Your browser is not supported

For the best experience, use Google Chrome or Mozilla Firefox.

Reflection for Secure IT

SSH暗号化を活用してファイル転送と端末へのアクセスのセキュリティを確保するクライアント/サーバー製品ファミリーです。

Reflection for Secure IT

グラフィカルとコマンドライン形式の両方でセキュアなファイル転送と端末へのアクセスを提供します。当社のSecure Shell (SSH)製品を使用すれば、悪意を持った特権ユーザーや高度で持続的な脅威に対するUNIX/LinuxおよびWindowsシステムの防御を強化できます。

暗号化されたSSHトンネル

転送中のファイルの保護を自動化。

悪質なユーザーや脅威から転送中のファイルを保護します。当社のSecure Shell製品により、C2BおよびB2B転送が自動化され保護されます。

セキュアなファイル転送を実現します。

セキュアなファイル転送を実現します。

暗号化されたSSHトンネルにより通信の安全が強化されます。

暗号化されたSSHトンネルにより通信の安全が強化されます。

暗号化されたSSHトンネル

PKAサポートの有効化

パスワードではなく公開鍵認証を使用。

証明書検証サービスを活用して、SSHクライアントユーザー向けにX.509認定による認証を追加します。

アクセス認証を強化します。

クロスプラットフォーム

異機種環境に対応。

Reflection for Secure IT Client/Serverは、WindowsおよびUNIX/Linuxオペレーティングシステムに対応しています。

重要なネットワーク通信を保護します。

その他の特長

ファイル転送の自動化

伝送処理の前後を合わせてあらゆることを自動化できます。

使用するファイルの公開

高度で継続的な脅威を阻止します。サードパーティによる検査のためにファイルを公開します。

セキュアなリモートシステム管理

セキュアなチャネルを介して、スケジュールされた日常的なシステム管理タスクを自動化します。

資格情報のキャッシュなしで接続

Active Directory gMSAアカウントを使用して、資格情報のキャッシュを使用せずにリモート共有に接続します。

リソース

注目のリソース

製品エディション
RSIT UNIX Server
無料評価版のリクエスト
製品エディション
RSIT Windows Server
無料評価版のリクエスト
製品エディション
RSIT Windows Client
無料評価版のリクエスト
製品エディション
RSIT UNIX Client
無料評価版のリクエスト
データシート
Reflection for Secure IT Client for Windows
データシートを読む
Webセミナー
Reflection for Secure ITの最新情報:次のステップは?
Webセミナーを見る
システム要件
Reflection for Secure IT Gatewayのシステム要件
システム要件を入手
システム要件
Reflection for Secure IT Server for Windowsのシステム要件
システム要件を入手
システム要件
Reflection for Secure IT Client for UNIXのシステム要件
システム要件を見る
システム要件
Reflection for Secure IT Client for Windowsのシステム要件
システム要件を入手
システム要件
Reflection for Secure IT Server for UNIXのシステム要件
システム要件を入手

関連製品

Reflection for UNIX、iOS Edition

IT管理者がいつでもどこからでもSSH経由でUNIX/Linuxサーバーに安全にアクセスできるiOSデバイス向けのモバイルアプリです。

Reflection for Secure IT Client for Windows

グラフィカルとコマンドライン形式の両方でセキュアなファイル転送と端末へのアクセスを提供します。 

Reflection for Secure IT Client for UNIX

グラフィカルとコマンドライン形式の両方でセキュアなファイル転送と端末へのアクセスをSSHで提供します。

Reflection for Secure IT

今すぐ始めましょう。

release-rel-2023-1-2-hotfix-8487 | Mon Jan 30 16:25:17 PST 2023
8487
release/rel-2023-1-2-hotfix-8487
Mon Jan 30 16:25:17 PST 2023
AWS