エンタープライズアプリケーションのモダナイズ、DevOpsの実践によるデリバリーの加速、およびハイブリッドITインフラストラクチャ全体へのセキュアなデプロイメントモデルの採用により、ビジネスバリューを解放

組織の生命線であるコアビジネスアプリケーションがCOBOLベースであることは珍しくありません。競争の激しいデジタル環境で成功するということは、コアビジネスプロセスをホスティングするシステムをイノベーションすることを意味します。

Micro Focusは、キーとなる3つの柱にわたる包括的なソリューションを通じて、最小のコストでこのイノベーションを支援します。

モダナイゼーションの3つの柱

アプリケーション:

低リスクのイノベーションで、アプリケーションの価値を拡大します。モダナイズされたセキュアなWebおよびモバイルのユーザーエクスペリエンスから、自動化、API、Webサービス、および複合アプリケーションデリバリーをサポートするマネージドコードモデルまで対応します。

プロセス:

今日必要とされる変化のペースに合わせて、エンタープライズアプリケーションのデリバリーのスピードを上げます。DevOps対応の迅速なアプリケーション理解、アジャイル開発、継続的なテスト、迅速なデリバリー、およびユーザーアクセス制御を実現します。

インフラストラクチャ:

ホスト、サーバー、クラウド、およびモバイルに横断的にアプリケーションをデプロイすることで、柔軟性、セキュリティ、およびコスト効率を実現します。アクセスのセキュリティ、ガバナンス、およびデータ保護管理を確保しながら、重要なITシステムをインフラストラクチャの変更から保護します。

Micro FocusのエンタープライズApplication Modernization and Connectivityは、前例のない速度での市場への投入、競争上の優位性、および運用効率を実現します。

Micro Focusソリューションにより、以下のことが可能になります。

  • 新しいプラクティスとツールにより、アジャイルおよびDevOps向けにアプリケーションデリバリープロセスをモダナイズ
  • アプリケーションの構築およびデプロイの位置付けと方法を再定義
  • メインフレームのアプリケーションとデータへのアクセスを可能にし、モダナイズ
  • ビジネスプロセスとシステムを統合する次世代サービスを構築
Gartner Report:
Use Continuous Modernization to Build Digital Platforms From Legacy Applications
記事を表示 ›
お客様の声
アジャイル開発のプラクティスやDevOpsを活用して、新しいメインフレームアプリケーションおよびサービスの市場投入期間を短縮したい

アジャイル開発のプラクティスやDevOpsを活用して、新しいメインフレームアプリケーションおよびサービスの市場投入期間を短縮したい

コストとリスクを管理しながら、メインフレームアプリケーションの開発とテストを改善する新たな手法をご覧ください

ハイブリッドITインフラストラクチャ全体で、用途に合わせたアプリケーションデプロイメントとビジネスの柔軟性をサポートしたい

ハイブリッドITインフラストラクチャ全体で、用途に合わせたアプリケーションデプロイメントとビジネスの柔軟性をサポートしたい

コストを管理し、最大限にリソースを最適化する方法をご覧ください

分散COBOLアプリケーションのデリバリーサイクルを短縮し、コストを削減したい

分散COBOLアプリケーションのデリバリーサイクルを短縮し、コストを削減したい

新しいアプリケーション機能をより迅速に提供し、新しいワークロードを Linux、Docker、クラウドにデプロイする方法をご覧ください

分散したCOBOLデータファイルに対してリアルタイムでリレーショナルアクセスを可能にしたい

分散したCOBOLデータファイルに対してリアルタイムでリレーショナルアクセスを可能にしたい

ExcelやCrystal Reportsなどの既製のツールでCOBOLデータのレポートと分析を行う方法をご覧ください

コアアプリケーションへのアクセスのセキュリティとデータ保護を強化したい

コアアプリケーションへのアクセスのセキュリティとデータ保護を強化したい

アプリケーションとデータへの端末アクセスの制御を把握する ため、多要素認証、データの暗号化、およびマスキングを実装する方法をご覧ください

メインフレームおよびUnixシステムをクラウドアプリケーションと統合したい

メインフレームおよびUnixシステムをクラウドアプリケーションと統合したい

レコードシステムのWebサービス対応、新しいエンタープライズクラウドアプリケーションの強化、および新しいデジタルワークフロー、プロセスの自動化、およびビジネスモデルを実現する方法をご覧ください