Your browser is not supported

For the best experience, use Google Chrome or Mozilla Firefox.

Reflection for Secure IT

グラフィカルとコマンドライン形式によるセキュアなファイル転送と端末へのアクセスをSSHで提供します。

悪意を持った特権ユーザーや高度で持続的な脅威に対するメインフレームの防御を強化します。

セキュアなファイル転送

セキュアなファイル転送

すべてのコミュニケーションを暗号化SSHトンネル経由で送信します。

表示と制御を一元化

表示と制御を一元化

ファイル転送の操作全体を1ヶ所で確認してWebベースで制御できます。

セキュアなファイル転送を自動化

セキュアなファイル転送を自動化

転送前後の処理も含めてファイル転送を自動化します。

認証を強化

認証を強化

SFTPサーバーへのアクセスにパスワードではなく公開鍵認証(PKI)証明書を要求します。

調査と処理のためにファイルを公開

調査と処理のためにファイルを公開

サードパーティの検査のためにファイルを公開することによる高度で継続的な脅威を防止します。

さらに探求する。もっと深く知る。

  • セキュアなファイル転送

    セキュアなファイル転送

    セキュアなファイル転送

    セキュアなファイル転送

    悪意を持った特権ユーザーや高度で継続的な脅威から転送中のファイルを保護する必要があります。これには、C2BとB2Bの転送を保護することに加え、大量のファイル転送操作を自動化して制御するための方法が必要です。Micro FocusのSSHファミリーであるReflection for Secure ITがこれらをすべて実行します。

    セキュアなファイル転送
  • 表示と制御を一元化

    表示と制御を一元化

    表示と制御を一元化

    表示と制御を一元化

    グラフィカルおよびコマンドライン形式でファイル転送操作全体を一元的に可視化し、Webベースで制御します。

    表示と制御を一元化
  • セキュアなファイル転送を自動化

    セキュアなファイル転送を自動化

    セキュアなファイル転送を自動化

    セキュアなファイル転送を自動化

    転送とルーチン作業を合理化します。API、バッチスクリプト、および柔軟に構成可能なコマンドラインユーティリティにより業務を効率的に処理できます。プッシュ機能により複数のサーバー間で更新を同期することが可能になります。

    セキュアなファイル転送を自動化
  • 認証を強化

    認証を強化

    認証を強化

    認証を強化

    ユーザーやシステムのIDを確認します。プライベートファイルやシステムへの不正アクセスをブロックします。Kerberos、PKI、パスワード、公開鍵、スマートカード、RSA SecurIDのサポートが組み込まれています。

    認証を強化
  • 調査と処理のためにファイルを公開

    調査と処理のためにファイルを公開

    調査と処理のためにファイルを公開

    調査と処理のためにファイルを公開

    Reflection for Secure IT Gatewayを使用することで、ITクリティカルな可視性を提供しながら、SFTPを継続的に使用してスパイの目からファイル転送を保護します。特権ユーザーに関連する悪意のあるアクティビティを判別します。転送後の処理を管理します。

    調査と処理のためにファイルを公開

関連製品

release-rel-2022-09-02-hotfix-8033 | Thu Sep 29 14:23:06 PDT 2022
8033
release/rel-2022-09-02-hotfix-8033
Thu Sep 29 14:23:06 PDT 2022
AWS