Host Access Management and Security Server

  • Host Access Management and Security Server(MSS)技術仕様

    コンプライアンス

    • United States Government Configuration Baseline (USGCB)セキュリティポリシー要件に準拠

    認証

    • Microsoft Active Directoryシングルサインオン
    • NTLM 2のサポート
    • 公開鍵基盤(PKI)サポート
    • 証明書失効リスト(CRL)サポート
    • Online Certificate Status Protocol(OCSP)サポート
    • 証明書ポリシーサポート
    • X.509認証サポート(CAC、PIV、その他のスマートカード向け)
    • Kerberos 5 with Microsoft Active Directory
    • ディレクトリサポート(Active Directory、NetIQ eDirectory、OpenLDAP、その他のRFC準拠ディレクトリサーバーなど)
    • Micro Focus Advanced Authenticationのサポート

    認証(アクセスコントロール)

    • 権限のあるユーザーに端末、プリンター、ファイル転送のセッションアクセスを制限するLDAP統合
    • 各IDまたはLDAPグループメンバーシップに基づくセッションアクセスのアクセスコントロール
    • セキュアトークン認証技術を用いて実施されるLDAPベースのアクセスコントロール
    • 動的なLDAPグループのサポート
    • ファイアウォールの単一のポートを介する、複数のホストに対するセキュア端末とファイル転送の接続

    監査

    • MSS Management Serverログ
    • MSS Security Proxy Serverログ
    • MSS Metering Serverログ
    • LDAP識別名によるログデータ使用追跡

    暗号化

    • FIPS 140-2検証済暗号モジュール(証明書#2468)
    • TLSとHTTPS
    • 256-bit AES、128-bit AES、Triple DES
    • RSA
    • DSS/Diffie-Hellman

    MSSアドオンコンポーネントのサポート

    • Security Proxyアドオン: エンドツーエンドの暗号化を提供し、特許取得済セキュリティ技術を利用して境界でアクセス制御を強化します。
    • Advanced Authenticationアドオン: 重要なホストシステムへのアクセス許可に多要素認証を有効にします。
    • Automated Sign-On for Mainframeアドオン: ユーザーのIDとアクセス管理システムによりIBM 3270アプリケーションへの自動サインオンを可能にします。
    • PKI Automated Sign-Onアドオン: 重要な企業システムのためのPKIが有効な自動アプリケーションサインオン。
    • Terminal ID Managementアドオン: ユーザー名、DNS名、IPアドレス、アドレスプールなどに応じて動的に端末IDを割り当てます。

    インストールサポート

    • WindowsおよびLinux向けの自動インストーラー(すべての必須コンポーネントを搭載)
    • Linux on Z用自動インストーラー(ご利用中のJavaランタイムで実行)
    • WindowsとLinuxの64ビットインストーラにネイティブ対応

    サポートされるサーバープラットフォーム

    • SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 11.x
    • Red Hat Enterprise Linux 7
    • Windows 2008 Server R2 SP1
    • Linux on Z Systems
      • SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 11
      • Red Hat Enterprise Linux 7

    システム要件

    • Micro Focusクライアントソフトウェアを実行しているワークステーション(上記のサポートされているMicoro Focusクライアント参照)
      • Java 8以降をサポートするWebブラウザー
      • Java Runtime Environment 8以降
    • MSS管理コンソール
      • Java 8以降をサポートするWebブラウザー
      • Java Runtime Environment 8以降
    • MSS Administrative Server、Metering Server、Terminal ID Management Add-On
      • Java Servlet 2.3互換のサーブレットエンジンおよびJava Server Pages (JSP) 1.2
    • MSS Security Proxyアドオン
      • Java Runtime Environment 8以降
    • MSS Advanced Authenticationアドオン
      • Micro Focus Advanced Authentication Appliance 5.2以降
    • MSS Automated Sign-On for Mainframeアドオン
      • z/OS上で実行されるIBM Digital Certificate Access Service (DCAS)
      • OS/390 V2R10以上
      • DCAS向けに構成されたRACF

    サポートされるMicro Focusクライアント

  • MSS Advanced Authenticationアドオンの技術仕様

    サポートされるMicro Focusクライアント

    • Extra! X-treme
    • InfoConnect
    • InfoConnect Desktop Pro
    • Reflection Desktop
    • Reflection Desktop for X
    • Reflection 14.1
    • Reflection X 14.1
    • Rumba+ Desktop 9.4.1

    コンプライアンス

    • 米国政府共通設定基準(USGCB)セキュリティポリシー要件に準拠

    認証

    • Microsoft Active Directoryシングルサインオン
    • NTLM 2のサポート
    • 公開鍵基盤(PKI)サポート
    • 証明書失効リスト(CRL)サポート
    • Online Certificate Status Protocol(OCSP)サポート
    • 証明書ポリシーサポート
    • X.509認証サポート(CAC、PIV、その他のスマートカード向け)
    • Kerberos 5 with Microsoft Active Directory
    • ディレクトリサポート(Active Directory、NetIQ eDirectory、OpenLDAP、その他のRFC準拠ディレクトリサーバーなど)

    認証(アクセスコントロール)

    • 権限のあるユーザーに端末、プリンター、ファイル転送のセッションアクセスを制限するLDAP統合
    • 各IDまたはLDAPグループメンバーシップに基づくセッションアクセスのアクセスコントロール
    • セキュアトークン認証技術を用いて実施されるLDAPベースのアクセスコントロール
    • 動的なLDAPグループのサポート
    • ファイアウォールの1つのポートから行う複数のホストに対するセキュア端末とファイル転送の接続

    監査

    • MSS Management Serverログ
    • MSS Security Proxy Serverログ
    • MSS Metering Serverログ
    • LDAP識別名によるログデータ使用追跡

    暗号化

    • FIPS 140-2検証済暗号モジュール(証明書#2468)
    • SSL/TLSおよびHTTPS
    • 256-bit AES、128-bit AES、Triple DES
    • RSA
    • DSS/Diffie-Hellman

    MSSアドオンコンポーネントのサポート

    • Security Proxyアドオン: エンドツーエンドの暗号化を提供し、特許取得済セキュリティ技術を利用して境界でアクセス制御を強化します。
    • NEW Advanced Authenticationアドオン: 重要なホストシステムへのアクセス許可に多要素認証を有効にします。
    • Automated Sign-On for Mainframeアドオン: ユーザーのIDとアクセス管理システムによりIBM 3270アプリケーションへの自動サインオンを有効にします。
    • PKI Automated Sign-Onアドオン: 重要な企業システムのためのPKIが有効な自動アプリケーションサインオン。
    • Terminal ID Managementアドオン: ユーザー名、DNS名、IPアドレス、アドレスプールなどに応じて動的に端末IDを割り当てます。

    インストールサポート

    • Windows、Linux、zLinux、Solaris向けの自動インストーラ(Tomcatサーブレットエンジン、Oracle Java Runtime Environmentなどの必要なコンポーネントをすべて装備)
    • WindowsとLinuxの64ビットインストーラにネイティブ対応
    • サーブレットランナおよびアプリケーションサーバ対応のWARファイルインストーラ

    システム要件

    • Micro Focusクライアントソフトウェアを実行しているワークステーション(上記のサポートされているMicoro Focusクライアント参照)
      • Java 8以降をサポートするWebブラウザ
      • Java Runtime Environment 8以降
    • MSS管理Webステーション
      • Java 8以降をサポートするWebブラウザ
      • Java Runtime Environment 8以降
    • MSS Administrative Server、Metering Server、Terminal ID Management Add-On
      • Java Servlet 2.3互換のサーブレットエンジンおよびJava Server Pages (JSP) 1.2
    • MSS Security Proxyアドオン
      • Java Runtime Environment 8以降
    • MSS Advanced Authenticationアドオン
      • Micro Focus Advanced Authentication Appliance 5.2以降
  • MSS Security Proxyアドオンの技術仕様

    サポートされるMicro Focusクライアント

    • Extra! X-treme
    • InfoConnect
    • InfoConnect Desktop Pro
    • Reflection Desktop
    • Reflection Desktop for X
    • Reflection 14.1
    • Reflection X 14.1

    コンプライアンス

    • 米国政府共通設定基準(USGCB)セキュリティポリシー要件に準拠

    認証(アクセスコントロール)

    • 権限のあるユーザーに端末、プリンター、ファイル転送のセッションアクセスを制限するLDAP統合
    • 各IDまたはLDAPグループメンバーシップに基づくセッションアクセスのアクセスコントロール
    • セキュアトークン認証技術を用いて実施されるLDAPベースのアクセスコントロール
    • 動的なLDAPグループのサポート
    • ファイアウォールの単一のポートを介する、複数のホストに対するセキュア端末とファイル転送の接続

    監査

    • MSS Management Serverログ
    • MSS Security Proxy Serverログ
    • MSS Metering Serverログ
    • LDAP識別名によるログデータ使用追跡

    暗号化

    • FIPS 140-2検証済暗号モジュール(証明書#2468)
    • SSL/TLSおよびHTTPS
    • 256-bit AES、128-bit AES、Triple DES
    • RSA
    • DSS/Diffie-Hellman

    インストールサポート

    • Windows、Linux、zLinux、Solaris向けの自動インストーラ(Tomcatサーブレットエンジン、Oracle Java Runtime Environmentなどの必要なコンポーネントをすべて装備)。
    • WindowsとLinuxの64ビットインストーラにネイティブ対応。
    • サーブレットランナおよびアプリケーションサーバ対応のWARファイルインストーラ。

    システム要件

    • Micro Focusクライアントソフトウェアを実行しているワークステーション(上記のサポートされているMicoro Focusクライアント参照)
      • Java 8以降をサポートするWebブラウザ
      • Java Runtime Environment 8以降
    • MSS管理Webステーション
      • Java 8以降をサポートするWebブラウザ
      • Java Runtime Environment 8以降
    • MSS Administrative Server, Terminal ID Management Server、Metering Server
      • Java Servlet 2.3互換のサーブレットエンジンおよびJava Server Pages (JSP) 1.2
    • MSS Security Proxy
      • Java Runtime Environment 8以降2
  • MSS Terminal ID Managementアドオンの技術仕様

    サポートされるMicro Focusクライアント

    • Extra! X-treme
    • InfoConnect
    • InfoConnect Desktop Pro
    • Reflection Desktop
    • Reflection Desktop for X
    • Reflection 14.1
    • Reflection X 14.1

    コンプライアンス

    • 米国政府共通設定基準(USGCB)セキュリティポリシー要件に準拠

    認証(アクセスコントロール)

    • 権限のあるユーザーに端末、プリンター、ファイル転送のセッションアクセスを制限するLDAP統合
    • 各IDまたはLDAPグループメンバーシップに基づくセッションアクセスのアクセスコントロール
    • セキュアトークン認証技術を用いて実施されるLDAPベースのアクセスコントロール
    • 動的なLDAPグループのサポート
    • ファイアウォールの単一のポートを介した、セキュア端末とファイル転送から複数のホストへの接続

    監査

    • MSS Management Serverログ
    • MSS Security Proxy Serverログ
    • MSS Metering Serverログ
    • LDAP識別名によるログデータ使用追跡

    暗号化

    • FIPS 140-2検証済暗号モジュール(証明書#2468)
    • SSL/TLSおよびHTTPS
    • 256-bit AES、128-bit AES、Triple DES
    • RSA
    • DSS/Diffie-Hellman

    インストールサポート

    • Windows、Linux、zLinux、Solaris向けの自動インストーラ(Tomcatサーブレットエンジン、Oracle Java Runtime Environmentなどの必要なコンポーネントをすべて装備)
    • WindowsとLinuxの64ビットインストーラにネイティブ対応
    • サーブレットランナおよびアプリケーションサーバ対応のWARファイルインストーラ

    システム要件

    • Micro Focusクライアントソフトウェアを実行しているワークステーション(上記のサポートされているMicoro Focusクライアント参照)
      • Java 8以降をサポートするWebブラウザ
      • Java Runtime Environment 8以降
    • MSS管理Webステーション
      • Java 8以降をサポートするWebブラウザ
      • Java Runtime Environment 8以降
    • MSS Administrative Server, Terminal ID Management Server、Metering Server
      • Java Servlet 2.3互換のサーブレットエンジンおよびJava Server Pages (JSP) 1.2
    • MSS Security Proxy
      • Java Runtime Environment 8以降2
release-rel-2019-9-1-2561 | Tue Sep 3 14:32:10 PDT 2019
2561
release/rel-2019-9-1-2561
Tue Sep 3 14:32:10 PDT 2019