Reflection for Secure IT

SSHでグラフィカルとコマンドラインの方式によるセキュアなファイル転送と端末へのアクセスを提供します。

Reflection for Secure IT
メインフレームシステムのための悪意を持った特権ユーザーおよび高度で持続的な脅威からの保護の改善。
ファイルの転送を安全に
ファイルの転送を安全に

コミュニケーションをすべて暗号化SSHトンネルを介して送信。 詳細については、こちらをご覧ください。

一次元された可視性と制御を得る
一次元された可視性と制御を得る

ファイル転送オペレーション全体の集約化された可視性とウェブベースのコントロール。 詳細については、こちらをご覧ください。

セキュアなファイル転送を自動化
セキュアなファイル転送を自動化

伝送処理の前後も合わせてファイルの伝送を自動化。 詳細については、こちらをご覧ください。

認証を強化
認証を強化

SFTPサーバーへのアクセスに、パスワードよりも、公開鍵認証(PKI)証明書が必要。 詳細については、こちらをご覧ください。

検査と処理のためのファイル公開
検査と処理のためのファイル公開

サードパーティの調査にファイルを公開して高度で絶え間ない脅威を阻止。 詳細については、こちらをご覧ください。

さらに探求する。 もっと深く知る。

  • ファイルの転送を安全に

    ファイルの転送を安全に

    ファイルの転送を安全に

    ファイルの転送を安全に

    伝送中のファイルは、悪意を持った特権ユーザーおよび高度で絶え間ない脅威からの保護が必要です。 C2BとB2Bの伝送の安全を保護することに加え、大量のファイル伝送オペレーションを自動化してコントロールする方法が必要です。 Micro FocusのSSHファミリー、Reflection for Secure ITはそれをすべて行ないます。

    ファイルの転送を安全に
  • 一次元された可視性と制御を得る

    一次元された可視性と制御を得る

    一次元された可視性と制御を得る

    一次元された可視性と制御を得る

    グラフィカルおよびコマンドライン形式でファイル転送操作全体を一元的に可視化し、ウェブベースで制御します。

    一次元された可視性と制御を得る
  • セキュアなファイル転送を自動化

    セキュアなファイル転送を自動化

    セキュアなファイル転送を自動化

    セキュアなファイル転送を自動化

    転送とルーチン作業を合理化します。 API、バッチスクリプト、および柔軟に構成可能なコマンドラインユーティリティーを使って業務を効率的に処理しましょう。 プッシュ機能を使用すると、複数のサーバー間で更新を同期するといったことが可能になります。

    セキュアなファイル転送を自動化
  • 認証を強化

    認証を強化

    認証を強化

    認証を強化

    ユーザーまたはシステムのIDを確認。 プライベートファイルまたはシステムへの未許可のアクセスを阻止します。 ケルベロス認証、PKI、パスワード、公開キー、スマートカード、およびRSA SecurIDのサポートが組み込まれています。

    認証を強化
  • 検査と処理のためのファイル公開

    検査と処理のためのファイル公開

    検査と処理のためのファイル公開

    検査と処理のためのファイル公開

    Reflection for Secure IT Gatewayを使用することで、ITクリティカルな可視性を提供しながら、SFTPを継続的に使用してスパイ行為の目からファイル転送を保護。 特権ユーザーに関連する悪意のあるアクティビティを評価。 転送後の処理を管理。

    検査と処理のためのファイル公開

関連製品

release-rel-2021-1-3-hotfix-5713 | Thu Jan 21 09:20:43 PST 2021
5713
release/rel-2021-1-3-hotfix-5713
Thu Jan 21 09:20:43 PST 2021