェイスを再利用します。Reflection、Rumba、Extra!による自動化の長年の経験を活用しましょう。詳細はこちら。

管理の集中制御

メインフレームデータのオーケストレーション

RPAソリューションを活用してホストデータにアクセスし、重要なビジネスプロセスを自動化します。詳細はこちら。

管理の集中制御

スケーラブルなメインフレームソリューションの構築

拡張が必要ですか? 心配はいりません。Host Access for RPAには、数百または数千のトランザクションをサポートするうえで必要なテクノロジーが含まれています。詳細はこちら。

RPAイニシアティブでメインフレームデータを活用

ホストシステムへのアクセスを自動化

企業全体で、ビジネスの機能に不可欠なその他のホストタイプはありますか? そのデータがどこにあってもプログラムでアクセスできます。詳細はこちら。

RPAおよびメインフレームのユースケース

RPAでビジネスクリティカルなデータを活用

自動化イニシアチブの中でMicro Focus RPA製品とMicro Focus Host Access for RPA製品を組み合わせて、Micro Focus RPAスタック全体を活用します。 詳細はこちら。

さらに探求する。もっと深く知る。

  • 自動化

    メインフレームのビジネスプロセスの自動化と統合

    自動化

    メインフレームのビジネスプロセスの自動化と統合

    メインフレームビジネスプロセスの自動化は、自動化とアプリケーションの統合だけではありません。当社のRPA (Robotic Process Automation)ソリューションは、メインフレームデータにアクセスして、自動化されたプロセスで使用するための2つのアプローチを提供します。スクリーンスクレーピングテクノロジーと、APIを使用したデータの取得です。

  • 統合

    既存のメインフレーム製品、ツール、インターフェイスを再利用

    統合

    既存のメインフレーム製品、ツール、インターフェイスを再利用

    使い慣れている製品、ツール、インターフェイスを再利用できれば、RPAははるかに簡単になります。Reflection、Rumba、Extra!の自動化プラットフォームを使ってきた長年の経験と、.NET、COM、HLLAPI、Webサービスなどの使い慣れたインターフェイスを活用しましょう。

    統合
  • 管理の集中制御

    メインフレームデータのオーケストレーション

    管理の集中制御

    メインフレームデータのオーケストレーション

    Host Access for RPAは、Micro Focus RPAを含む市販のあらゆるRPAプログラムと連携して、重要なビジネスプロセスを自動化するために様々なデータソース間でデータの交換とオーケストレーションでホストデータを使用できるようにします。

    管理の集中制御
  • モダナイゼーション

    スケーラブルなメインフレームソリューションの構築

    モダナイゼーション

    スケーラブルなメインフレームソリューションの構築

    多くのRPAプロジェクトはまだ始まったばかりであり、トランザクションの処理はまだ限界に達してはいません。自動化の需要が高まる中、Webサービスの機能を活用することで、よりスケーラブルなソリューションを構築できます。

    モダナイゼーション
  • RPAイニシアティブでメインフレームデータを活用

    ホストシステムへのアクセスを自動化

    RPAイニシアティブでメインフレームデータを活用

    ホストシステムへのアクセスを自動化

    ほとんどの企業では、重要なデータを格納するサーバーベースのシステムが複数混在しています。ある時点でお客様のRPAイニシアティブでも、拡張を行って、IBMメインフレーム、AS/400 (iSeries、IBM System i ) Unix/Linux (VT/SSH経由)、HPなどのプラットフォーム上のデータへのアクセスを自動化することが必要になる時が来るでしょう。

    RPAイニシアティブでメインフレームデータを活用
  • RPAおよびメインフレームのユースケース

    RPAでビジネスクリティカルなデータを活用

    RPAおよびメインフレームのユースケース

    RPAでビジネスクリティカルなデータを活用

    Micro Focus Host Connectivityソリューションを、Webサービスまたは従来のAPIを介してMicro Focus RPA製品と統合することで、企業はメインフレームアプリケーションに縛り付けられたビジネスクリティカルなデータを、自社のRPAイニシアチブのために活用できるようになります。このアプローチは、コールセンターでの対応作業、新入社員のオンボーディング、銀行の貸出金利の検索、ローンの支払いなど、繰り返しの作業を伴うさまざまなユースケースに役立ちます。

    RPAおよびメインフレームのユースケース

関連製品

release-rel-2021-10-2-7002 | Wed Oct 20 19:44:43 PDT 2021
7002
release/rel-2021-10-2-7002
Wed Oct 20 19:44:43 PDT 2021