Reflection for Secure IT Gateway

サーバーコンポーネント: サポートされるプラットフォーム:
  • Windows Server 2016、Intelまたは同等マシン(64ビット)で稼働
  • Windows Server 2012 R2、Intelまたは同等マシン(64ビット)で稼働
  • Windows Server 2012、Intelまたは同等マシン(64ビット)で稼働
  • Windows Server 2008 R2、Intelまたは同等マシン(64ビット)で稼働
  • VMWare vSphere Hypervisor(ESXi)、サポートされているプラットフォームで稼働
Gateway Administrator Web Application: サポートされているブラウザ(JavaScriptとCookieが有効になっている必要があります):
  • Microsoft Internet Explorer(バージョン11以降、Windowsのみ)
  • Mozilla Firefox(現行バージョン)
  • Google Chrome(現行バージョン)
  • Apple Safari(現行バージョン、Macのみ)
PKI Services Manager 1.3.2以降:
  • X.509証明書またはスマートカードによる認証に必要
  • Reflection Gatewayのダウンロードページから追加費用なしで入手可能
転送クライアント: サポート対象ブラウザ(JavaのインストールおよびJavaScriptとcookieが有効になっている必要があります):
  • Microsoft Internet Explorer(バージョン11以降、Windowsのみ)
  • Mozilla Firefox(現行バージョン)
他のSecure Shellクライアントからの接続:
  • 転送サイトにアクセスする際、Reflection Transfer Clientの使用は必須ではありません
  • Reflection for Secure IT Gatewayのユーザーは、Reflection for Secure IT Secure Shell Client、SFTP転送用に設定されたReflection FTP Client、またはその他のSFTP対応のSSHクライアントを使用することができます。
管理ツール:
  • ビジネスプロセスを自動化するためのジョブの作成
  • 委任/リモート管理
  • ファイル受信後のファイル処理を自動化するための転送後アクション
  • 500以上の接続をサポートするスケーラビリティ
  • アカウントの作成、パスワードのリセット、サイトアクセスの転送、ファイルのアップロードとダウンロードなどの自動電子メール通知サービス
  • 安全なリモート管理のためのゲートウェイ管理者コンソール
  • ロードバランシングとクラスタをサポートする高可用性
  • コンポーネントの柔軟な展開(同じ場所に配置されたサーバーまたは別のサーバー)
  • ネットワーク上でのIPv6とIPv4のサポート
  • ゲートウェイ管理者データのデータベースストレージ
セキュアなファイル転送:
  • SFTPバージョン4および5プロトコルサポート
  • SFTPの特長:
    • スマートコピー(同一のソースファイルとターゲットファイルの重複コピーを排除)
    • リモートサーバーがReflection for Secure ITサーバーである場合は、ダウンロードの中断後にファイル転送を再開
  • 仮想ディレクトリとchroot環境のサポート
  • DMZを介した保存と転送およびファイルストリーミングのサポート
  • SFTP対応のSSHサーバー付属 
標準サポート:
  • IETF SecshインターネットドラフトおよびRFC 4250-4254、4256、4462、4344、4345、4716に準拠
  • UTF-8文字コードのサポート
  • 暗号ライブラリの検証
    • FIPS 140-2レベル1(証明書#1747および#2768-検証中)
アイデンティティ管理:
  • Microsoft Windows Active Directoryとの統合
  • ローカルユーザー用の内蔵ユーザーストレージ
  • リアルタイムの同期
  • フィルタリング
  • LDAPグループ
監査:
  • 構成可能なWindowsイベントログレベル(Reflection Secure Shellプロキシのみ)
  • ローカルおよび/またはUTCタイムスタンプを使用したデバッグロギング
  • すべてのファイル転送用の専用監査ログ
転送クライアント:
  • ユーザーインターフェイスをカスタマイズ
  • パスワードまたはX.509証明書認証
  • ウェブベースのドラッグアンドドロップによるファイル転送
    • SFTPバージョン4および5
    • FIPSモードで事前設定済み
    • 事前設定された暗号(AES128-CTR)
  • ローカルおよびサーバービュー
  • ディレクトリツリー全体を転送
  • Smartコピー 
  • リモートサーバーがReflection for Secure ITサーバーである場合はCheckpointが再起動
  • UTF-8エンコーディングがあらゆるロケールのファイル名をサポート
  • 英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語の言語サポート
release-rel-2020-2-2-3803 | Wed Feb 19 23:19:52 PST 2020
3803
release/rel-2020-2-2-3803
Wed Feb 19 23:19:52 PST 2020